ボールペンを使っていて、誤ってYシャツの袖口などを汚してしまったということは誰しも一度はあるのでは。

これは、そうした時の救世主になってくれるかもしれない。ドイツ生まれのシミ取り剤「ステインデビルス」。今回は「ボールペン/クレヨン用」を使って様々なペンを実際に試してみた。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

ドクターベックマン ステインデビルス ボールペン/クレヨン用 


なめらかボールペンの場合

まずは、今巷でよく使われているなめらかボールペン3本のインクの落ち具合をチェックしてみた。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

上から三菱鉛筆 ジェットストリーム、
ぺんてる ビクーニャ
ゼブラ スラリ

使用したYシャツはコットン100%のオックスフォード生地。そこに上記3種類のボールペンで書き、「ステインデビルス」でインク落としを行ってみた。手順は「ステインデビルス」の取り扱い説明書どおりに実施した。

【1】まず、Yシャツの下にあて布を敷く。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

 

【2】筆跡の上に「ステインデビルス」をタップリとかけて湿らせる。

【3】3~10分間そのまま放置するとあったので、今回のテストでは一律10分間放置した。

【4】10分経ったら、水を含ませたキレイな布でインク部分をひたすらたたく。

以下の写真がなめらかボールペンで試しものだ。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

上から三菱鉛筆 ジェットストリーム、
ぺんてる ビクーニャ
ゼブラ スラリ

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

「ステインデビルス」を筆跡の上から直接かける

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

すると結構すぐにインクの成分の分解がはじまる。じんわりとインクが広がりだす。

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

ご覧のとおり下に敷いたあて布にまでインクがしみ出している

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

10分間そのまま放置したら、水を含ませたキレイな布でひたすらたたく

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

インク落としをした結果(一回目)

上記手順(1回)でインク落としを行った印象としてはなめらかボールペンでは100%全て消えたとは言い切れないが、概ね95%程度は消えたという感じだ。「ジェットストリーム」はうっすらとほんのわずかに残っている印象。「ビクーニャ」はギザギザに書いた角のところだけ少し残っていた。「スラリ」は他の2本に比べて紫色が少し残っていた。

ちなみにメーカーによると、1回の処置でキレイにとれなかった場合は、この手順を繰り返すといいという。


ゲルインクボールペンの場合

次にゲルインクボールペンで試した。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

使用したのはぺんてる エナージェル
ゼブラ  サラサ

結果は以下の写真のとおり。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

上がエナージェル
下がゼブラ サラサ

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

「ステインデビルズ」をかけた直後の様子

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

10分経った様子

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

「エナージェル」はどこに書いたかがもはや分からないくらいになった。
一方「サラサ」はうっすらだが、どこに書いたかがわかるくらいに残っていた。(*シミ取り処置1回)



マーカー系ペンの場合

「ステインデビルス」の本体ラベルには英語で「Ballpoint pen」だけでなく「Tip Maker」とあったのでこちらも念のため試してみた。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

使用したのはぺんてる サインペン
寺西化学工業 マジックインキ大型
ゼブラ 蛍光マーカー

結果は、以下のとおり。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

上からぺんてる サインペン
寺西化学工業 マジックインキ大型
ゼブラ 蛍光マーカー

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

「ステインデビルス」をかけた直後の様子

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

10分間経った時の様子

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

ひたすらたたいてもここまでしか落ちなかった

ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

同じ手順で二回目を試してみた。
多少落ちてはいるが、「マジック」は手強かった。

中でも一番落ちたのは「サインペン」。ほんのわずかに残っている程度となった。蛍光マーカーもだいぶ消えてはいるが、そもそも蛍光色なので、薄くなりつつも少々目立っていた。

逆にあまり消えなかったのは「マジック」。後日、メーカーの方からマジックを落とすには、水を含ませた布でたたくのとあわせて、スプーンなど硬いものでこすると効果的と伺った。1週間以上経ってから試してみたが、たしかに結構落ちた。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

1週間以上経ってから、スプーンでこするという方法を試したが、たしかに結構落ちた。サインペンと蛍光マーカーはもはや分からないくらいになった。

というわけで、全てにおいて万能に落ちたとはいかなかったが、モノによっては結構落ちるというのが私の実際に使ってみての率直な印象。基本的には、同じ手順を何度も行って落としていくもののようだ。とは言え、ふつうの洗剤に比べてはるかに落ちるのは確かだ。万が一のためにひとつ持っていると安心だと思う。価格も500円+Taxとお手頃なので。
ステインデビルズundefinedボールペン/クレヨン用

「ステインデビルス」ボールペン/クレヨン用 500円+Tax


*関連リンク
「ステインデビルス」ボールペン/クレヨン用


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。