CAの好感度メイクで「明るい人」という印象に

image

明るい印象に見せる!CAの好感度メイク

新生活スタートの4月。入社、部署異動などで新たな人間関係がスタートしたという方も多いのではないでしょうか。

そんな初対面の人が多い4月に大切なことは「明るい印象」に見せること。最初は誰もが「この人どんな人なんだろう」と探り探りの状態。そこで「明るい人だな」と思ってもらえれば、距離もグンと縮めやすくなりその後の人間関係も楽になるはず。

CAは毎日初対面のお客様と会います。そのためいつでも明るい印象に見せることが重要。そんなCAの好感度重視のメイクは一般的なメイクとは少し違うポイントがあります。ここではほんのちょっとしたコツで明るさを倍増させるメイクのポイントを3つお伝えします。

 

血色感チークで内側から滲み出る明るさを

image

血色感チークで明るい表情に

まず最も大切なのがチーク。明るい人のトレードマーク、ほんのり色づいたピンクのほっぺを演出してくれる好感度メイクの主役的アイテムです。

しかしその重要性は軽視されがちで「マスカラは欠かせないけどチークはなくてもいいや」と考えている女性も多いもの。それはとてももったいない! チークを使いこなし内側から滲み出るような自然な血色感を作り出せば、表情まで明るく見えます。

チークのポイントは「広範囲にぼかすこと」。明るさをプラスしたいからといって濃くしすぎると不自然な印象になってしまいます。その点広範囲にぼかす分には自然に明るさをプラスすることができます。明るさは「濃さ」ではなく「広さ」で調節しましょう。

自然に見えるコツは笑った時に一番高くなる頬の中心を一番濃くすること。そこから徐々に耳のあたりまでぼかしていきましょう。横顔部分にもチークをぼかすことで横から見ても明るい印象になるうえに、顔の空白部分が少なくなるので小顔に見える効果もあります。