バーボン「ジムビーム」驚異の大躍進

ジムビーム

ジムビーム

ここしばらくウイスキーの昨年度2013年、日本国内販売数量をお伝えしてきた。
前々回は「最新シングルモルトランキング2013年販売数量」、前回は「最新スコッチブレンデッドランキング2013販売数量」とウイスキーランキングをつづけた。さて今回はアメリカンウイスキーである。
驚異的ともいえる数字の伸びを示したのが、2012年まで他ブランドに大きく差をつけられ、見る影さえもなかったジムビームである。どれだけ販売量が増えたのか後ほどお教えする。まずはバーボンとテネシーウイスキーの順位トップ5と販売数量をご覧いただきたい。

[2013年度アメリカンウイスキー国内販売数量ランキング]
順位 ブランド名 販売数量(c/s)
1 ジャックダニエル 234,000
2 ジムビーム 230,000
3 アーリータイムズ 183,000
4 フォアローゼズ 156,500
5 I.W.ハーパー 83,300
*数字はc/s(1ケース・700ml×12本換算)
*メーカー広報発表および酒類業界紙誌の数字をもとにした推計
*並行輸入は含まない

メーカーズマーク

メーカーズマーク

ジムビームは世界で最も飲まれているバーボンウイスキーである。この世界No.1バーボンは、一昨年2012年まで日本ではまったく注目されていなかった。2012年の日本国内販売数量はわずか2万7,000ケースであった。
ところが2013年の販売数量は、なんと23万ケース。1年間で8.5倍以上の20万3,000ケースも売り上げが伸びたのである。驚異的としか言いようがない。
昨年はじめの一時期バーボン戦争といわれ、ジムビームもテネシーウイスキーのジャックダニエルもTVCMを流した。久しぶりのアメリカンウイスキーのCMだった。世間の話題にもなり、ジャックダニエルも20万ケースを超え、またアーリータイムズも数万ケース伸びており、麗しい相乗効果を生み出したのである。とはいえジムビームの23万ケースを誰が予想したであろうか。

正直に言えば、今年2014年がアメリカンウイスキーの正念場である。昨年注目を集めた勢いを今年も持続できるかどうかが問題だ。
今年1~4月期だけの動きをみると、ジムビームは好調維持、ジャックダニエルは2012年までの年間19万ケース弱に戻るような売れ行き動向だ。ジムビームだけが飛び抜け、トップの座を奪ってしまうのだろうか。アメリカンウイスキー全体で伸びていくともっともっと市場は活性化するのだが、さてどうだろう。
昨年上位3位までは数字を伸ばしたブランドだが、4位フォアローゼズ、5位ハーパー、6位ターキー(8万3,000ケース)などが前年2012年より数字を落としているのが気にかかる。
もうひとつ気になるのはプレミアムバーボン、メーカーズマークである。こちらは昨年、2万ケースほどであったが、今年に入って順調に販売数を伸ばしているようだ。爆発的にはいかないだろうが、数年かけてじわじわと人気となっていきそうな気配がある。しばらくはジムビームとともにメーカーズマークも注目しておいていただきたい。

関連記事

最新スコッチブレンデッドランキング2013販売数量
最新シングルモルトランキング2013年販売数量
シングルモルトランキング/最新2012
ウイスキーデータ、スコッチのブレンデッドとモルト
ウイスキーデータ、スコッチの世界販売数量
ウイスキー消費量国別ランキング。さて日本は何位か
世界のウイスキー市場規模、日本第2位
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。