inu

気負わず始められるのも魅力♪

「愛犬のごはんは、作った方がいいのかもしれないけど、栄養学やバランスなどが難しくて挑戦できない…」そんな方にオススメなのが“トッピング犬ごはん”です。

 

“トッピング犬ごはん”ってなに?

トッピング犬ごはんとは、通常与えているドライフード(カリカリ)に色々な食材を乗せてあげる犬ごはんです。完全手作り食と、ドライフードの中間にある犬ごはんのスタイルです。完全手作り食に移行する期間に取り入れることもあります。また、「完全手作り食は不安や心配が多いけれど、何か手作りごはんの要素を取り入れてあげたい!」という飼い主さんが好むことが多いです。


栄養バランスは大丈夫?

「完全な手作り犬ごはんでは、栄養バランスが心配だけど、トッピングならベースはドッグフードだから安心」と、感じることから取り入れる方が多くいらっしゃいます。ただ、ベースがドッグフードであるからこそ、一つの食材を長期に渡ってトッピングに使い続けるのは、おすすめ出来ません。カリカリとも呼ばれるドッグフードは、正式には総合栄養食と言われ、“これと水だけで必要な栄養素を補える”という目的で作られているからです。

ですが、ドライフードの製造過程でどうしても失われてしまう栄養素を取り入れることが出来たり、飼い主さんの愛情をダイレクトに感じられる事も“トッピング犬ごはん”の魅力です。


市販のドッグフードってダメなの?

手作り犬ごはんの話や、トッピングの話を聞くと「市販のドッグフードってダメなの?」と感じてしまうことも多いでしょう。手作り犬ごはんにメリットとデメリットがあるように、市販のペットフードにもメリットとデメリットがあります。だから、どちらが良い悪いではなく、わんちゃんの体調と飼い主さんのライフスタイルに合わせて選んでいけば良いのです。

では、具体的にどのような食材を、どのようにトッピングしていけば良いのでしょうか?次のページでお伝えします。



ドライフードでは摂りにくい栄養素は?

ドライフードの作り方は、簡単にいうとクッキー作りに似ています。原材料を粉状にして、水などで練って形を整えて焼き上げる、という工程を採用しているメーカーが大半です。加熱によって失われやすい栄養素は、後でサプリメントのような形で添加して栄養バランスを整えます。


では、どのような食材を選べばいい?

vege

彩りよく選ぶと、結果的に色々な栄養素を摂れます

加熱によって失われてしまう栄養素、加熱に弱い食物酵素や発酵食、油などをトッピングしていくことがおすすめです。 

  • ビタミンC
加熱することで失われてしまう栄養素の代表格です。

通常、犬は体内でビタミンCを作る事が出来ると言われています。ですが、ビタミンCはストレスなどで失われます。現代のわんちゃんは何かとストレスが多いもの。皮膚や粘膜の健康の為にも取り入れたい栄養素です。
……いちご、ピーマン、パセリ、キャベツなど。さつまいも、パプリカなどに含まれるビタミンCは加熱しても失われにくいことが特徴です。

  • ビタミンB群
多くの種類があり、お互いを助け合っているビタミンB群。たんぱく質、炭水化物、脂質の三大栄養素の消化吸収を助けたり、元気をキープしていく為にも取り入れたい栄養素です。

加熱した方が良い食材が多いので、灰汁が強い食材以外は蒸す、もしくは茹で汁ごと与えることがオススメです。
……肉類、卵、魚類、レバー、玄米、全粒粉など

  • 発酵食
発酵食品は、健康の要である腸内環境を整え、免疫力を高めてくれる働きをします。

種類にもよりますが、発酵食品は50~60度ぐらいを越えてしまうと失活してしまいます。加熱したからといって、発酵食品ならではの働きが期待出来なくなるわけではありませんが、できれば適した形で取り入れて行きたいものです。
……納豆(よく練って)、無糖ヨーグルト、チーズなど

  • 加熱に弱い油
オメガ3脂肪酸と呼ばれる油は必須脂肪酸のひとつで、食事から摂る必要があります。血液をサラサラにして、炎症を鎮める働きを持っています。加熱にとても弱く、酸化(劣化)しやすいため、食べる直前にかけてあげることが望ましいです。
……亜麻仁油、しそ油、えごま油など

  • 旬の食材
年間通して、同じ栄養価で、同じ食材を取り入れられるのは市販のフードのメリット。ですが、食材には“旬”があります。せっかくトッピングするのであれば、旬の食材を意識するのも良いでしょう。季節に適した栄養素を取り入れることができます。

実際に与える時のポイント

topping

初めての食材は少量から与えましょう

トッピング犬ごはんにする場合、いつものドライフードを7~8割ほどに減らしてください。食材は小さじ半分程度の量から始めて、太ってきていないか?痩せてきていないか? など、体調を見ながら調整するようにしましょう。


 


慣れてきて、完全に手作り犬ごはんに挑戦してみたい方はコチラの記事を参考にしてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。