最初に揃えるべきものは?

八ヶ岳にて

服装はとりあえず動きやすいもので大丈夫

初めての山歩き、どんなコースを選ぶのかによって必要なものが異なります。たとえば、1~2時間程度で歩くことができる手軽なハイキングコースであれば、手持ちの靴、動きやすい服でとりあえず行ってみても大丈夫。でも、4~5時間以上の本格的な登山を考えているなら、やはりしっかりとした装備をおすすめします。

トレッキングに最低限必要な装備といえば、登山靴、レインウェア、バックパックの3つ。他にもアンダーウェアや機能性タイツなど、揃えたいグッズはたくさんありますが、まずは上記の3つがあれば、ある程度快適なトレッキングを体験することが可能です。

私の場合、初めての本格登山は富士山でした。富士登山用に用意した靴やレインウェア、バックパックは、その後も2000~3000メートル級の日帰り登山に出かける度に、大いに活躍してくれます。もしこれから本格的なトレッキングを始めてみたいと考えているなら、まずはこの3つを揃えてみましょう。

 


トレッキングシューズ

軽登山用

コロンビアのタルスリッジミッドを愛用。軽登山用で軽くて快適。

山用の靴は、足の疲れを軽減し、岩場やぬかるみでも滑りにくいので、普通のシューズよりも快適な山歩きを楽しめます。アウトドアショップの靴売り場に行くと登山靴がたくさん並んでいますが、大きく分けると次の3つのタイプ。

一つは、ハイキングなど高低差があまりない低山の登山に適しているハイキングシューズ。足首までサポートするホールドタイプなら足首をケガから守ってくれます。もうひとつは標高2000メートルぐらいまでの山を想定したトレッキングシューズ。グリップ力の高い靴底と衝撃吸収力の高いクッション性能が備わっていて、日帰りから山小屋1泊程度の登山を想定しています。テントや食料を背負っていくような本気の登山には本格マウンテンシューズを選びましょう。作りが全体的にがっしりしていて、保温力も高く、標高2000メートル以上の山や冬の雪道にも欠かせません。足全体をしっかりとサポートし、ワンタッチ式のアイゼンを装着できるタイプがオススメです。

アウトドアショップでは足のサイズを測ってオススメの靴を紹介してくれますので、スタッフに登山の目的と登る予定の山を伝えて相談すれば、より的確なアドバイスをもらえますよ。



レインウェア

レインウェア

夏の野外音楽フェスでも大活躍

レインウェアがなぜ大事かというと、山の天気は変わりやすいからです。朝すっきり晴れていたからといって、雨が降らないとは限りません。山に行くときはいつも「雨が降るかもしれない」と考えて持ち物を選びます。そしてもうひとつ大事なことは、服がぬれると急激に体温が奪われるということ。標高が高く気温の低い場所にいると、服がぬれただけで命取りになりかねません。

ただし、レインコートがあれば大丈夫かというと、登山中は運動をしている状態のため、思ったより汗をかきます。安物のレインコートではムレて余計に汗をかき、自分の汗で服がぬれてしまうことも。レインウェアは高性能であればそれだけ快適度が増しますので、選ぶときは防水性と透湿性の両方に注目しましょう。

 

レインウェア

雨が降っていないときも防寒着として活躍

レインウェアを選ぶときのポイントは、機能面も大事ですがデザインも重視することをおすすめします。なぜなら、雨のとき以外にも防寒着として着る機会が多いからです。着る機会の多いウェアだからこそ、かっこよく着こなしたいもの。お気に入りの色、形、デザインのものを納得がいくまで探してみましょう。

 

バックパック

たとえ日帰りでも、山歩きの荷物はけっこうかさばるもの。防寒着にレインウェア、食料や飲み物に加えて、山で温かいコーヒーを飲んだりインスタントラーメンを作ったりしたいなら鍋になるクッカーやコンロとして使うストーブも持ち運びたいですね。バックパックは、これらのたくさんの荷物を運べる上に両手が自由に使えるから、トレッキングには欠かせません。日帰りなら20~30リットル程度、山小屋泊なら40リットルぐらいの大きさのものが便利です。自分の荷物と見比べて必要な大きさを決めましょう。

バックパック

最近はサレワの30リットルを愛用

ちなみに、私が富士登山用に用意したバックパックは25リットルサイズ。富士山の場合、水や食料はほとんど現地で調達できるので、必要最低限の荷物とペットボトルなどのごみが入れば十分。最初のうちは、なるべく荷物を軽くすることが登山を楽しむ秘訣でもあります。容量が決まったら、背負いやすい形や使いやすい機能などを探してお気に入りを見つけましょう。

 

レンタルもあります

レインウェアと靴とバックパック。最低限必要なこの3種類だけでも、お気に入りのものを揃えるとなると、けっこうな金額になります。たまにしか使わないのなら、ひとまずレンタルでいろいろなものを試してみるのもおすすめです。最近は山グッズのレンタルを専門に行っている業者がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

山ガールのための登山グッズレンタルショップ「キュートレック」
山グッズレンタルのパイオニア「やまどうぐレンタル屋」
登山用品専門店ICI石井スポーツ「レンタル山専」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。