普賢象 フゲンゾウ

関山とともに晩春の新宿御苑の桜を代表するのが普賢象(フゲンゾウ)。

葉は生え始めは赤っぽく、徐々に緑になり、秋には紅く紅葉する

花期が長い普賢象。最初は薄紅色で、だんだん白くなり、最後は中央が赤く染まる

変わった名前の由来は、花の中央から2本の雌しべが出ていて、それが普賢菩薩が乗る像の花に形が似ているためにこの名前がついたそうだ。

室町時代にはすでに知られていたというからサトザクラの中でもけっこう古い

花の中央から出ている2本の雌しべが象の鼻の形に似ている

普賢象の動画はこちら。また、新宿御苑を代表する晩春の桜である普賢象と関山が並んでいた。見比べてみるとわかりやすい。動画はこちら。こちらも数はけっこうあるので、すぐ見つかるはず。