レンダは短くて中庸で意味が無い言葉

ガイド:
ヒコさん、ハコさん、はじめまして。今日は、お二人の無国籍ゴスユニット、レンダについていろいろお伺いします。レンダという名前はどこから? 英語表記は「lender」とありますので、それだと「高利貸し」になってしまいますが…(笑)。

ヒコ:
hiko

ヒコ

宜しくお願い致します。レンダという名前の由来ですが、え~と、名前には特に深い意味は持たせておりません。名前に意味を持たせてしまうと、その名前が指針と同時に縛りになってしまうので、今後ゴリゴリのヘヴィーメタルやゆるふわガールズポップをやりたくなっても、改名せずどちらにも対応出来る様な、短くて中庸で意味が無い言葉、という程度でして… 例えばエログロをモチーフにした様なユニット名だと必然的に歌詞を書く際も殺伐とした血生臭い方向に誘導されそうですし、間違ってもキュートなポップソングなんて書けない。そういった制約を避けたいなぁ、と。…英語表記にも無頓着だったのですが、今考えるともうちょっと頓着した方が良かったですね。

 

ハコ:
hako

ハコ

宜しくお願いします。結成当初は名前の由来を聞かれた時に、練習大好きの略です、とか、蓮に蛇でレンダですとか嘘ばっかり言っていました。

 

やる気のあまりなさそうな募集

ガイド:
今年、お二人のデビュー作となる『幼き頃の夢の影、瞼に未だ消えず』が発表されましたが、結成は2005年ですから、かなり経ちますよね。お二人はどのような経緯でいっしょにユニットで活動することになったのでしょうか?

ヒコ:
hakohiko

ハコ(左)、ヒコ(右)

もともと僕がYAPOOSのカヴァーをやりたくて、仮歌を歌ってくれる人をネットのメンバー募集サイトで探した事が始まりです。募集要項と熱意を文章に乗せ、やる気を星で表すサイトだったのですが、仕事も忙しかったので、やる気の星を2個にしたのが良かったみたいです。

 

ハコ:
もともと自分でも歌を作っていたのですけど、一人でライヴハウスに持ち込む度胸も行動力もありませんでした。自分の創作活動のモチベーションを上げる為によそで歌うのも良いかと考えていた時に、たまたまネットで、他の募集が「完全プロ志向!やる気星5個!」みたいな熱量の高い中、音楽の趣味が合いながらも明らかにやる気のあまりなさそうな募集を見つけ、これくらいが丁度いいなと考え応募してみました。それがヒコでした。

ヒコ:
仕事帰りにたまたま時間が合うタイミングが有りまして。初めて会った時、簡単な今後の指針をお話して帰ろうとしたら、歌を聴かなくていいんですか?と言われまして、なんかグイグイくる人だな、怖いな、と思いました。

ハコ:
5分で帰ろうとするから… しかもカラオケで歌ったら、もっとちゃんとした所でちゃんとした人と活動した方が良いですよ、とアドバイスを受けたのを覚えています。

ヒコ:
ハコ様の「しかし音楽の趣味が合う人が居ない」という返事が決定打となり、僕がちゃんとせざるを得なくなり、結局組む事になり、今に至ります。

 


ハルメンズのベースの方がクラス担任!

ガイド:
今まで、かなりのライヴもこなされており、P-MODELのカヴァーとかもされていますね。所属レーベルであるClub Lunaticaの谷口マルタ正明さんも、元々プノンペンモデルとしてP-MODELのコピーバンド大会に出ていましたね。P-MODEL自体はゴス系というわけではないですが、ゴス系アーティストでP-MODELが好きな人って結構いると感じます。お二人はいままでどのような音楽に触発されてきたのでしょうか?

ハコ:
兄が二人いるのですが、考えてみると兄達の影響が強い気がします。特に下の兄がよく聴いていたTM NETWORKや、渡辺美里や、クレヨン社等を私もよく聴いていました。また、小さい頃から地元の少年少女合唱団に入ったり、学校の聖歌隊で歌ったりしていたことが歌う事の原点かと思います。高校生の頃からニューウェイヴを聞き出しました。

ヒコ:
戸川純さんとYAPOOSを全ての原点に、関連をひたすら辿って枝葉が伸ばしていく様な聴き方でした。当然echo-U-niteさんもプノンペンモデルも結成当時から聴いていたのでマルタさんに初めてお会いした時は非常に緊張しました。まぁ、今も緊張するんですけど。あとハルメンズのベースの方が中学校のクラス担任だったんです。これに気付いた時ばかりは、もう一度義務教育をやりなおしたいと心の底から思いました。

ガイド:
えっー、凄い中学担任! 貴重な経験ですね。

実は夫婦

ガイド:
YouTubeで見つけたのですが、2009年に「レンダ結婚披露ライヴ」を“あるとべんり”で行われていますね。ということは、お二人はご夫婦? ライヴで結婚披露とは素敵ですね。結婚式は別にされたのでしょうか?

ハコ:
はい、夫婦です。さすがに結婚式は別でやりました(笑)。

お互い放任主義

ガイド:
お二人ともゴシックなんですが、ビジュアル的コントラストがとても面白いです。ヒコさんは謎めいた白塗り、ハコさんは女王様然としたクラシカルエレガンスって感じで。お互いに、こうしたらいいとか、これはだめとか、意見したりするんでしょうか? できましたら、各々のファッション批評をしていただけないでしょうか?

ハコ:
hikohako

ヒコ(上)、ハコ(下)

いつの間にかヒコが白塗りする様になっていました。最初は驚きましたが本人も楽しそうですし、やりたい気持ちを無理に止めるのもどうかと思うので容認しています。私は着たい物を着ています。それに対してヒコから注文や忠告は無いですね。

 

ヒコ:
着たい物をお互い勝手に着ている感じなので批評は難しいですね… 2人で合わせてどうこうというのはあまり無いです。お互い放任主義ですね。

ガイド:
家でもカジュアルにゴシックな着こなしとかするのですか?

ハコ:
はい、と言いたいところですが、残念ながら家では機能性を優先します。

ヒコ:
当然ですね、と言いたいところですが、家ではだいたいパジャマです。

 


ジャケのモデルはハコさん

ガイド:
では、アルバム『幼き頃の夢の影、瞼に未だ消えず』についてお伺いします。ジャケのイラストから、レンダの雰囲気が伝わります。セミヌード・モデルはもしかしてハコさん?

幼き頃の夢の影、瞼に未だ消えず (amazon.co.jp)
osanaki

幼き頃の夢の影、瞼に未だ消えず


01. インスマス
02. dunklen stelle
03. らえるかんの兄妹
04. 撒かしょ
05. かくれんぼ
06. 星が巡るのを知った
07. 赤
08. 輪郭
09. 円環模様
10. 夜明けの街角
11. 青

「幼き頃の夢の影、瞼に未だ消えず」ダイジェスト (YouTube)

 

ハコ:
恐れ多い事に、私の印象を元に書いて下さったとの事です。

ヒコ:
ジャケットは手前味噌ですが、本当に素晴らしいと思います。アルバム作成の話が具体的に出る前から、CDを出す時はジャケットイラストをイラストレータの夜舟さんにお願いしようという事だけは決めておりました。

完全分業制

ガイド:
曲のクレジットを見ると、共作ではなく、それぞれ一人で作詞作曲となっていますね。ご夫婦でありつつも、曲を作る時は各自がコツコツとやっているのでしょうか?

ヒコ:
hiko

ヒコ

作詞も作曲も完全分業制です。2人で共作すると片方がバランサーになってしまう部分があるように感じておりまして。お互い善意で濁し濁されてしまうのは避けたくてですね、なんというか、「好きだから作る」という作品は例え稚拙でも純度が高くないと勿体無いかなと。歌詞も口出し無用で、完成まで一方が抱え込みます。いちおう統一感を出す為のリミックスは僕がやるのですが、ここだけは共同作業の名の下に何度も何度もリテイクを喰らっております。

 

ガイド:
夫婦なのに、いえ、夫婦だからこそ、お互いに必要以上に干渉しないというのはユニットをやっていく上での重要な秘訣かもしれませんね。

ラブクラフトはサブカル必携図書

ガイド:
オープニングの「インスマス」…インスマスって何だろうと調べてみると、H・P・ラブクラフトというアメリカのホラー系小説家の作品に出てくる架空のゴーストタウンとありました。僕の持つレンダのイメージにハマるので、きっとラブクラフト作品がお好きなんではないかと。

ヒコ:
ラブクラフト、夢野久作、江戸川乱歩は我々の世代のいわゆるサブカル必携図書でしたから(笑)。未だに自分の引き出しの中でも手に取りやすい部分に配置されている辺り、血肉になってるのだなぁと。

90年代のサブカルチャー

ガイド:
「drunklen stelle」はタイトル、そして歌詞の一部にドイツ語が出てきますね。Blohm & Vossはドイツの造船会社ですね。ドイツには、ゴシック系のエレクトロポップ(ダークウェイヴとかコールドウェイヴとか呼ばれることも)がいますが、ドイツには特別な想いがあるのでしょうか?

ヒコ:
dunklen stelleはですね、すみません、実はなんとなくですね、”さぁ!駆け出してミッドナイトハイウェイ”みたいな掛け声→日本語→外国語構成の、いわゆる80年代のステレオタイプな歌詞の構成で書いてみたかった曲でして。ドイツ語を選んだのは、思い入れというより単にケレン味があるからです。ゴスを標榜してはおりますが、ゴスやニューウェイヴを始めとしたジャンルやシーンへの正しい理解、純度の高い興味や関心から作り上げる作品いうよりも、多感な時期にドップリ浸かっていた90年代のサブカルチャー的な映画、お芝居、小説や漫画、音楽、それらを昇華というよりは、醸造されてドブロクみたいになった物をいま少しづつ吐き出している様な感覚です。

 


大好きな柳家喬太郎師匠

ガイド:
「撤かしょ」とは、「寒行雪姿見」長唄から。なかなか意外なモチーフで、ヒコさんの興味のテリトリーが面白いです。歌舞伎とかもお好きなんですか? 確かに歌舞伎は白塗りのルーツですね。

ヒコ:
実は落語の方なんです(笑)。「撒かしょ」は大好きな噺家さんの一人である柳家喬太郎師匠の出囃子でして。好きが高じてアレンジしてしまいました。

柳田國男などの民俗学や神話的な世界

ガイド:
ハコさんがかいた「かくれんぼ」を聴いていると、より「和」の部分、日本の神話的叙情性を感じます。和ゴスみたいな言葉もありますが、そもそもキリスト教的なルーツを持つゴシックが和と相性がいいというのは面白い現象ですね。

ハコ:
hako

ハコ

昔から柳田國男をはじめとした日本の民俗学や神話的な世界に惹かれます。いわゆるゴシックも宗教的、神話的な要素を含んでいますので、そういう部分での相性が良いのかもしれません。

 

実はわりと人懐っこいハコさん

ガイド:
「輪郭」「青」などのハコさんの詞を聞いていると、僕が勝手に作った女王様的イメージのハコさんから、ある意味、無防備とも言える“女の気持ち”的なものが伝わります。周りの人たちが持つイメージと自分自身の間にギャップを感じることはあるでしょうか?

ハコ:
確かに…幼少の頃より今に至るまで、仲良くなると「思っていたキャラクターと全然違う!」と驚かれます。実はわりと人懐っこい方です。

今後の予定

ガイド:
最後に今後の活動予定及び抱負について聞かせて頂ければ、幸いです。

ヒコ:
lenderlive

レンダ・ライヴ

渋谷LastWaltzさんにて定期的に演奏させていただいておりますが、ライヴハウス以外の場所での演奏も模索していきたいですね。

 

ハコ:
抱負は、新曲をコツコツ作りたいのと、東京はもちろんですが、東京以外でもライヴを行ないたいです。

ガイド:

全国で、ぜひライヴをやってください!

【関連リンク】
レンダ公式HP
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。