効果が高いエコリフォームのアイデアいろいろ

もともとリフォームは、使える部分は大事に使って残し、交換が必要な部分だけをリニューアルするものですから、建て替えに比べて廃材が少なく、とてもエコです。そのエコなリフォームに、小さな工夫を加えてさらにエコにしましょう。ここでは、快適&省エネ効果が高いエコリフォームのアイデアをいくつかご紹介します。

断熱リフォームで外気の影響を受け難くする

手軽で効果が高いリフォームと言えば、屋根裏、床下、窓の断熱リフォームです。どれも工事は短期間で、快適&省エネ効果が高いのが特徴です。屋根裏と床下は潜って吹き付けたり、はめ込んだりするだけ、窓は内窓の取り付け、断熱ガラスへの交換、断熱サッシへの交換などを行います。工事内容の詳細を知りたい方は下記をご覧ください。
■断熱リフォームで手軽に省エネ&快適

 

遮熱で夏を涼しく、蓄熱で冬を暖かく過ごす

夏の暑さの大きな原因となっているのは日射熱です。夏はこの熱を遮ることで、家の中を涼しくすることができますし、冬はこの日射熱を取り込むことで暖かく暮らせます。太陽熱を上手にコントロールするには、窓に開閉式のオーニングを取り付けておくと便利です。夏は日差しを入れない、冬はたっぷり取り込む、この2つを意識してリフォームするだけでも、家はとても快適になります。

オーニングなら開閉自由。家の外に取り付けることでより効果は大きくなる(室温28度でも涼しい家になる!節電リフォーム術より)

オーニングなら開閉自由。家の外に取り付けることでより効果は大きくなる(室温28度でも涼しい家になる!節電リフォーム術より


また外部の塗装の際には遮熱塗料を使うなども効果があります。日射熱の効果的な防ぎ方と、遮熱塗料については下記をご覧下さい。
■室温28度でも涼しい家になる!節電リフォーム術
■注目の塗料は、維持管理+省エネ性能アップが同時にできる遮熱塗料

風通しよくするリフォーム

風通しよくするには、風の入口と出口の2ヵ所を向かい合わせること。

風通しよくするには、風の入口と出口の2ヵ所を向かい合わせること。

暑い夏も風があれば体感温度が下がります。家を風通しよくすれば、それだけで家の中が快適になります。

風通しよくするには、風の道筋を考えたリフォームをすることです。風の入口と出口の2ヵ所を向かい合わせて、風がまっすぐ抜けるように工夫しましょう。
■窓リフォームで部屋の風通しをよくする工夫
■マンションの風通しをよくするリフォーム

 

自然素材で室内環境をコントロールするリフォーム

漆喰や珪藻土、無垢の床材などの自然素材には調湿機能があるので、室内の環境を快適に整えてくれます。梅雨時はサラサラ気持ちよく、冬は乾燥しすぎることもなく、結露を防ぐ機能もあります。自然素材リフォームのポイントは下記をご覧下さい。
■自然素材リフォームで快適健康な家作り

省エネや創エネ設備でエコリフォーム

屋根の上に乗せるソーラーシステムには大きく分けて2種類あります。太陽熱で直接お湯を暖めるタイプと、太陽熱を電気エネルギーに変換するタイプです。また家の中の設備選びの際には、節水便器や水栓金具、お湯が冷めにくい浴槽、省エネタイプの給湯器、LED照明などを上手に選んで、省エネな家づくりを目指しましょう。

エコリフォームのタイミングは?

我が家のリフォームのタイミングにあわせてエコな家を目指そう。

我が家のリフォームのタイミングにあわせてエコな家を目指そう。

エコリフォームをしてエコな暮らしを早くスタートすれば、その分だけ早く快適&省エネな暮らしを始めることができます。と言ってもエコのためだけにリフォームするのは、なかなか難しい面も多いことでしょう。

家は10年おきに外壁塗装、20年経ったら水まわりの交換など、維持管理や生活スタイルの変化に合わせた定期的なリフォームが必要です。その我が家のリフォームのタイミングにあわせて、一緒にエコリフォームを行いましょう。快適を目指せば自然とエコになる、そんなリフォームを目指していきましょう。

 

【関連記事】
■築20年目にやっておきたいリフォーム-省エネ編
■築20年目にやっておきたいリフォーム-間取り編


Copyright(c)2014 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。