画像説明27

山崎五紀(左)と立野記代のJBエンジェルス

過去にWWEに登場した日本人レスラーたち

7月12日、大阪・舞洲アリーナのリング上でハルク・ホーガン立ち合いのもとにWWEと公開契約したKENTAは、同月16日に渡米。現在はフロリダ州オーランドのパフォーマンスセンターでNXTブランドでのデビューを目指して調整中です。WWEの公式サイトにはKENTAが英語で受け答えしているインタビューや、日本でKENTAと対戦したことがあるWWEスーパースターたちの証言がアップされており、好待遇でのデビューが予想されます。

KENTA以外にも、これまで多くの日本人選手がWWEでファイトしてきました。1960年代にはアメリカ修行中のジャイアント馬場が活躍し、64年2月17日には世界の檜舞台ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで時の世界チャンピオン、ブルーノ・サンマルチノに挑戦しています。74年にはWWEと新日本プロレスが提携し、76年1月に藤波辰爾(当時は辰巳)がマジソンでジュニア・ヘビー級王者に。アントニオ猪木は世界格闘技ヘビー級王者に認定されています。

WWE年間最大イベントの『レッスルマニア』には91年の第7回大会に天龍源一郎と元大相撲横綱の北尾光司が日本人レスラーとして初出場。東部地区のプロモーションから全米に侵攻して世界最大のプロレス組織に成長した後のWWEでチャンピオンになった日本人男子レスラーはTAKAみちのく(世界ライトヘビー級)、TAJIRI(ライトヘビー級、クルーザー級、世界タッグ、タッグ)、FUNAKI(クルーザー級)、KENSO(タッグ)の4人です。

さて、WWEに初めて上がった日本人女子プロレスラーは長与千種&ライオネス飛鳥のクラッシュ・ギャルズとダンプ松本&ブル中野です。4人は86年3月にWWEを1週間サーキットし、同月16日には揃ってマジソンのリングに上がりました。また、ブル中野は94年11月20日、東京ドームでアルンドラ・ブレイズに勝って世界女子王座を奪取。これは日本人で唯一人の快挙でした。

ブルは世界王者としてWWEをサーキットしましたが、日本人女子としてもっとも成功したのは立野記代&山崎五紀のJBエンジェルスでしょう。全日本女子プロレスが最初にWWEに送り込んだのは前述のようにクラッシュと極悪同盟でしたが、WWEサイドが望んでいたのはボーイッシュなクラッシュ、ヒールの極悪同盟ではなく、フレッシュなコンビでした。JBエンジェルスは当時のWWE海外進出部長のジェームス・E・トロイ氏のリクエストだったのです。

アイドル系として”女子プロ界の聖子ちゃん”と呼ばれていた立野とキビキビとしたファイトで人気を博した山崎は86年1月にクラッシュが返上したWWWA世界タッグ王座をブル中野&コンドル斉藤と争って奪取。当時の人気女子レスラーがみんなそうだったようにペアで歌手デビューすることになり、CBSソニーがJB(ジャンピング・ボム)エンジェルスと名付けました。

世界タッグ王座奪取&テレビCM!全米を席巻したJBエンジェルス

トロイ氏のオファーを受けて87年6月24日から8月2日までWWEで約40試合を行ったJBエンジェルスはスピード感溢れるファイトと日本流のハイレベルなテクニックを披露、さらに健康的な愛らしいルックスでたちまち人気者になりました。当時のアメリカの女子プロレスはお色気を振りまくアトラクション的な要素が強いものしたが、JBエンジェルスのアスリート的なファイトは女子プロの地位を向上させたのです。プロの興行は集客力がすべてだけに、結果を出せば男女の区別はなく、JBエンジェルスは女子プロ落として初めてメインイベントに出場するという快挙も成し遂げました。

8月に帰国しましたが、再びオファーを受けて10月にはWWEにUターン。11月24日のオハイオ州クリーブランドにおけるペイパービュー生中継の『サバイバー・シリーズ』というビッグマッチでは女子のベビーフェース軍vsヒール軍の5vs5勝ち残り戦に出場、JBエンジェルスの2人が勝ち残ってベビーフェース軍に勝利をもらしました。そして年明け88年1月24日、カナダ・オンタリオ州ハミルトンにおけるペイパービュー生中継『ロイヤル・ランブル』ではレイ・ラニカイ&ジュディ・マーチンのグラマー・ガールズを撃破して世界女子タッグ王者の頂点に立ちました。

いかに人気があったかはWWEの選手をキャラクターにしたアイスクリームのテレビCMにも出演していたことでもわかります。「私たちは日本から来たジャンピング・ボム・エンジェルス。アメリカも好きだけど、このアイスクリームも大好きなの!」と2人が日本語で喋り、英語の字幕が付いたCMが全米に流れていたのです。

しかしJBエンジェルスがWWEで活躍した期間は短いものでした。同年3月にWWE世界女子タッグ王者として全日本女子に凱旋し、6月8日に大宮でグラマー・ガールズに王座を奪回されて、そのまま3度目の遠征はなかったのです。実は6月からWWEに戻ることになっていて、JBエンジェルスの2人は荷物も、純和風の新しいコスチュームもアメリカに置いてきていましたが、全日本女子プロレスとWWEの間でトラブルが起こって立ち消えになってしまったのです。WWEは2人に全日本女子を辞めてWWEと契約することを提案しましたが、まだ22歳だった立野と山崎には踏ん切りがつかず、全日本女子に残りました。

山崎は91年12月に引退して現在はニューヨークに住んで夫婦で日本食レストランを経営、立野は2010年10月に引退して都内でバーを経営して、それぞれに第2の人生を過ごしています。

活躍した期間はトータルで9ヵ月足らずでしたが、全盛期のハルク・ホーガンを抱えた当時のWWEはテレビを通じて世界進出に乗り出していた時期だけに、JBエンジェルスはテレビの電波に乗って全米、カナダでは誰もが知っているメジャーな女性アスリートになりました。そのインパクトは強かったようで、今でも山崎は街を歩いていると声をかけられるようです。

「現地のジャーナリストに”我々が知っている日本のプロスポーツ選手はゴルファーの岡本綾子とプロレスラーのジャンピング・ボム・エンジェルスだけだよ”と言われましたけど、当時の私たちはそれがどれだけ凄いことかわからなかったですね」と述懐するのは立野です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。