スタジオジブリは、宮崎駿監督が映画『風立ちぬ』を最後に引退宣言をしたので、「後継者は誰?」という声が多いのは事実。スタジオジブリのもうひとりの巨匠と言われる高畑勲監督が宮崎監督の後、ジブリの顔になるのかなと個人的には思っていたのですが、高畑監督はまた別世界を持っているような気がします。
宮崎作品のように大人も子供も取り込める世界観があって、なおかつ、監督独自の個性も見える監督はいないのか……いました! それが映画『思い出のマーニー』の米林宏昌監督です。この作品が少女映画として絶品でして。

というわけで、今回は『思い出のマーニー』を筆頭にジブリの少女映画をピックアップしたいと思います。

現実と幻想を見事にリンクさせた少女アニメの傑作!

『思い出のマーニー』(2014年7月19日公開)
『思い出のマーニー』

マーニーの声は有村架純さん!


海辺の小さな街に、引っ越してきた病弱の少女・杏奈。彼女は湿っ地屋敷と呼ばれる洋風のお屋敷に興味を抱きます。無人屋敷と思っていたそこで出会ったのは金髪の美少女マーニー。杏奈はマーニーとの時間を楽しみにするようになりますが、マーニーと出会ってから杏奈の身の回りには不思議な出来事が次々と起こるように……。
『思い出のマーニー』

マーニーは誰なのか?意外にも物語は謎めいています。

どこか懐かしさを感じる『思い出のマーニー』。それはこの原作がジョーン・G・ロビンソン著のイギリスの児童文学だからかもしれません。子供時代に海外の児童文学を読んで、まだ見ぬ外国に憧れを頂いた人ならわかるはず。そのときの気持ちを『思い出のマーニー』を見ると思い出すのです。美しいお屋敷、舞踏会、綺麗なドレス、かわいいマーニーのお部屋、幼い頃の憧れがギュっとつまったマーニーの世界に杏奈とともに染まってゆく……。その感覚が映画では現実と幻想の中で浮遊するように描かれてます。

『思い出のマーニー』

二人の友情の絆は堅いけれど、マーニーの存在は儚くて……。

マーニーは実在するのか? 彼女の日記の秘密とは? そして杏奈が養母に預けられた理由は? 現実と幻想を行ったり来たりしながら、杏奈を取り巻く世界の謎が紐解かれていく……。

米林監督は宮崎監督よりも少女寄りの繊細な感性をお持ちのようです。ゆえに『思い出のマーニー』は、乙女心を刺激する少女アニメの傑作になったのでしょう。

監督:米林宏昌 声の出演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子ほか

>お次は米林監督のデビュー作とジブリの人気キャラクターが登場します。


小さな少女とキュートな姉妹が織りなすファンタジー

『借りぐらしのアリエッティ』(2010年度作品)
14才のアリエッティは古い屋敷の床下に一家と暮らしている小人一家。誰にも見つからないようにするのが一家のお約束だけど、屋敷にやってきた少年にその姿を見られてしまいます……。

『借りぐらしのアリエッティ』も『思い出のマーニー』と同じく米林監督作であり、海外の児童文学をベースにしています。アリエッティ一家は外国人、アリエッティと知り合う少年は病弱というところも『思い出のマーニー』とかぶりますね。でもこちらは『思い出のマーニー』ほど、情感を全面に押し出していません。もっとおとぎの国のお話しのよう。この映画について、米林監督は「宮崎監督を意識しすぎた」とコメントしていますが、初監督作でジブリ色を壊さぬようにと考えたのかも……。これがあっての『思い出のマーニー』だと思います。
それに『借りぐらしのアリエッティ』の方が小さなお子さんの受けはいいのでは?ちゃっかりしたアリエッティのキャラは14才にしては幼く、小さなおませさんみたいですから。

監督:米林宏昌 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也

『となりのトトロ』(1988年度作品)
小3サツキと5歳のメイは入院中のお母さんを空気のきれいな家で迎えるため、お父さんと一緒に田舎の古い家に引っ越して来ます。しかし、空き家のはずのその家にはススワタリという不思議な生き物がおり、その後、二人はトトロに出逢う……。

子供にしか見えないトトロはおそらく森の妖精、守護神みたいなもの。トトロがサツキとメイを受け入れるのは、二人に目の前の世界を素直に受け入れる純粋さがあったからでしょう。
物語は、姉妹が田舎の生活にとまどったり、病気のお母さんを心配するやさしさを見せたり、ちょっと姉妹ケンカをしたり、そんな何気ない日常を描いており、大きな事件は起こらないけれど、どこかホっと安心する映画です。
どんなにテクノロジーが進化しても、人はこういう風景に癒されるのではないかなあと。サツキとメイとトトロたちが生きる世界を壊してはいけないと平和な日本を守りたくなる映画です。

監督:宮崎駿 声の出演:日高のり子、坂本千夏、糸井重里、島本須美、北林谷栄ほか

>次のページでは、日本の原作を映画化した『魔女の宅急便』『耳をすませば』

原作を超える作品になった?傑作少女アニメ2本!

『魔女の宅急便』(1989年度作品)
魔女の修行のため、猫のジジと港町にやってきた魔女見習いのキキが、港町のパン屋さんの宅急便をお手伝いしながら、町の人との間の交流を深めていく物語。

原作は角野栄子。2013年に実写化もされました。でもやはり『魔女の宅急便』といえばジブリ! ジブリ映画の少女らしく、キキも前向きで元気な女の子です。気が優しくて何でも一生懸命なので、凹むことがあっても誰かが助けてくれるのですね。
13歳とはいえ、魔女だからか、思春期の女の子ならではの複雑さがないのがちょっと物足りないけど、キキと港町の人々とのふれあいやトンボとの初恋(?)のようなかわいいやりとり、そして何より空を飛ぶシーンの爽快感が気持ちのよい作品です。

監督:宮崎駿 声の出演:高山みなみ、佐久間レイ、戸田恵子、山口勝平、加藤治子ほか

『耳をすませば』(1995年度作品)
幼い頃から読書好きだった雫。彼女が図書館で借りる本の貸し出しカードには必ず天沢聖司の名前がありました。中3になった彼女はその天沢に逢うことになり、二人の距離は縮まっていきます。しかし、彼はヴァイオリン職人を目指しており、やがて別れが……。

ジブリ映画らしくヒロインは文学少女。ちょっとツンデレな初恋の天沢くんとの関係がもう甘酸っぱさいっぱいで、初めてのデートなどを思い出す人がいるかも。
天沢君は、将来の夢をピンポイントで決めているところが素敵ですね。ひとつのことに懸命になる姿は美しいし、夢追う男子が好きな女子は多いですから~。
そんな女子心をガシッと掴むのは、この映画の原作が柊あおい先生の少女漫画だからでしょうか。しかし、中学卒業くらいの年で将来を決めるってすごい!

監督:近藤喜文 声の出演:本名陽子、高橋一生、小林桂樹、露口茂、立花隆、室井滋、山下容莉枝ほか

※ほか『風の谷のナウシカ』も少女映画ですよね。あまり宮崎作品ばかり取り上げても……と思い、今回ははずしましたが、もちろん『風の谷のナウシカ』もオススメですよ。少女映画というと恋愛はかかせませんが、正直、ジブリの少女映画は恋愛色は希薄です。でもヒロインは前向きで懸命に生きる少女たちばかり。中には内面に葛藤を抱えている少女もいたりして。そんな彼女たちに共感したり、刺激を受けたり、そのけなげさに泣けたり……。見る者の感情を震わせるヒロインたちだからこそ、引き込まれるのかもしれません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。