アートを楽しむ北海道旅行はいかが?

石の彫刻と体育館

「アルテピアッツァ美唄」 かつての小学校の校庭に点在する彫刻

北海道旅行の醍醐味といえば、大自然とグルメですが、そこに“アート”という新たな要素を入れて、あなたらしい旅をしてみませんか? 今回は、札幌から1時間弱の美唄市にある「アルテピアッツァ美唄」をご紹介します。広大な敷地に点在する彫刻、ノスタルジックな木造校舎、自然が織りなす四季折々の風景……。美術館巡りが好きな方も満足すること間違いなしの、隠れ家的なアート施設です。


札幌から1時間で美唄市へ

木造校舎外観

緑と静寂が旅人を迎えてくれる場所

札幌からJR函館本線の特急列車で40分、新千歳空港から90分ほどの美唄駅。ここから「アルテピアッツァ美唄行き」のバスに20分ほど揺られると、目的地に到着です。バスを降りてなだらかな丘を登りきると目に飛び込んでくるのは、青々とした芝生に点在する彫刻の数々。自然とアートが見事に融合しています。「美しい唄」と書くその地名に違わず、静寂のなか聞こえてくる鳥のさえずりはまるで唄のようで、日々の喧騒を忘れさせてくれる場所です。


世界的な彫刻家、安田侃さんの作品に触れる

白大理石の彫刻

展示されているのは安田侃さんの作品

芝生に横たわる白大理石やブロンズの抽象彫刻、大理石で造られた石舞台などは、どれも世界的な彫刻家、安田侃さんの作品です。安田侃さんは美唄市出身の彫刻家。大学卒業までを北海道で過ごし、東京芸術大学大学院で彫刻を学んだ後、イタリアへ渡り、現在もイタリアを拠点に活動されています。コロンとした形状の大理石彫刻は安田さんの代表作。、東京ミッドタウンや東京国際フォーラム、北海道内では、JR札幌駅や北海道知事公館、札幌ドームでも目にすることができます。

ブロンズ彫刻

敷地内には40もの作品が展示されている

アルテピアッツァの「アルテ」はイタリア語で「芸術」、「ピアッツァ」は「広場」の意味。7万平方メートルもの広大な敷地には、古い木造校舎があり、1階の一部は幼稚園として、2階は彫刻を展示するギャラリーとして使われています。旧体育館を改装したアートスペースや大理石で作られた野外の石舞台では、クラシックやジャズのコンサート、講演会なども開催されています。

 

触れられる芸術作品

実際に作品に触れて楽しむのもOK!

この施設の大きな特徴のひとつが、彫刻作品に触られるということ。実際に石の彫刻を触ってみると、ひんやりしているのに、柔らかく温もりのある感触に驚きます。春夏秋冬、どの季節に訪れても子どもたちが彫刻の周りを走り回りながら遊んでいる姿がとても微笑ましいのですが、せっかくですから大人も、たまにはアートを体感してみても良いかもしれませんよ。