「あれ」なるメニューを探して浅草

夕方のニュース番組の特集は散歩情報の宝庫なので、できるだけチェックするようにしている。先日、「浅草に”あれ”というメニューを出すお店がある」というのをやってた。興味深く見ていると、あれ、このお店、行ったことあるぞ。「純レバ丼」が有名なお店だ。

ちなみにその番組を見たのは5月の下旬。それから数ヶ月後、たまたま浅草にいた時にふと「あれ」の話を思い出した。行ってみよう。

6月の下旬、暑い日だった。

浅草雷門前、きょうも多くの観光客で賑わっている

確かお店は、すしや通りにあったはず。実は店の名前もよく覚えていないんだけど、確かここだったような。「あづま」とある。けれども、シャッターが閉まっているところを見るとお休みのよう。

シャッターが降りている

「あずま」東京都台東区浅草1-13-4

スマホでお店情報を確認すると、水木が休みだそうで、この日は木曜日。残念。ということで、ぶらぶら歩いてお店を探す。

「偕来(かいらい)」というお店でたんめんをいただく

先ほどのすしや通りから近いところにいかした外観のお店に遭遇。あー、ここ前から気になってたんだよね。

独特な外観がそそられる

「偕来」東京都台東区浅草1-12-6

ずっと「スタミナ」って名前のラーメン店かと思ってたんだけど、ネットで調べると、「偕来(かいらい)」というお店らしい。昔ながらの町中華だと思う。しかし、この絵はなぜペンギンがラーメンを食べているのか、よくわからない。

謎のペンギンに「最も安い、ぎょうざ、たんめん」とある。

「偕来」さんの看板

店の中をのぞいてみると、お客さんが1人だけ。でもここはひとつ、勇気を出して入ってみよう。そして、たんめんを注文。

普通においしいたんめん

「たんめん」600円 野菜たっぷりで美味!

野菜たっぷりのたんめん。おいしいねぇ。

帰宅して、ネットで検索。お店の詳しい情報はこちらにあるんだけど、このページは浅草ふれあい通り会というところが作っているらしい。すしや通りから国際通りまでの通りをそう呼ぶのだそうで、こういう形の商店街もあるのか。ここもまたじっくり攻めたいところだ。

「日進」さんでタンメンをいただく

さて、再び浅草。きょうは日曜日、「あづま」にリベンジだ!

って、またシャッターが閉まっているぞ。再度お店情報を確認すると、日曜祝日は17時から、平日が16時半からの営業なのか。なんとなくお昼からの営業と思い込んでいた自分。気を取り直して、ひさご通り方面へ歩く。

古い町中華だ

「日進」東京都台東区浅草2-15-3

なかなかいい店構えの店を発見。こんなお店もあったのか。席もけっこう埋まっており、競馬新聞を広げてビールを飲んでいたりする男性客が多い。ここは場外馬券売り場からも近いしね。ならばここはビールでしょう!と、ビールとタンメン(こちらではカタカナ表記)を注文。ビールはすぐ来たけど、タンメンはなかなかこない。瓶ビールを空けたころにタンメン到着。

どこか懐かしいかんじの味だった

日進さんのタンメン 600円

どことなく懐かしい雰囲気。いまどきのガツンとくるラーメンとはかけはなれている、麺も野菜もやわやわなタンメン。これでいい、これがいい、そう思いながら麺をすすった。

そして、ついに「あづま」さんへ

ということで、またまた1ヶ月後。なかなか機会がなかったけど、ついに「あづま」さんが開いている時間にうかがうことができた。

定休日は水曜日と木曜日

日曜祭日は17時、平日は16時半に開店の「あづま」さん

一度だけ訪れた時の記憶が蘇る。そうそう、カウンターだけのお店で、おしぼりやお水はセルフサービスだった。おお、壁に貼ってあるメニューに「あれ」があるぞ。

手書きのメニューはどれも味がある

「あづま」さんの壁にはられた「あれ」


まずははやる気持ちをおさえて「純レバー炒め」とビールだ。あ、ちなみにここはビールもセルフサービス。栓はお店の人が抜いてくれる。

甘辛く煮こまれてておいしい!

「純レバー炒め」1000円

これこれ、これが純レバー炒めだよ。たぶんレバーが苦手っていう人も食べられると思う。レバー特有の臭みが全然ない。甘じょっぱい味付けでご飯にもビールにも合う。

道順の動画はこちら。

いよいよ、念願の「あれ」をいただく

そして、満を持して「あれ」を注文。

注文はお店の方にさりげなく「あれ、ください」でOKだ。そして、しばらくして出てきた、これが例の「あれ」。

これはおいしい

「あれ」1300円

テレビでも見ていたし、ネットで調べて「あれ」が何なのかの答えはわかっていたけれど、やっぱり実際に見て食べるとうれしいね。店主がテレビで言っていたのは、「あれ」の由来はメニュー名を書くのが面倒だったからだそう。確かに「鶏の唐揚げ甘酢あんかけ」はちょっと長いよね。

最後に、もうひとつ変な名前の料理を注文。それが「DXラーメン」。
なかなかおいしい

DXラーメン 800円

店主に「普通のラーメンとDXラーメンはどう違うのか?」と聞くと、「ひと味ちがうんだよ」と言われた。まあ、食べてみろということだ。細かく刻まれたチャーシューの乗ったラーメンで、かなりおいしかった。

【関連サイト】
あづま - 田原町/中華料理 [食べログ]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。