東洋のガラパゴスで飲む

店内のカウンター側

店内のカウンター側

東京都は広くて大きい海洋都市である。沖の鳥島は日本最南端であり、南鳥島は日本最東端でもある。両島とも随分と離れた位置にありながら、どちらも東京都の小笠原諸島なのだ。そして世界自然遺産でもある。
東京本土、竹芝桟橋から約1000キロ。同じ東京都である伊豆諸島のはるか先、小笠原諸島の父島までは船で25時間30分もかかる。都内の移動なのに、6月にはじまるサッカーW杯のブラジル大会に観戦に出かけるような感覚といえる。戦後はアメリカ統治となり、1968年に日本に復帰しているが、アメリカの香も残る興味深い島だ。
空港のないこの父島をわたしは素敵だと思う。東洋のガラパゴスといわれるくらいなのだから飛行場とかゴルフ場っていうのはないほうがいい。ただし、これは旅人側の勝手な言い分なのかもしれない。

片岡大志氏

片岡大志氏

海にはバンドウイルカ、アオウミガメ、そして5月くらいまではザトウクジラが観られる。陸にはオガサワラオオコウモリをはじめ、本土では見られない固有種や稀少種の動植物がたくさん。トレッキングには最高だ。
そんな東洋のガラパゴスにもバーがある。そのひとつ、父島の母港、二見港のすぐ近く、メインの海岸通りにある『バー クレヨン』(BAR CREYON)を紹介する。
店に入ってすぐにカウンター席があり、背後の書棚の向こうにはテーブル席が広がっている。オムライスやピザ、パスタ、ステーキに地魚料理と食も充実しているレストラン・バーである。といいつつ、わたしは何も食べてはいないが、かなり美味しいとの評判だ。

ウイスキーは長旅をする

楽園とバナナン

楽園とバナナン

では得意の飲むほうの話をする。父島から船で2時間ほどの母島でつくっている小笠原ラムもいいけれど、洗練がいまいち。そんで店主の片岡大志氏に、島ラムを使ったオリジナルカクテルを頼むのである。片岡氏は、ほんとうに飲みますか、といった顔をしながら、わたしにはまったく似合わない緑色した「楽園」をハイビスカスまで添えてつくってくれる。ラムにブルーキュラソー、メロンリキュールのミドリ、グレープフルーツジュース、パイナップルジュース。説明するまでもなくトロピカルなミックスジュース感覚のカクテルである。南の島、しかも昼間に海の潮にまみれているから、とっても美味しい。あっというまに飲んでしまう。
調子に乗って『バナナン』も飲む。バナナリキュールにこの島のバナナも加わり、さらにミルクというレシピの一杯だ。バナナミルクであるから美味しいに決まっている。特産の島ラムや島バナナを使ってつくっているところがいい。父島で飲んでいるって心地がまた美味しさを高める。
飲んだシングルモルト

飲んだシングルモルト

で、結局はウイスキーを飲んでしまう。本土の都会のバーで飲むのと同じ世界になる。ただし、地元の方たちとカウンター席で話をしながら飲むとひと味ちがうのだ。スコッチのシングルモルトも、はるばるこの島まで旅をしてきたんだなと、いつもとは異なる感慨を覚える。
そして島の人たちの暮らしぶりを聞かせていただきながら飲むと、東京は、日本は広い。島の良さだけでなく、この島が抱えている問題点など、知らない日本がまだまだたくさんある。そして昔々の船の時代、港近くにあるバーがいかに重要な社交場であったか、外交の場であったかを再認識する。



バークレヨン

 

BAR CREYON
東京都小笠原村父島東町無番地
tel.0499-2-2093
19:00~3:00 不定休
チャージ無し、ウイスキー¥620~、カクテル¥520~、楽園・バナナン¥730


関連記事

東京・銀座『バー チェイス』中村誠吾氏/ジャズと酒
東京・国立バー『ジェム・ストーン』高野亮氏
渋谷『バー・アドニス』鈴木健司のミントジュレップ
赤坂『バー・ティアレ』水澤泰彦のカクテル
神楽坂『サンルーカル・バー』新橋清

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。