理想的な爪の長さと爪の形の種類

爪根元の白い部分と爪先の白い部分それぞれが、全体の4分の1程度だと美しい長さだと言えます

爪根元の白い部分と爪先の白い部分それぞれが、全体の4分の1程度だと美しい長さだと言えます

爪には美しく見える適度な長さがあり、それを保つことが大切です。爪を長くし過ぎてしまうと、不衛生な状態になったり、折れやすくなるので日常生活に適しません。また、せっかくきちんとネイルケアをしているのに、あまり上品でない印象を与えてしまう場合さえあります。

理想的な爪の長さは、ちょうど爪の先端部分が、爪全体の3分の1から4分の1程度になっているもの。指の腹側から見て、爪先の白い部分が2~3mm見える程度を目安にして下さい。日常生活にも支障なく、美しい印象と丈夫な爪を同時に保つことができます。

 

爪の形による印象・強度の違い

初心者にはラウンドやスクエアオフがおすすめ!

初心者にはラウンドやスクエアオフがおすすめ!

丸みの多い優しい雰囲気のものから、とがった女性らしい印象のものまで、爪の形による印象の違いはさまざま。形によって印象や強度、扱いやすさが変わってくるので、自分に合った爪の形を選ぶようにしましょう。

爪専用のやすりを使って爪の長さを整えることをファイリングと言いますが、自分でファイリングをする場合には、ラウンドやスクエアオフが削りやすいのでおすすめ。これらの2つは、爪が割れやすい人でも短めに作ることで強度が増します。また、どんな爪の形が似合うか迷ったら、とりあえずラウンドにしてみるとよいでしょう。ラウンドはどんな指の形でもきれいに見えて似合いやすい、オールマイティな爪の形です。


 
1.ラウンド

誰にでも似合う優しい印象に

誰にでも似合う優しい印象に

サイドがストレートで、先端がやや平らな形。ナチュラルで自然な形なので扱いやすく、爪の長さに関わらず誰にでも似合う優しい印象になります。爪が小さい人や平たい人は、この形にすると優雅で上品なイメージに仕上がります。

 

2.オーバル

女性らしいイメージに

女性らしいイメージに

ラウンドの角をさらに削って丸みをつけた形です。少し強度が落ちますが、上品で爪が長く見える最近人気の形です。大きな爪の人や男性的な指の人が、女性らしいイメージを演出するのにオススメ。指を長く見せる効果もあります。

 

3.ポイント

セクシーな印象に。スカルプチュアで人気

セクシーな印象に。スカルプチュアで人気

オーバルの角をさらに削って尖らせた形です。先端に向かって徐々に細くなっていくので、自爪の場合は割れやすく強度は低くなりますが、女性らしい印象をあたえます。自爪よりも、スカルプチュアやジェルネイルなどの強度を補強したネイルの際に人気の形。

 

4.スクエア

強度が高いネイルの形

強度が高いネイルの形

角がある四角いネイルの形です。強度はありますが、角が尖っているため日常生活ではひっかかりやすいのが欠点。プロネイリストの競技大会作品などでよく見られる形です。

 

5.スクエアオフ

定番の形でネイルアートがよく映える

定番の形でネイルアートがよく映える

スクエアの角に少し丸みをつけた形です。丸みをつけることで角を欠けにくくしてあるため強度があり、引っかかりにくいのが特徴。ネイルアートがよく映える定番の形です。一番衝撃に強いため、爪を長く伸ばしている人には、この形が安心できるでしょう。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。