ファミリーにおすすめ、沖縄本島のリゾートホテル

resort beach

夏の沖縄のビーチを思いきり満喫するなら、やっぱりリゾートホテルステイの旅はおすすめです (c)OCVB

今年も夏の沖縄旅行へ向けての準備の時期がやってきました。夏休みを沖縄で過ごそうと思っている方、旅のプランニングはスムーズにいっていますか? 只今、絶賛夏の家族旅行のリサーチ中という方も少ないかもしれませんね。

小さな子供を連れての旅行は色々と気を遣うこともありますが、施設が整ったリゾートホテルこそ上手に活用すれば、快適な滞在が楽しめます。沖縄へ行ったからといって、ビーチを満喫するだけが目的ではない親世代との旅にも、リゾートホテルなら安心。世代やシチュエーションを超えて快適を求められるのがリゾートの魅力でもあるので、今回は特にファミリーにおすすめの本島西海岸リゾートエリアにある人気のリゾートホテルをご紹介します。

ANAインターコンチネンタル 万座ビーチリゾート

ana hotel

眩いばかりに光輝く万座毛の海を望むANAインターコンチネンタル 万座リゾート

沖縄本島を代表する景勝地、万座毛に対岸して建つという最高のロケーションを誇るのがANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート。数ある沖縄のリゾートホテルの中でも老舗のリゾートです。

リゾートの魅力は、なんといっても万座毛を望むその絶景ロケーション! 美しいマリンブルーに輝く万座ビーチと、広大な万座毛をたっぷりと眺めることができる、という贅沢さです。ビーチはもちろん、プール、レストラン、バーなど、すべての施設が徒歩圏内に置かれ、リゾートから一歩も外へ出ることなく一日中リラックスして過ごせるのはオンザビーチ・リゾートの特権。館内は、全体にアクアブルーとホワイトでトーンが統一され、吹き抜けになった開放感溢れるデザインなので、滞在中はずっとリゾート気分で過ごせます。
bed room

白が基調の客室はアクアブルーがアクセント。ベランダでゆったりと過ごすのがリゾート気分です♪


1Fラウンジスペースを抜けるとすぐにプールがあり、プールの先には万座ビーチが広がるので、子供も大人も一日中プールとビーチを行ったり来たりを楽しむことができる設計となっています。もちろん、せっかく万座ビーチに来ているのだから、ビーチライフを思いきり楽しむのが一番おすすめの過ごし方。
pool

心地よい海風が通り抜けるガーデンプール


beach

ビーチでのんびりと過ごす一日、これこそリゾートの醍醐味


ocean

船でちょっと沖に行けば、すぐにカラフルな熱帯魚の姿を見ることができます

万座ビーチは海の透明度も高いので、ダイビング、シュノーケリング、パラセイリングなど様々なマリンアクティビティを楽しむことができます。

おすすめは、海中展望船と呼ばれるサブマリンJr.の乗船。船の中から、水中の色鮮やかな珊瑚や元気に泳ぐ熱帯魚たちの姿を見ることができる、いわば動く水族館です。水着に着替えることなく洋服のままでOKなので、小さな子供やお年寄りでも海中散歩を楽しむことができすね!

 

ocean park

万座毛を沖に眺めながら、思いきりビーチ遊びを満喫できるオーシャンパーク

またアクティブなキッズにはオーシャンパークが大人気。海上に設置されたアスレチックで、かなり楽しい!と、子供のみならず大人にも大好評だそう。

大人の場合、本気の真剣勝負でやらないと上手くこなせないので、ふざけて遊んでいるつもりがクタクタに……という人も。日頃の運動不足の解消におすすめです。

 

foods1

「雲海」では、沖縄の食材を使い、繊細に味付けされた島ご飯をいただけます

さて、気になる食事事情ですが、リゾートには敷地内になんと7つのレストランと2つのカフェ&バーがあるので、連泊しても安心です。

せっかく沖縄に来たのですから島の食材や野菜をたっぷり使った沖縄料理が食べたいという人は日本料理の「雲海」へ。伝統的な沖縄料理の他、寿司カウンターでは島の新鮮な魚を握ったお寿司をいただくことができます。

 

restaurant

カジュアルにイタリアンが楽しめるSALVATORE CUOMO&BAR。宿泊していなくても、わざわざ立寄りたくなるレストランです

また、この春オープンしたイタリアン「SALVATORE CUOMO&BAR」もおすすめ。こちらはビーチサイドに位置するので、解放感もたっぷり。一番人気は、薪窯で焼き上げる香ばしいナポリピッツアですが、食事時だけでなく昼間のビーチ遊びの休憩や、サンセットタイムに冷たいカクテルをいただく、なんていう使い方も素敵です。

sweets

紅いもやパッションフルーツといった島の食材を使った魅惑のスイーツ!

そして、女子におすすめは1Fラウンジスペース、オーシャンカフェでいただけるスイーツ! 紅芋やパッションフルーツ、マンゴーなど沖縄の食材を使った色とりどりのケーキに目移りしそう。

プールエリアに面したラウンジなので、子供たちをプールで遊ばせながら、大人はティータイムなんてこともできるところがとっても便利。

 

リゾートステイの魅力には、リラクゼーション施設の充実もあげられます。ANAインターコンチネンタルには大浴場があり、お風呂の水にはミネラルたっぷりの万座沖の海洋深層水を配合しています。タラソテラピー効果が期待できるので、温泉のように滞在中何度も利用するのもよいと思います。

este

沖縄の美容素材やタラソを用いたトリートメントで、美的時間を過ごすのが究極のリラックス!

気になるエステは「CARITA」のラインナップを使用したもの。抗酸化効果が高い月桃やビタミンたっぷりのゴーヤーなど古来より沖縄で親しまれてきている美容素材を使った「琉美トリートメント」も人気です。夏のシーズン、エステは特に人気となるので、エステ狙いの人はなるべく事前に予約をしておいたほうが確実です。

asaichi

新鮮なフルーツや野菜が並ぶ朝市。珍しい形の野菜があったり、と子供だけでなく大人もけっこう楽しめます

リゾートを歩いていると、リラクゼーションの他にもリゾート内で色々と楽しめるように工夫がされていることに気付きます。シーサーの絵付けが体験できる手作り工房プログラムは子供たちに人気。

毎朝1Fでは朝市が開催されているので、こちらも朝食と一緒にチェックして欲しいもの。新鮮な沖縄産のフルーツや野菜、数々の珍味やお菓子、ミネラルたっぷりの黒糖や塩などが並ぶので、お土産用にはもちろん、スナックパインやマンゴーを買ってお部屋で食べるのにもおすすめです。

 

eisa

夜に行なわれるエイサーや琉球舞踊ショー。リゾートにいながら、沖縄エンターテインメントが楽しめます

夜には三線やエイサーショーなどをリゾート内のレストランで見ることができるし、夏の季節には日替わりでイベントも開催されるので、本当にリゾートの外に出る必要性を感じさせないのがANAインターコンチネンタル 万座ビーチリゾート。

色々とお好みでそれぞれの過ごし方ができるリゾートですが、ガイドの一番のおすすめは、敷地内の散策。朝や夕方にとっておきのスポットを探しにお散歩タイムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、11月までは、ホテル桟橋より日にち限定で打ち上げ花火もあるので、花火のスケジュールに合わせて滞在するのもいいかもしれません。

ANAインターコンチネンタル 万座ビーチリゾート
住所:沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260番地
TEL:098-966-1211
お電話での宿泊予約:IHG・ANAホテルズ予約センターTEL:0120-056-658(営業時間 09:00~18:00/日・元日休み)