日常もパーティも着られる夏のMY定番ドレス

私が持っているワンピースの中でも上位のお気に入りに「CORTESWORKS」の1枚が入ります。
可愛いけど甘すぎない、トレンドも感じながら流行り、すたりとは関係ない絶妙なさじ加減が魅力です。
それは、CORTESWORKSのチーフデザイナー、大江さんの言葉に変えると「スカートの丈の長さやシルエット、バランスの組み合わせなど、どこか新鮮に見えるテイストにこだわって、その時、その時の時代感をデザインに落とし込んでいます」ということだそうです。
 
大江さんの感性、経験や理論のさじ加減が絶妙で心地良いから、きっといつ見てもフレッシュでどこか惹かれる要素があるのだと感じます。

実際、大江さんは都内を歩いている女性が何を着ているか、チェックするのが好きなんだそうで、そんな普通の感覚プラスαが気負いなく、こなれたエッセンスを切り取っているように思います。

今回は一筋縄じゃいかない、大人の女性の気分にフィットするブランドとして、おしゃれフリークから支持されている、CORTESWORKSの日常もパーティも着られる夏のドレスを2回に分けてご紹介していきます。

1)ドレスでこだわりたいのが、スカートのシルエット
2)ぺプラムスカートはトレンドから定番の型へ 
3)おしゃれのテクニックを楽しめるコンビネゾン
4)可憐なレースに包み込むシルエットが魅惑的!


1)ドレスでこだわりたいのが、スカートのシルエット

A

あなたのレディライクを表現してくれるドレス。ドレス初心者の方にも、飾らないデザインでトライしやすい1枚です。


どんな風に見られたい? どんなイメージで着たい? 女性の見え感を左右する上で重要なのが、スカートの丈とシルエット。フレアなスカートラインは女心を表現する重要なパーツです。

こちらのドレスは、ウエストのくびれをキレイに見せつつ、腰から太ももにかけてのスカートラインを立体的なシルエットに落とし込んでいます。

シルエットを優美に見せる、ゆったりとしたドレープはボリュームも出すぎずエレガントな印象の見え感に様変わり。レディライクな魔法が掛かるこんなドレスは、いつもはバリバリ仕事をしているちょっぴりマニッシュな女性にこそ、着て欲しい1枚です。

そして、肌に馴染むピンクベージュはどんな方も似合う、品格をプラスするカラー。素材的にも結婚式や二次会などオケージョンにも対応しますし、女子会やデートなど特別感のある休日でも着られます。

襟元のリボン型ビジューとドレスのシルエットで華を演出してくれるので、余計なアクセサリーは付けずに潔くヘアもシンプルに装って。

B

リボンビジュードレス 2万1000円+TAX

(問い合わせ先)
株式会社 マザーインターナショナル営業本部
TEL:03-5766-3472(代表)
ホームページ:HPURL

次のページでは、「ぺプラムスカートはトレンドから定番の型へ」