前回の記事までは「切手収集入門」として切手収集をする上で、ぜひとも知っておきたいことを紹介してきました。今回からは、実際にもっと切手に触れてみたい・知ってみたいという方のために、切手をもっと知るためのスポット&イベントについてお伝えしていきます。

スポット&イベント紹介の第1弾は、東京駅・丸の内にある東京中央郵便局と商業施設「KITTE」です。次の4つのトピックに分けてそれぞれ紹介したいと思いますので、気になる部分から読み進めていただければと思います。
・東京中央郵便局が日本橋から丸の内に移るまで
・昭和以降の東京中央郵便局の歩み
・現在の東京中央郵便局の活用術
・今のKITTEの旬やポイント八重洲側の郵便スポット

KITTE

KITTEの1階部分。開放的な空間がとても印象に残る。

日本橋にあった東京中央郵便局

それにしても「東京中央郵便局」というネーミングは、どこか偉そうな響きがしますね。名は体を表すと言いますが、実際にかなり由緒正しい郵便局で、明治4年3月1日(1871年4月20日)の郵便創業時にできた、日本で最も古い郵便局の1つです。当初は四日市郵便役所という名称で、現在の日本橋郵便局のあたりにありました。
国際文通週間

創業期の東京中央郵便局を描いた1970年発行の国際文通週間切手(参考価格150円)。

初めて「東京中央郵便局」という名称になったのは、明治36(1903)年4月1日のこと。同じ年の12月5日に東京中央電信局と合流し、一度「東京郵便局」と改称しますが、その後明治43年4月1日に再び東京中央郵便局となって今日に至ります。
丸一型日付印

明治36年のみの短期間の使用に終わった「東京中央」の丸一型日付印。(参考価格500円)

三菱の地・丸の内へ移転

現在の丸の内の敷地に移転したのは、大正6(1917)年4月1日。赤レンガの東京駅が開業して3年後のことでした。丸の内はかつて親藩・譜代の大名屋敷があったところですが、三菱財閥を築いた岩崎弥之助に明治23(1890)年に払い下げられた時には草原が広がっていて、当時は「三菱が原」などと呼ばれていたそうです。

大正時代、丸の内に東京中央郵便局ができた頃には、すでに三菱が開発したレンガ造りのオフィス街が広がっていましたが、それでも当時の東京のビジネスと商業の中心は、なおも日本橋だったようです。次に示す大正期の東京中央郵便局の機械による消印も、見つけるには少し苦労させられ、郵便物の量がまだ少なかったということを如実に物語っています。
東京中央郵便局の機械印

大正時代の東京中央郵便局の機械印。(左)大正8年の林式機械印・(左)大正9年のユニバーサルD型機械印。(参考価格1000円~2000円)

丸の内に最初にできた局舎は、大正11(1922)年1月に火災で焼失してしまいました。次のページでは、昭和に入ってできた東京中央郵便局の局舎の歩みについて紹介したいと思います。

大東京の郵便局として

今日に続く東京中央郵便局の局舎に開局したのは、昭和8(1933)年11月1日のことです。前年の昭和7(1932)年10月1日に東京市が拡張され、現在の23区(当時35区)のほぼ全域が東京市に入り、いわゆる大東京となりました。東京中央郵便局は、まさに大東京の中央郵便局という役割を担ったのです。
東京中央絵葉書

昭和8年の東京中央郵便局。開局を記念したスタンプが押されている。(参考価格1000円)

設計はモダニズム建築の巨匠・吉田鉄郎の手によるもの。躯体は関東大震災の教訓から、同じクラスの地震が起きても倒壊しないほどの頑丈な造りにしました。
定礎

現在も残る東京中央郵便局の定礎。皇紀2591年(1931年)と表記されている。

東京中央郵便局の保存

ところがかつては最新鋭の機械設備を備えていた局舎も、戦後の高度経済成長期には過去のものとなっていました。さらに郵便輸送の主力が鉄道からトラックに変わると、駅前の一等地に壮麗な郵便局を構える必要も無くなってきていました。
記念小型印

東京中央郵便局の2005年の記念小型印(参考価格100円)。東京中央郵便局の保存を巡って議論が進んでいた時期にあたる。

一時は完全に解体されるのも時間の問題と思われていたのですが、「東京中央郵便局の局舎は重要文化財と並ぶ価値のある建築」とする専門家の意見があったほか、当時の総務大臣だった鳩山邦夫氏が全面的な保存を要請する一幕もありました。最終的に、局舎の外観の部分を一部保存する形で妥結し、現在の東京中央郵便局などからなるJPタワーを建設して2012年7月17日にリニューアルオープン。2013年3月21日にKITTEも開業しました。
東京中央郵便局とJPタワー

東京中央郵便局・KITTEとJPタワー。

次のページでは、KITTEの現在をお伝えしたいと思います。

東京中央郵便局を120%活用しよう!

東京中央郵便局が切手収集家にとって重宝するのは、やはり記念切手やPスタンプなどが豊富に取り揃えられていることでしょう!今回の訪問では、「名所めぐり東京」(2014年5月14日発行)のオリジナルフレーム切手に一目惚れしてしまい、思わず買ってしまいました!
Pスタンプ

「名所めぐり東京」の10枚組みの切手。軽快なイラストで都内の有名なスポットが楽しめる。(参考価格1500円)

最近の記念切手などで、うっかり買い忘れてしまったものがあれば、ぜひ行ってみてください。ショウケースの中に所狭しと並べられた中には、人気の記念切手も2~3年前までのものであれば、まだ在庫があるかもしれません。
記念切手

東京中央郵便局で販売されている記念切手のリスト。その場で注文用紙に枚数を記入して購入する仕組み。

それから絵葉書や封筒などのステーショナリーも多数取り揃えています。民営化するまでは、法律の制限があって、封筒すら郵便局で買うことはできませんでした。見ているだけでも楽しくなる文具の数々を見ていると、まさに隔世の感があります。
文具

色とりどりに並べられた東京中央郵便局限定の文具・ステーショナリー。

絵葉書ならJPローソンがオススメ!

KITTEの中で絵葉書が欲しい時はぜひ地下1階のコンビニ・JPローソンで買うのも手でしょう。実際に丸の内界隈で働く方のための品揃えでもあるのですが、KITTEの中のJPローソンでしか買えないオリジナル絵葉書もあり、要チェックです。
JPローソン

JPローソンの販売品。ここだけしか買えない郵便グッズも取り揃えている。

郵便局のノベルティなどで配布しているポスト型の貯金箱が欲しい方はこちらでも取り扱いがあるので、ぜひ行ってみてください!
貯金箱

郵便ポスト型の貯金箱。こんな貯金箱があれば、お金も貯まるかも?!

次のページでは、KITTE内の見どころや八重洲側でぜひ訪れてみたいスポットについて見て行きたいと思います。

東京中央郵便局長室を見学しよう!

KITTEの4階には局長室の跡が再現されているほか、昭和4(1929)年の局舎着工から竣工までの歩みをモノクロ写真で紹介するパネルが展示されています。東京駅のドームを見るにもちょうど良い場所なので、ぜひ足を運んでみてください。
旧東京中央郵便局の局長室

KITTEの4階の角に位置している旧東京中央郵便局の局長室(復元)。

KITTE限定グッズも要チェック

また、KITTEにはおしゃれな雑貨屋さんがたくさん入っていて、KITTEでしか買えない郵便にまつわるグッズを扱っている店もあります。ガイドのオススメは、4階の中川政七商店です。郵便にちなんだ手ぬぐいやマグカップなどがあり、思わず欲しくなってしまいました。
マグカップ

中川政七商店のKITTE限定マグカップ。とてもおしゃれ!

八重洲地下街郵便局も面白い

せっかく東京駅を訪れたら、ぜひ八重洲のほうにも足を伸ばしてみましょう!2014年6月19日に八重洲地下街郵便局が日本初の女性向け郵便局としてオープンしています。無機的な郵便局のイメージに反して、女性でも気軽に入りやすいテイストの店舗に仕上げています。でも八重洲ということもあり、どちらかといえば、サラリーマンの姿が多いような気もしました。
八重洲地下街郵便局

初の女性向け郵便局・八重洲地下街郵便局。

八重洲口は東海道新幹線のホームに近いこともあり、八重洲地下街郵便局の風景印には新幹線が描かれています。鉄道が好きな方へ手紙を書いても面白いかもしれません。
風景印

八重洲地下街郵便局の風景印。新幹線とヤン・ヨーステン(八重洲の由来となったオランダ人)を描く。

次回の記事では、2014年3月にスカイツリータウン・ソラマチにオープンした郵政博物館についてお伝えしたいと思います。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。