5:洗濯物を早く乾かす干し方

・一つ一つの洗濯物が密着しないように間をあけて干す

・タオル類は2つ折りにせず、どちらか一方を長くし風に当たる面を広くする

・ズボンは筒状に干して風の通りをよくする

・靴下はセットにせず1枚ずつ干す


6:洗濯物の臭いを防ぐ扇風機・エアコン・除湿機の使い方

扇風機の風を当てると洗濯物は早く乾く

扇風機の風を当てると洗濯物は早く乾く

省エネで部屋干し洗濯物を早く乾かす方法」でもご紹介しましたが、扇風機の風を当てることは非常に効果が高いです。2枚のタオルで実験して扇風機の風を当てたほうは30分で完全に乾き、当てていないほうは5時間経過しても湿った状態でした。

何もしないで干しておくよりも扇風機の風を当てて干すことをお薦めします。その際に洗濯物から飛んだ湿気の逃げ道を作るため、換気扇をまわしたり窓を細く開けておくなどしましょう。

エアコンのドライ運転は部屋全体の除湿をすることになるので、効率としてはあまり良くありませんが、何もしないで干しておくよりは効果はあります。

除湿機であれば洗濯物を集中的に除湿することができるので、効果的です。除湿機を使うときは脱衣所など狭い空間で使うようにしましょう。


7:1度に洗う洗濯の量を減らす

バスタオルをやめる等して洗濯物を減らす工夫も

バスタオルをやめる等して洗濯物を減らす工夫も

洗濯物の量が多ければ密着して干すことになるので、乾きづらくなり臭いのもととなります。1回に干す量を減らすためにも、洗濯はこまめにしましょう。

また「家事がラクになる秘訣」でもご紹介しましたが、バスタオルをやめてスポーツタオルにする、シーツの上にバスタオルを敷いて頻繁に洗うのはバスタオルにするなど、洗濯物を減らす工夫も有効です。


8:洗濯を途中で止めるときは「すすぎ」で止める

洗濯が終わり脱水した状態で干すまで洗濯機の中に放置すると、いっきに洗濯物が臭うようになります。どうしても途中で止める必要がある場合は、すすぎで止めておき、水に浸された状態にし、すぐに干せるタイミングで脱水をするようにします。


9:濡れているうちに消臭スプレーをかける

ファブリーズ、リセッシュなどの消臭スプレーは濡れているうちに使う

洗濯物が濡れているうちに消臭スプレーをかけると臭い防止になる

どんな方法を試しても洗濯物の臭いが気になるという場合は、洗濯物が濡れているうちに衣類用の消臭スプレーをかけるという方法もあります。これはメーカーも推奨しているやり方で、洗濯物に残っている雑菌の力を消臭スプレーで先におさえてしまうので、臭わなくなるという理由です。

以上にあげたような洗濯方法をすれば、部屋干しした洗濯物の臭いも気にならなくなりますよ。

【関連記事】
省エネで部屋干し洗濯物を早く乾かす方法/
家事がラクになる秘訣 
梅雨家事に役立つ100円グッズ 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。