【調査】第一子出産までの期間、最も遅いのは40代後半

更新日:2014年07月10日

~40代後半は結婚してから第一子出産までの期間が他の年代よりも遅い!?~
~20~40代の約3割が第一子出産前に「ちゃんと育てられる自信がない」と不安視~

subbirth

 

【調査サマリー】

1)65%が結婚してから2年未満で第一子出産と回答
40代後半は一番低く、48%/「DINKS」世代であることが影響か

<「子育て」専門家 猪熊氏コメント>
40代はバブル世代から団塊ジュニア世代にあたります。50代前半から40代後半が20代だった80年代後半に、アメリカから入り、ひとつのライフスタイルとして定着したのが、子どもを持たずに共働きを続ける『DINKS』です。さらに、子どもを持って共働きを続ける生き方が『DEWKS』と呼ばれるようになりました。DINKSから途中でDEWKSに転換し、30代後半から40代に入ってから子どもを持つカップルも少なくありませんでした。

2)50代後半より上の世代の6割が「自然の成り行き」で第一子を出産
若くなるにつれ、「計画を立てて」出産をしていることが明らかに

<「子育て」専門家 猪熊氏コメント>
第一子も第二子も、計画を立てている人が多いようですが、計画を立てたにも関わらずその通りにならなかったという人も意外に多い、というのが実感です。第一子も第二子も計画的である、という人が多いのは、保育園が足りない、近隣のコミュニティがないなどの理由で出産や育児がしにくい時代になっていることと同時に、出産・育児を『失敗できない』、『こうあらねばならない』と考える人が、特に若い世代に多いからではないでしょうか。

3)第一子出産前の懸念点、第1位は「金銭的な余裕がない」
20~40代女性の3割近くが「ちゃんと育てられる自信がない」と回答

<「子育て」専門家 猪熊氏コメント>
子育てにお金がかかる日本では、経済的な問題は、育児を不安にさせる大きな要因です。40代はベビーブームで子どもが多い中で常に比較されながら育ってきたため、自分に自信が持てない人も多いのかもしれません。また、自分たちの親世代との育児の常識とのギャップはかなり大きいものです。
若い世代については、インターネットなどを中心に育児の情報があふれすぎていて、逆に混乱させられている可能性もあります。

次のページからさらに詳しい調査内容を紹介します。   
ガイドインタビュー-Human dept.ガイドの原点