【新商品】 LIXIL

住宅のテイストに合わせて選べる「シングルシャッターS」「ワイドシャッターS」


駐車スペースプランを検討する際には、車の出入り口となる扉やゲートのスタイルも重要なポイント。エクステリア商品としての駐車スペース用の扉やゲートには、シャッターや引き戸、はね上げタイプや折れ戸、伸縮タイプなどがみられますが、それぞれに特徴があるので、敷地や使い勝手、防犯性やデザイン性などを考慮して選ぶようにしましょう。

LIXILからは、戸建て住宅向けの車庫用シャッターとして、住宅の外観テイストに合わせてトータルコーディネートを楽しめる「シングルシャッターS」「ワイドシャッターS」(Cタイプ/Fタイプ)を、TOEXブランドから発売。LIXILの外装壁タイルやエクステリア商品とのトータルコーディネートが可能な商品です。

LIXIL

「ワイドシャッターS Cタイプ」 アルミパイプ、タイル仕上げ タイル:エクセンシア ECA-2


住まいの外まわりの印象を左右する駐車スペース。その出入り口ともなるシャッターは、使い勝手や機能性、安全性はもとより、住宅の外観に馴染むデザイン性も求められるもの。「シングルシャッターS」(1台用)と「ワイドシャッターS」(2台用)は、住宅の外壁に合わせて表面仕上げ(タイル仕上げ・塗り仕上げ)が選べるCタイプとアルミ形材のシャープなデザインと豊富なカラーバリエーションのFタイプの2種類が用意されています。

Cタイプのタイル仕上げは、細割ボーダーや複雑な色合いを持つタイルなど豊富なバリエーションから選ぶことが可能。LIXILの弾性接着剤張り工法(はるかべ工法)を採用しているので、短工期ですむのも魅力でしょう。塗り仕上げは、コテ仕上げやくし引き仕上げ、ローラー仕上げなどが揃っています。下地ボードは、アルミ形材性の芯材に窯業系サイディングを張ったユニット構造。側面部ユニットと前面パネルユニットを組み合わせ、シャッター取り付け後すぐに表面仕上げを行う簡単施工も特徴です。

Fタイプは、アルミ形材の質感を活かし、モダン住宅にマッチするシンプルでシャープなデザイン。本体フレーム色(壁ユニット)はさまざまな外観デザインにも合わせやすい「オータムブラウン」「シャイングレー」「ブラック」「ナチュラルシルバーF」のほか、前面パネルに木目色「クリエカラー」をアクセントにした3色も用意されています。玄関ドア・門扉・エクステリアなど、LIXILの他商品とのトータルコーディネートも可能とか。

いずれも、シャッター本体は通風性のあるステンレスパイプ・アルミパイプ、外からの視線を遮りプライバシーを守る全面目隠しタイプのアルミスラット、アルミパイプとアルミスラットを組み合わせたコンビタイプのハイリンクの 4種類から選ぶことも。

また、「ワイドシャッターS」で20~30秒(50Hz)とスムーズな開閉速度に設定。(「シングルシャッターSFタイプ」のみ、手動タイプも用意。)雨の日でも車から降りることなく、リモコン操作でシャッターを自動開閉することも。安全面では、本体ユニットには、挟まれ事故防止に役立つ非接触型の光電センサー(2ビーム式)を採用。「ワイドシャッターS」には、万一開閉機のチェーンが切れたり外れたりした場合でもシャッターの急激な降下を防ぐ装置を装備しているとか。もちろん、停電時でも手動で動かすことが可能です。

【参考価格】
「ワイドシャッターS Fタイプ」(2台用)…1,783,000円 ※消費税、工事費、配送費別
シャッター:ステンレスパイプ、色:シャイングレー、
サイズ:幅 51高さ 23(幅 5,400mm×高さ 2,933mm×奥行 714mm)

■詳細情報  LIXIL 





匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。