この記事を書いている今日、関東では梅雨明けとなりました。夏の到来です。となると、気になるのが熱中症。特にキーポイントとなることを覚えておきましょう。

真夏の道路、体高が低くなるほどより暑さを感じている

柴犬

暑くてかなワン……/(c)Doable/amanaimages

人間はなんとか我慢できると思っても、たださえ暑さに弱い犬たちは人間よりずっと体高も低く、地面からの熱に影響されやすい状況で生活しています。真夏の日中の散歩など危険行為。

アスファルトには、太陽の熱と光を反射し、蓄熱を抑えることで路面温度をなるべく下げる効果のある遮熱性舗装や、水分が蒸発する時の気化熱を利用した保水性舗装などもありますが、一般的なアスファルトでは真夏の路面温度は50℃~60℃に達することがあります。犬であってもパッドの表面が焼けただれるほどの火傷を負うことがあるのも不思議ではありません。また、火傷のみならず、地面からの反射熱によって熱中症になってしまう危険性もあります。

ある調査では路面温度が51.2℃の時、地面から120cmのところでは気温が38.1℃、50cmで38.4℃、45cmで39.2℃、38cmでは40.1℃という結果になったそうです(*1)。別の天気予報番組でも真夏日に身長170cm弱の大人が手にした温度計が35.1℃を示したのに対し、身長90cmの子供が手にした温度計では37.1℃を記録。人間(大人)は気づきにくいですが、身長や体高、目線の高さの違いで感じる暑さにも違いがあるのだということがわかります。

38cmというとほぼシェットランド・シープドッグや柴犬くらいの犬の体高にあたります。彼らは私たちより2℃程度暑い思いをしているということであり、もっと小さな小型犬であるとさらに暑い思いをしているということになります。そう考えると、夏場の犬たちへの配慮ももっと身近に感じられるのではないでしょうか。

これは人間での話ですが、ヒートアイランド対策として東京都内では小中学校の校庭に芝生を植えるという試みをしているそうです。都会ではなかなか難しいかもしれませんが、なるべくアスファルトを避け、土や草のある場所で散歩するというのも犬の熱中症対策の1つになるでしょう。

熱中症の発症は春先から秋口、ピークは7月~9月にかけて

熱中症は春先から秋口にかけて発症する可能性があるものの、やはり多いのが7月~9月。これからの時期は要注意です。毎年のように暑い時期になると熱中症が話題となり、ガイドも再三記事に書いていますが、それだけ怖い病気であり、かつ、そのために命を落としたり、危険な目に遭う犬たちが後を絶たないということ。

以前、熱中症で愛犬を亡くした飼い主さんにお会いしたことがあります。後悔してもしきれないといった気持ちがありありと感じ取れ、心痛みました。余談ですが、YouTubeにアップされていたあるCMを思い出します。駐車場に停められていた車の中で暑さにぐったりしている犬を見つけた2人の少女が、窓ガラスを割って犬を助け出すのです。

犬を愛するみなさん、どうぞ熱中症がどういう状況で起こるのか情報と知識を得て、頭に叩き込んでください。愛しい我がコの命を守るために。ほんの少しの気配りで防ぐことも充分可能なのですから。


次のページでさらに2つのポイントを。



意外に室内で熱中症になることが多い

愛犬と水遊び

夏場のお出かけ時はクレートの中の温度にも注意。炎天下で長時間遊ばせないように。/(c)Nobuko Shiga/amanaimages

熱中症には気温と湿度が大きく関係します。犬の場合、気温22℃以上、湿度60%以上で熱中症を発症しやすくなります。意外なほど室内で起こることも多く、ある調査ではリビングでの発生件数が44%となっています(*2)。

エアコンをかけてあるからと過信するのも禁物。近年では人感センサー付きのエアコンの場合、人は感知するものの犬は感知せず、そのために作動停止となり、犬が熱中症になってしまったという事故も起きています。さらに、室内であっても場所によって温度が違うことがありますし、クレートの中も予想以上に温度が高くなっていることがあります。愛犬の生活場所や寝場所がどのくらいの温度や湿度になるのか、愛犬目線でチェックするようにしましょう。

チェックと言えば、今年の5月に「愛犬の熱中症チェッカー」(ペットライン株式会社)という商品が発売になりました。愛犬の寝場所やリードに装着することで温度と湿度を計測し、熱中症の危険度が高まるとLEDランプとブザーで知らせるというもの。犬用のみならず、人間用として使うことも可能です。興味のある方はこういうものを併用してみるのもいいかもしれませんね。ただ、機械に頼り過ぎることなく、あくまでも目安と考えて、愛犬の様子をよく観察するようにしましょう。

 

水分不足は命取り

犬であっても人間であっても生きていく上で水は大切な栄養素です。体の約60~70%は水分で占められ、10%の水分が不足しただけで死に至ることがあります。犬はパンティング(口を開けてハァハァと速い呼吸をすること)をするだけでも体内の水分を奪われますので、特に暑い夏場は極力水分補給を心がけたいところです。なるべく新鮮な水がいつでも飲めるようにしましょう。

昨今ではウォーターボトルを使うケースが多いですが、1つ気になるのは、水がなくなるまで取り替えないという人が意外にいること。水(H2O)は本来腐らないとされます。しかし、水に不純物が含まれていると細菌によって分解されることにより、色が変色したり、変な匂いがしたり、いわゆる腐るという状態になってしまうのでしょう。

犬の口の中は人間同様たくさんの雑菌があります。ウォーターボトルの飲み口からその雑菌が水の中に入り込むということは充分考えられますし、このことからも水はなるべくこまめに取り替えたほうがいいということになります。

余談として、ペットボトルはその性質上、気体を通すことがあるようで、周囲に強い匂いを発するものがあるとその匂いが移ることがあるということなので、水ボトルを長期保存する場合は、周囲にあまり強い匂いのある場所は避けたほうがいいでしょうね。

また、水と言うと、ミネラルウォーターは尿石症になりやすくなるので犬に与えないほうがいいという話をよく耳にします。今回の記事で説明するには長くなり、ここでは割愛しますが、獣医師の間でも意見が分かれるところがあり、現代階でははっきりどちらとは言い切れないというのがガイドの印象です。ただ、すでに結石に罹っているコや、それが心配されるコでは気になって当然でしょう。結石のタイプによっても違うでしょうし、心配な場合はかかりつけの動物病院でご相談ください。

さて、水をたくさん飲んでくれるコはいいものの、中にはあまり飲みたがらないというコもいます。水をまろやかにして飲みやすくするという陶器製の水飲みボウルもありますので、最後にご紹介しておきます。


今の時期、体調を崩す犬は結構います。体が暑さに慣れないせいもあるでしょう。熱中症にならないためには少しずつ体を暑さに慣らすというのも1つの方法。過保護にし過ぎず、しかし熱中症を予防しながら、みなさんのご愛犬が少しでも健やかにこの夏を乗り切れますように。


関連記事:
愛犬の熱中症対策は大丈夫?
夏近し、熱中症や夏バテにご用心!
犬との暮し、暑い時期に気をつけたいこと

参考資料:
(*1)2007年7月アップリカ調べ
(*2)アニコム損害保険株式会社「STOP熱中症プロジェクト」より
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。