TETSUHARUundefined72年東京生まれ。関東国際高校演劇科、桐朋短期大学演劇科を卒業。ダンサーを経て振付師、演出家に。SMAP、AKB48、安室奈美恵、Kis-My-Ft2などアーティストの振付多数。舞台では『ロミオ&ジュリエット』『ロックオペラundefinedモーツァルト』などを振付。演出・振付を兼ねた舞台に『ドリーム・ハイ』『タンブリングvol.3』などがある。(C) Marino Matsushima

TETSUHARU 72年東京生まれ。関東国際高校演劇科、桐朋短期大学演劇科を卒業。ダンサーを経て振付師、演出家に。SMAP、AKB48、安室奈美恵、Kis-My-Ft2などアーティストの振付多数。舞台では『ロミオ&ジュリエット』『ロックオペラ モーツァルト』などを振付。演出・振付を兼ねた舞台に『ドリーム・ハイ』『タンブリングvol.3』などがある。(C) Marino Matsushima

*3ページ目にて『イン・ザ・ハイツ』観劇レポートを掲載*

3月上旬、稽古場を訪れると1幕の振付真っ最中。主人公の一人ウスナビが憧れのヴァネッサと初デートにこぎつけるものの、訪れたクラブでなかなか一緒に踊れないというシーンです。サルサ音楽の響く中、はじめはただ大勢がひしめいているだけのように見えますが、次第に上手(舞台右)はヴァネッサがモテモテぶりを発揮し、下手はそれに焼きもちを焼くウスナビの空間に分かれ、それぞれにドラマが展開してゆくことが判明。ヴァネッサに男性客たちが「踊りませんか?」とモーションをかけるくだりでは、一人ずつ異なるアプローチをするなど、緻密な振付に目が引き寄せられます。

『イン・ザ・ハイツ』稽古風景

『イン・ザ・ハイツ』稽古風景

TETSUHARUさんはというと、舞台全体を見まわしているかと思えば、あちらこちらへ動きながら役者たちの並びや立ち位置を修正したり、新たな動きを付け加えたり。役者たちも「それはこういうことですか?」「こういうのはどうですか?」と積極的にTETSUHARUさんと言葉を交わし、納得しながら体に入れ込んでいます。真剣かつオープンな空気の中、日本版『イン・ザ・ハイツ』は少しずつその輪郭を見せ始めていました。

ミュージカル最先端をゆく『イン・ザ・ハイツ』を日本人が演じる意味

――お稽古を拝見しましたが、とても緻密に作っていらっしゃいますね。

「結果的にそうなっていますね。今回はみんなとてもモチベーションが高くて、全員で山を登っているという感じかな。ここまで詰めなくてもと思うようなことでもみんなで話し合ったり、自分の出ていないシーンであってもいろいろ考えて、さらにいい言葉や立ち位置を考えたりしています」

――ウスナビを演じる(Def Techの)Microさんは初ミュージカルということですが、お芝居の空間に自然に馴染んでいらして驚きました。
『イン・ザ・ハイツ』製作発表で歌披露をする松下優也さん、Microさんら

『イン・ザ・ハイツ』製作発表で歌披露をする松下優也さん、Microさんら

「Microさんは今回、自分以外の全員が先輩という気持ちをもって臨んでくださっています。ウスナビ役は海外でこれまで沢山の俳優の方が演じていますが、ほぼ皆ハンチング帽をかぶっているんですよね。今回、宣伝写真撮影の頃には“ご自身に似合うものがあればハンチングでなくても”と話していたんですが、本読みが進んでいく中でMicroさんのほうから頭丸めてハンチングを買ってきて、“ここにいる間は自分はウスナビとして出来る限り存在したい”と言ってくれたんです。これほどの意気込みで取り組んでもらってるので、僕もそれに対して全力で取り組まないと、と日々励んでいます。

もう一人の主人公、ベニー役の松下優也さんは、ご一緒するのは二度目ですが、若手ながら類まれな才能を持っている歌手だと思うし、舞台経験もここ数年でかなり積んで、俳優としても成長著しくなっていると思います。そんな彼の勢いがもっと加速できて、彼にとってもやりがいのある作品となるよう、一緒に作ってきています」

――『イン・ザ・ハイツ』アメリカ版はご覧になっているのですか?

「カリフォルニアに全米ツアー版を観に行きました。とても興奮しましたね。作品のテーマもキャストも良かったし、音楽もこれまでにないスタイルでとてもパワフル。観終わったあとに他の観客がとてもあったかい笑顔をしていて、いい舞台というのはお客様をこういう表情にするのだなと思いました。人と人とのつながりであったり、そこで生まれる思いやりを再認識できる作品ですよね」

――難しいと言われていた日本人キャスト版が実現し、その演出を担当することになった時には?

「解消しなくてはいけない不安はありました。ラテン音楽がまだ日本にそれほど定着していない中で、僕が振付と演出をさせていただく意味を考えましたが、全くオリジナルをなぞるのではなく“僕が出来ることをやる”という前提でお話をいただいたのだと解釈しました。振付にしても、全部をサルサでやるとなれば、俳優でなくサルサ・ダンサーに出演したもらったほうがそれらしくはなる。でも、サルサという音楽自体、もともと移民の持ち込んだ中南米音楽とアメリカの文化が融合して生まれたものなんですよね。その移民たちの子孫にとっては、ヒップホップも自分たちの音楽になっていて、本作に登場します。この文化が今回海を渡って日本に来て、日本人なりの人間愛が描けたら。僕らなりの最高の形が作れたら、それが新しい『イン・ザ・ハイツ』として日本の皆さんに受け入れてもらえるんじゃないかなと思っています。
『イン・ザ・ハイツ』

『イン・ザ・ハイツ』

今回、歌詞を(日本人アーティストの)KREVAさんにお願いしたのですが、出来上がったラップのデモ音源を聞いた時に鳥肌が立って、一つの大きなハードルを簡単に超えることができたと感じました。こんなに自然に、インパクトのある日本語が音楽に乗っている。これが日本版『イン・ザ・ハイツ』なんだ、と。物語を日本語に訳していく中で、人種や宗教などいろいろな要素があると思いますが、それらを分かり易く日本のお客様に伝え、理解していただけるようにするのに、KREVAさんの歌詞は非常に大きな位置を占めています。この言葉をしっかり届けられるよう、各シーン作りをしっかりやっていこうという気持ちになりました」

――歌詞がインスピレーションになったということですが、それを表現するにあたって重きを置いていることは?

『イン・ザ・ハイツ』稽古風景

『イン・ザ・ハイツ』稽古風景

「ラップでは時に意味よりも韻を踏むことを優先するため、ややもすると意味的には関係のない言葉が入ってきたりするので、ラップの特性を生かしながら言葉を伝えるのは、なかなか厄介です。一小節の中に言葉がたくさん入ってくると早口になってしまう。それをジェスチャーなど、視覚的に補ったりすることはあります。また、翻訳にあたってこういう表現はそもそも日本語にはない、ということもあるので、日本なりにアレンジして、その雰囲気を出せるような言葉を選んだり、キャストと一緒にアイディアを出し合ったりもしています。やっぱり言葉が分からないと、お話が分からなくなってしまいますから。ただ、歌のもっている力というものもものすごく分かるので、歌の持っているイメージや波動もしっかりと伝えたい。言葉が心に響くかどうかを一番気にしながら作っています」

――どんな舞台にしたいと思っていらっしゃいますか?

「観終わった後に、お客様が気持ちよく、温かい気持ちになって笑顔で帰れるような作品にしたいですね。ラテン・ミュージックの持っている華やかさ力強さを味わいながら、お金がなくても本当に大事なものを知っていて、愛に溢れている人々の姿を観ることで、自分の大事なものは見渡せばすぐ近くにあるんだということを、お客様なりに発見できるきっかけになればいいなと思います」


音楽一家に生まれた少年が、縁に導かれてミュージカルの演出へ

――TETSUHARUさんはダンサー出身でいらっしゃいますが、高校、短大では演劇科で演劇を学んでいらっしゃったのですね。もともと演劇少年だったのですか?

「いえ、もともとはミュージシャンを目指していました。父がジャズミュージシャン、兄が作曲家、姉がジャズシンガーと言う音楽一家に育ち、特に打楽器が好きで、アフリカやサルサのリズムを紐解いていた時期もあります。高校と短大で演劇科に行ったのは、表現として、演劇は何かの肥やしになるんじゃないかと思ったからです。音楽もダンスも自分で学べるけど、演劇の勉強って一人では限界があるし、専門的なところに行かないと勉強できないのでは、と。

行ってみて驚いたのが、高校では一つのメソッドをベースに勉強していたのですが、短大に入ったら授業ごとに異なる演出家が、共通する部分もないわけではないけど、それぞれ違う方法論を教えてくれるんです。“最終的に自分に合うものを選びなさい”というスタイルなんですね。混乱するけど、様々な勉強をさせてもらったことが、今ではよかったなと思えます。

学生時代は歌舞伎座大道具でアルバイトをしたりもしていました。舞台装置の裏に隠れて、芝居のタイミングで紐をぱっと引っ張って装置のパネルが落ちるようなことをやったり、お風呂の掃除をしたり。スタッフの中では、黒衣さんは唯一舞台で見えてもいい存在で、アルバイトの僕からすれば“スター”。いつも黒衣の人たちをかっこいいなあと思ってみていました。

卒業後、ドラマーとダンサーのどちらに行くかを決めかねていて、どちらもやっているうちにだんだんダンスの方に魅力を感じるようになり、そちらに絞ることにしました。ミュージカルのアンサンブルや、アーティストのバックダンサーなども経験して行くうちに、振付を担当するようになったんです」

――SMAPや安室奈美恵さんら、J-POPアーティストの振付を数多く担当されつつ、舞台作品の振付も手掛けるようになったのですね。

「アーティストのために一曲の中のドラマを作るということと、ストーリーのあるミュージカルの振付を作るということは、基本的には同じですがアプローチは異なります。基本的には踊る人がキラッと光るために、どこをつついたらいいかを追求するわけですが、舞台の方が一つ一つの動きに意味がでてくるので、ストーリーと関わりなく“今カッコいいもの”を追求すればいいというものではないんですね。その“ひとひねり”の楽しさを経験して、(舞台の仕事に)引き寄せられて行きました。ストーリー性のあるダンスステージを作ったことがきっかけで、“こういうものを創るなら、言葉のあるミュージカルも出来るのでは”ということで、演出までお声がかかるようになってきたんです」

――多くのミュージカルファンにTETSUHARUさんの名前が刻まれたのが、振付を担当された『ロミオ&ジュリエット』だったかと思います。
『ロミオ&ジュリエット』撮影:渡部孝弘

『ロミオ&ジュリエット』撮影:渡部孝弘

「『ロミオ&ジュリエット』の振付をさせて頂いた時には、演出の小池修一郎先生がオリジナルな舞台を創りたいという気持ちが強くて、傍ですごく勉強させていただきました。僕の意見をしっかり聴いて下さったので気を遣うこともなく、自分の意見を素直に言ってモノづくりができる有意義な時間でした。演出だけをやっていたら他の演出家が仕事をしている様子を観る機会はそんなにないと思うんですけど、僕は振付をやっていたことで、たくさんの、素晴らしいキャリアのある方々の作品創り、熱意や思いを肌で感じることができ、それが自然と自分の創作に生かされるようになってるんじゃないかなと思います」

――振付家として、演出家としてどんなポリシーをお持ちですか?

「演者が一番気持ちよく、なおかつしっかりそのシーンで存在し、そしてそこで何を一番言いたいかが分かる振付を考えています。僕が作ることで僕の主張は自然に出てくると思うので、変にこだわったり、演者に合わないのに絶対に変えない、というようなことはしません。それよりも、今このシーンで言いたいことが表現できているかということに尽きてしまうんですね。
演出・振付を担当した舞台『タンブリング vol.4』

演出・振付を担当した舞台『タンブリング vol.4』

演出家としても、基本は同じです。ダンスをやっていたことが生きているのかもしれませんが、僕の中には常に“空間をこう使って、ここにこういう角度でこういう関係性になるとこのシーンの言いたいことがよく表現できるな”というアプローチが存在しています。演者の顔を見ていると、こうしたいというものがどんどん出てくる感じなんですよね。それを実際に、稽古場で演者さんに立っていただきながら調整していって、自分が想像もしなかったものが生まれる。“それならこうしてみようか”といったことの積み重ねで、一個の絵が出来上がって行く。何とも楽しい作業です。振付をしているのと似ている部分はありますね」

――では最後に、今後どんな表現者でありたいとお考えですか?

「古いものに囚われることなく、自分の中の枠を大きくしたいし、もしかしたら枠自体、いらないのかもしれませんね。“お芝居って、ダンスってこうでしょ”という定義をもっといい意味で広げたいし壊したいし、結び付けたいし、その中で自分の世界観みたいなものが出来上がったらいいなと思います。自分がやりたいと思ったものを常識などに囚われず、やれる自分になれたらいいなと思います」

――『イン・ザ・ハイツ』、開幕が楽しみです。

「いやあ、(インタビューのおかげで)クオリティのハードルが上がっちゃいましたね(笑)」


ダンサー出身でありながら、演劇学校で一流の新劇演出家たちの講義を受け、また振付家として様々な演出家と仕事をしてきた経験を活かし、演出家としても着実にキャリアを積んで来ているTETSUHARUさん。打楽器を志していたことでラテン音楽への造詣も深い彼は、『イン・ザ・ハイツ』の芯を的確にとらえ、日本版を創りだすディレクターとして、これ以上ない人選であると言えましょう。演出家として異色のルートを辿ってきた彼のこれからとともに、舞台への期待が膨らみます。

*公演情報*『イン・ザ・ハイツ

■公演日/劇場
・4月4日(金)~4月20日(日)/Bunkamuraシアターコクーン 
・4月25日(金)~4月27日(日)/森ノ宮ピロティホール
・4月30日(水)/福岡市民会館 
・5月3日(土)~5月4日(日)/中日劇場 
・5月10日(土)~5月11日(日)/KAAT神奈川芸術劇場ホール

*次ページにて観劇レポートを掲載*


『イン・ザ・ハイツ』観劇レポート
ラテンとヒップホップ音楽の渦の中で
“わが町”“家族”“ささやかな日常”をいとおしく描き出す舞台

『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

こぎれいとは言い難い店舗や古いアパートが立ち並ぶ町、ワシントン・ハイツ。店の壁に落書きをする悪ガキ(ダンサーの大野幸人さんが奔放なダンスで表現)を追い払いながら、本作の狂言回し、ウスナビ(Microさん)が登場、町の人々をラップに乗せて次々と紹介していきます。自分を育ててくれたアブエラおばあちゃん(前田美波里さん)、タクシー会社を経営するロザリオ夫妻(安崎求さん、樹里咲穂さん)、そこで働く青年ベニー(松下優也さん)、従兄弟のソニー(中河内雅貴さん)、美容室で働くダニエラ(マルシアさん)、カーラ(エリアンナさん)、ヴァネッサ(大塚千弘さん)……。

刻々と予測不可能に展開してゆくスリリングな音楽と、KREVAさんによるぴたりと音に乗った歌詞、それぞれにカラフルで強烈な存在感をもって現れ、リアルに動く人々、シンメトリーな構図の中にアクロバティックな振りや遊びをまぶした、一瞬たりとも退屈さのないダンスがぐるぐると渦を巻き、場内はたちまちのうちに、圧倒的な熱気に飲み込まれてゆきます。振付師でもありヒップホップにもラテン音楽にも精通するTETSUHARUさんの面目躍如、97年初演の『ライオンキング』以来の、衝撃的なオープニング演出です。
『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

物語は青年ベニーと、ロザリオ夫妻の一人娘で町から唯一、大学に通っているニーナ(梅田彩佳さん)の恋を軸に進行します。ベニーはヒスパニック移民たちのこの物語で唯一のアフリカ系という設定で、音楽的にもR&B的なリズムで歌うなど、“ユニークさ”のある役どころ。松下さんは無理にアフリカ系にこだわるのではなく、白いシャツをパリッと着こなし、コミュニティに溶け込もうと懸命な青年の清々しさで“ユニークさ”を表現することに成功しています。

休暇で戻ってきたと思われていたニーナは、実は学費が足らず、アルバイトにいそしみ過ぎて落第。それを知った父(安崎さん、悲哀を滲ませ好演)は貧しさを呪いながらも娘のために会社を売り、ひとりよがりの行動だと妻や娘の反発を買います。そんな折、ウスナビとソニーの経営する雑貨店が売った宝くじから96000ドルの当たりが出、それがアブエラの買った一枚だったことが判明。ウスナビと故郷に戻る夢を語るアブエラですが……。
『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

ウスナビの店の客の平均単価は1ドル前後。この町では誰もが富とは無縁で、つかの間見た夢も次々と打ち消されて行きます。それでも前を向くことをあきらめず、人々は隣人の痛みを共有し、助け合いながら生きていく。オープニング以降も度々登場するビッグナンバーは、そんな彼らの人生の輝きをぎゅっと凝縮して見せるかのようです。ラテン歌謡的な発声とピンヒールをものともしないダンスで、生活感漂う美容師役の秘めた一面を垣間見せるマルシアさん。堂々たる姿勢と歌声でラテン系美女を体現する大塚さん。頼りないようでいて最後にクリーンヒットを放つソニーを、屈託なく演じる中河内さん。隙のない、躍動感溢れるダンスを披露する丘山晴己さん、TOMOMIさんらアンサンブル……。一人一人が魅力的で、舞台にリアリティを与えています。
『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

そんな中でも作品全体を牽引しているのが、アブエラおばあちゃん役の前田さん、そしてウスナビ役のMicroさんです。アブエラはふだんは町の皆をにこにこと見守るおばあちゃんですが、一人になるとソロナンバー「辛抱と信念」で「母と二人で掃除夫の仕事を得、懸命に働いてきた」と心の叫びを吐き出すように歌う。前田さんはこの一曲で移民の苦節を存分に印象づけ、アブエラがこの作品全体の精神的支柱であることを示します。そしてMicroさんはと言えば「ウスナビを演じるために生まれてきた」と思わせるほどの、魂のこもった演技。特にウスナビが大きな悲しみを乗り越え、「この町で生き抜いていこう」と決断するくだりの芝居には「演技」を超えるものがあり、観る者の心を大きく揺さぶります。ラップ特有の詰め込まれた歌詞を丁寧に粒立てて歌い、観客に届けた点でも、本作への貢献度大であったと言えるでしょう。
『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

『イン・ザ・ハイツ』撮影:引地信彦

もちろん現実はきれいごとばかりではなく、貧しさゆえに町を出て行く者もあり、コミュニティは常に儚く形を変えてゆきます。しかしだからこそ、今、ここで身近にいる人を大切にしたい。彼らとの何気ない時間を大切に生きたい……。緻密に、活き活きと展開しながら、今回の『イン・ザ・ハイツ』は“ヒスパニック系移民社会”の枠を越え、どの文化圏にも共通するコミュニティ、家族、そしてささやかな日常のいとおしさに気付かせる舞台となっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。