神永東吾undefined韓国・光州出身。大学の演劇学科に在籍中、劇団四季の研修団に参加。2009年オーディション合格。『エクウス』で初舞台を踏み、『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジーザス、ペテロ、アンサンブル、『ガンバの大冒険』シジン、『ミュージカル李香蘭』王玉林などを演じている。『エビータ』『はだかの王様』『ハムレット』にも出演。(C) Marino Matsushima

神永東吾 韓国・光州出身。大学の演劇学科に在籍中、劇団四季の研修団に参加。2009年オーディション合格。『エクウス』で初舞台を踏み、『ジーザス・クライスト=スーパースター』ジーザス、ペテロ、アンサンブル、『ガンバの大冒険』シジン、『ミュージカル李香蘭』王玉林などを演じている。『エビータ』『はだかの王様』『ハムレット』にも出演。(C) Marino Matsushima

*3ページ目で『ジーザス・クライスト・スーパースター』観劇レポートを追記掲載しました*

劇団創立60周年を記念して、豊かなレパートリーの中から厳選したナンバーに、劇団随一の名ダンサーでもある加藤敬二さんが斬新なアイディアで演出・振付をほどこし、見せてゆくショー『劇団四季ソング&ダンス60 感謝の花束』。『キャッツ』『オペラ座の怪人』等の海外ミュージカルはもちろん、『ジョン万次郎の夢』などのオリジナルミュージカルも含めた名曲の数々が、意表をついた趣向で次々に繰り出し、目を耳を楽しませます。

男性ボーカル枠3人のうち若手パートにキャスティングされ、『キャッツ』の「スキンブルシャンクス」や『リトル・マーメイド』の「アンダー・ザ・シー」等を清々しく歌いあげているのが、神永東吾さん。『ジーザス・クライスト=スーパースター』タイトルロールや『李香蘭』王玉林など、これまでシリアスな役どころが多かっただけに、その爽やかな好青年ぶりは観客にも強いインパクトを与えています。どんな方なのでしょうか。

『ソング&ダンス60』で名曲に新たな命を吹き込む


――『ソング&ダンス60 感謝の花束』東京凱旋公演、とても躍動感のある舞台ですが、ご自身の手応えはいかがですか?
『ソング&ダンス』より「アンダー・ザ・シー」撮影:荒井健

『ソング&ダンス60感謝の花束』より「アンダー・ザ・シー」撮影:荒井健

「僕にとっては大きな挑戦です。キャスティングされたときは一瞬、僕の実力では無理なんじゃないか?と思いました。曲もダンスも多いし、何より、『ソング&ダンス』は笑顔が大事な作品ですが、これまであまり明るい役を演じたことがなくて(笑)。怖くてしかたがなかったのですが、他の出演者に迷惑をかけないようにと、一生懸命取り組みました。開幕して(1か月経ち)今は調子を掴めてきた気がしています」

――サングラスをかけて男性が一列になって歌う「キス・ザ・ガール」(『リトル・マーメイド』)もスタイリッシュですし、リードボーカルの神永さん以外の皆さんが打楽器に挑戦する「アンダー・ザ・シー」(同)も祝祭感溢れる素敵な演出ですが、シンプルながら意外性があって面白かったのが「迷いつつ」(『アイーダ』)でした。もともとはアイーダとラダメスの愛のデュエットですが、今回は神永さんが歌っていて、終盤に女性ではなく、男性(筆者の観た日は飯田達郎さん)の声が加わる。それまで、当然のように男女の愛のデュエットとして聴いていたのが、この瞬間に今回の舞台では違う意味合いが込められていることに気づかされます。
『ソング&ダンス』より「迷いつつ」撮影:上原タカシ

『ソング&ダンス60感謝の花束』より「迷いつつ」撮影:上原タカシ

「僕も旅公演でこのシーンを観た時に驚いたのですが、自分が歌わせていただくにあたっては、この曲は男女の愛ではなく、生き方についての歌なのかなと感じながら歌っています。自分の中に、迷いのある自我があるけれど、ぶれずに道を行こう、という決意の歌です。終盤にデュエットする男性ボーカルは、もう一人の自分だったり、先輩のような存在。その声を耳にしながら決意を歌っているんです」

『ソング&ダンス60感謝の花束』より「暴走族」撮影:上原タカシ

『ソング&ダンス60感謝の花束』より「暴走族」撮影:上原タカシ

――もう一つ、思わず小さく吹き出してしまったのですが、70年代のディスコ風セットの中で歌う「スーパースター」(『ジーザス・クライスト=スーパースター』)は別の男性ボーカルの担当曲ですが、最後のコーラスに神永さんも登場されますね。ジーザスを演じていらっしゃった神永さんが「だ~れだ、あなたはだ~れだ~」と歌っていらっしゃるのは、何とも……(笑)。

「面白いですよね。僕も歌いながら他の出演者と目が合うと、一瞬、ちょっと恥ずかしいですね」

――この演目で楽曲に触れたことで、改めて「参加したい」と思った作品はありますか?

『ソング&ダンス60感謝の花束』より「キス・ザ・ガール」撮影:上原タカシ

『ソング&ダンス60感謝の花束』より「キス・ザ・ガール」撮影:上原タカシ

「全部です!特に自分が歌っているナンバーはどれも魅力的で、本編のほうにもチャレンジしたくなります。『ノートルダムの鐘』の「天使が僕に」も素敵なナンバーで、僕に合うバラードかなあと思いますが、この作品はアニメーションで、舞台版が無いんですよね。ちょっと残念です」

*次ページでは舞台を目指した意外なきっかけ、役者としての夢を話していただきました!


運命に導かれるように舞台の道へ


――非常にナチュラルで、豊かな語彙の日本語をお話しになりますが、神永さんは韓国のご出身なのですよね。09年に入団される前から日本語の勉強をされていたのですか?

「いえ、来日してからです。来日して初めてひらがな、カタカナ、漢字を学びました。だいぶ掴めてきたような気もしますが、まだまだ勉強が足りませんね。初舞台は『エクウス』の馬役だったのですが、自分に台詞は無くても他の方の台詞に反応しなくてはいけないので、韓国語のできるスタッフに助けてもらいながら、体に入れていくのに苦労した思い出があります」

――お芝居を目指したきっかけは?

『ガンバの大冒険』シジン役。撮影:阿部章仁

『ガンバの大冒険』シジン役。撮影:阿部章仁

「もともと歌は好きで、聖歌隊で歌ったりはしていたのですが、演劇には全く縁が無く、地元の大学では経済を勉強していました。在学中に兵役に行ったのですが、そこには様々な団体が慰安に訪れていまして、その中の一つがミュージカル。聖書物語をミュージカル仕立てで演じていて、“歌を歌いながら演じるという世界があるんだな、面白そう、やってみたい”と思ったんです。兵役を終えてすぐ芸術大学を受験し、1年生から演劇を学び直しました。3年生の時にそろそろ進路を決めないと、というタイミングで劇団四季の研修団に参加したのが、入団のきっかけです。今から思えば、運命に導かれたのかもしれません」

――最近は韓国でもミュージカル公演が花盛りですが、なぜ来日を決意されたのですか?

「研修で先輩がたのお話をうかがうなかで、劇団四季には俳優にとって素晴らしいサポート環境があることに魅力を感じました。韓国人の先輩方もたくさん活躍されているし、レパートリーも広いし、勉強できることがたくさんある。それまで海外に行ったことがなかったので、“海外暮らしを体験してみたい”という好奇心もありました」

――研修の最後にオーディションを受けられたのですね。どういう内容だったのですか?

「自由曲2曲を歌うというもので、僕は大学でも勉強していた『ウェストサイド物語』の“マリア”と『オペラ座の怪人』の“ミュージック・オブ・ザ・ナイト”を歌いました。そこで運よく合格できたことで、最終的に決断しました」

――来日されて、多少なりともカルチャーショックを受けながらの役者修業だったかと思います。

「はい、故郷は夜中でも通りで歌を歌っているような賑やかなところでしたが、こちらに来ると稽古場の周りは住宅街で、夕方早くから静まり返っているのには驚きました。レッスンも、もともとダンスはそれほど得意ではなかったので本当に苦労しました。でも、自分の人生です。せっかく自分で選んだ道なのだから、お客様にいい舞台を楽しんでいただけるような俳優にならなければいけない。絶対にあきらめてはいけないんだと思い続けました」

――多くの方が神永さんのお名前をインプットしたのが『ジーザス・クライスト=スーパースター』かと思います。11年にアンサンブルとペテロを演じ、12年にペテロに加え、ジーザスに挑戦。昨年はジーザスを演じられました。
『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:上原タカシ

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:上原タカシ

「それまで、海外版の『JCS』を見た限りではそれほど強い魅力は感じなかったのですが、研修の時に四季のリハーサルを観て衝撃を受けました。エルサレム版だったのですが、まるで史実のような、本当に起こっているドラマのようなリアルさがあって、これならぜひ演じてみたい、と思った舞台です。ジーザス・クライスト役は、クリスチャンでもある自分にとっては畏れ多い役でしたが、民衆のことを思いつつ彼らの心が離れて行ってしまう、けれども磔になって死ぬ瞬間まで、決して自分は民衆を見捨てないという心を大事に、毎回、演じようと努めました」

――目標にする役者さんはいらっしゃいますか?

『李香蘭』王玉林役。撮影:上原タカシ

『李香蘭』王玉林役。撮影:上原タカシ

「劇団には素晴らしい先輩方がたくさんいらっしゃいますが、やはり劇団創立メンバーの日下武史さんはとても尊敬しています。『エクウス』にはじまって『ハムレット』『赤毛のアン』と様々な舞台を拝見しましたが、非常に俳優としての情熱をお持ちだと感じます。基本を大事に、その時々に発生する課題をクリアされていく様子を見ていて、プロとはこういうことかと学ばせていただいています。大先輩で畏れ多いので、なかなか話しかけることもできないのですが、あたたかいエネルギーに満ちていて、瞳には深いものを湛えていらっしゃる。憧れの存在です」

――では、役者としての夢をお聞かせ下さい。

「日本で演じている以上、日本語の台詞で感動していただけるよう、日本語をもっともっと体に入れて行きたいです。歌もまだまだ修行が足りません。もっとうまくなりたいです。そのためには……今回の『ソング&ダンス60』で、やはり稽古を重ねること、経験を積むことに尽きると思いました。センスのある人なら、早くコツを掴むのかもしれないけれど、僕はそういうタイプではないので、これまで通り、こつこつ積み上げていけたらと思っています」

*****
思慮深く、丁寧に語る神永さん。「歌う時は、何でも自分の色に染めるのではなく、その曲その曲の世界を大切に表現したい」という姿は誠実そのものです。これまでは内向的な役柄が多かったそうですが、観客を楽しませる、“笑顔にする”ことが何よりの使命である『ソング&ダンス60』で、新境地を開拓。今後もこつこつと、神永さんのペースで夢に近づいて行くことを願ってやみません。

*公演情報*『劇団四季ソング&ダンス60 感謝の花束』上演中~2014年8月3日=自由劇場

*次ページで神永さんがタイトルロールを務める『ジーザス・クライスト=スーパースター』観劇レポートを掲載!*



激情の果ての微かな希望
『ジーザス・クライスト=スーパースター』エルサレム・バージョン観劇レポート

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

キリスト最後の7日間を描いたロックオペラ『ジーザス・クライスト=スーパースター(以下JCS)』。本作は1969年、一枚のシングルレコード「スーパースター」から始まって、レコードアルバム、コンサート、そして舞台へと発展、世界的な社会現象となり、作詞家ティム・ライス、作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーを一躍ミュージカル界の寵児に押し上げました。

以来世界各国で繰り返し上演されている作品ですが、日本版は73年に劇団四季が初演。年月をかけて洗練された演出(浅利慶太さん)が特徴的です。歌舞伎や能など古典芸能の要素を取り入れた「ジャポネスク・バージョン」と、リアルさを追求した「エルサレム・バージョン」がありますが、今年の東京公演、それに続く全国公演では後者の「エルサレム・バージョン」の上演となります。
『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

舞台上にはパレスチナの荒野。かなりの傾斜舞台(専門用語で“八百屋舞台”) で、荒野というより丘と言ったほうがいいかもしれせん。その荒野の彼方から現れるジーザスに、圧政に苦しむ群集は救いを求め熱狂しますが、弟子のひとりユダは偶像化してゆく彼に疑問を抱き、苦悩の末、ユダヤの祭司に逮捕させてしまいます。ローマ総督ピラトの前に連れて来られたジーザスは鞭打ちの後、磔刑に。現代音楽にクラシック、チャールストンなど、様々なフレイバーを取り込んだロックオペラは90分間強、ノンストップで進行します。
『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

この物語を表現するにあたり、エルサレム・バージョンで大きな効果を挙げているのが、前述の傾斜舞台です。壁のようにも、すり鉢状にも見える乾ききった荒れ野は登場人物を取り囲み、心理的な圧力の中で彼らの“負”の側面をあぶりだすかのよう。ユダヤの群集はジーザスを殺せとピラトに詰め寄り、弟子ペテロはジーザスを「知らぬ」と見捨て、ユダも自責の念の中で自死を選びます。

圧巻は、裁判からジーザスが十字架にかけられるまでのくだり。群衆たちは気がふれたかのように傾斜舞台を駆け巡り、転び、石を投げつけながらジーザスを呪い、嘲笑。ピラトはジーザスを助けようとするもののその心が読めず、いらだちのなかで死を宣告する。そしてジーザスは人間たちの罪深さ愚かしさを背負って死に赴くことを決意し沈黙を貫く……。それぞれの激情がほとばしり、特に東京公演では自由劇場という、役者と目が合ってしまうような距離感の劇場での上演ということもあって、まるで「すぐそこで実際に起こっている」かのような生々しさでドラマが展開します。(白い大八車を使ったミニマルな装置、演じ手の”素”を消した歌舞伎風の白塗り化粧等を通して、舞台上のドラマを客観的に見せるジャポネスク・バージョンとは対照的。次回のジャポネスク・バージョン上演の折には対比してご覧になるのも一興です。) 
『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

今回が3演目とあってより人物造形が明確になった神永東吾さんのジーザスは、体にぴんと芯の通った姿こそ歴代のジーザスを踏襲していますが、カラーとしては「力強い」「超然とした」カリスマというより、「内省的な求道者」。このジーザスに対して序盤、佐久間仁さんが演じる弟子シモンがやはり芯の通った“居方”で正義感を前面に出し、「狂信者シモン」を歌うことで、個人の生き方を説くジーザスと彼に政治的な運動を求める民衆の思いがすれ違い、亀裂が広がってゆく様が鮮明になっています。

作者ティム・ライスが「この人の視点で物語を書こうと思ったのがJCSの出発点だった」と言う重要人物、ユダを演じるのは芝清道さん。シモン役を経てユダ、そして過去にはジーザスも演じてきた豊かな経験が生き、通常、この役ではシャウト系の歌唱が印象に残るところですが、今回は無言の立ち姿にはっとさせられます。ジーザスを裏切るまでの逡巡のナンバーを傾斜舞台の最上部で板付き(暗転し次の場面となるまでの間に定位置についていること)にて歌うのですが、その歌い始めまでの立ち姿にユダの千々に乱れる思いが滲む。「表現力」とはこういうものかと痛感させられます。
『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

『ジーザス・クライスト=スーパースター』撮影:荒井健

ピラトの村俊英さん、カヤパの高井治さんらも回数を重ねて手堅い演技を見せていますが、もうお一方、この演目にはなくてはならない(?!)存在がヘロデ王役、下村尊則さん。コミカルにジーザスを詮議する「ヘロデ王の歌」を歌うにあたり、ジャポネスク・バージョンでは明確に歌舞伎舞踊の所作を取り入れ、“傾(かぶ)いた”ヘロデを演じていますが、リアルさが特色のエルサレム・バージョンでも一貫して流れるような段取りで動き、歌舞伎舞踊のエッセンスを感じさせます。これが、物語の中で唯一享楽的に生きるヘロデの「異次元」の存在感をみごとに強調。20年以上も演じるなかで凄みすら加わってきた下村ヘロデ、これからも演じ続けていただきたい「当たり役」です。

ジャポネスクとエルサレム・バージョンにはビジュアル、音楽アレンジなど様々な違いがありますが、登場人物の動きや位置取りもあちこちが異なります。最も顕著な違いの一つが、幕切れの演出。ジーザスが息絶えた後、ジャポネスク版では彼が磔になった十字架だけが現れますが、エルサレム・バージョンでは星空のもと、十字架の下にマグダラのマリア、シモン、ペテロら数名が集い、見上げます。前者の演出はジーザスの孤独の強調、後者は以後にジーザスが永遠に崇められ、語り継がれることの予兆でしょうか。今回はそれに加え、他者と思いを共有することができず苦悩しながら逝ったジーザスの魂を人々が慰め、コミュニケーションが成就した瞬間のようにも見えます。またたく星の光のように、提示される微かな希望。美しい管弦楽の音色の余韻の中で、観る人ごとに様々な感慨を得られる作品なのかもしれません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。