ブレンデッド、モルトともに好調に推移

ウイスキーを飲もう

ウイスキーを飲もう

昨年末記事『ウイスキーデータ、スコッチの世界販売数量』ではスコッチの全販売数量と世界の地域別の販売数量をお伝えした。2007年~2012年の5年間でスコッチは1.19%の伸張率で好調がつづいている。
今回の記事ではスコッチウイスキーのブレンデッドとモルトの販売数量をお伝えする。2003年、2007年、2012年の5年ごとの数字を掲載してみた。
IWSR(The International Wine & Spirits Record)のデータがベースである。

[スコッチウイスキー/ブレンデッドとモルト販売数量(単位・ケース)]
  2003年 2007年 2012年
スコッチ総計 約8,028万 約9,074万 約9,627万
ブレンデッド計 約7,496万 約8,431万 約8,847万
モルト計 約532万 約643万 約780万

2003年から5年ごとの数字であるが、スコッチウイスキーが確実に伸張してきていることがわかる。ブレンデッドウイスキー、モルトウイスキーの両方とも見事である。経済新興国での伸び率が凄まじいが、アメリカ、日本といったウイスキーをよく飲む国々でも着実に数字を伸ばしてきていることも事実だ。
途中リーマンショックの影響で、2009年に約8,710万ケース(ブレンデッド約8,095万ケース、モルト約615ケース)に落ちてはいるものの、毎年堅調に伸びてきた。昨年度2013年も好調のようだからどこまで数字が伸びつづけるか見ものである。
数字をご覧いただくと、ブレンデッドウイスキーが占める割合は90%以上であることがわかるであろう。ジョニーウオーカーやバランタイン、シーバスリーガルをはじめとしたブレンデッドは、世界的に飲みつづけられている。

関連記事

ウイスキーデータ、スコッチの世界販売数量
ウイスキー消費量国別ランキング。さて日本は何位か
ウイスキーの世界市場規模、日本第2位
シングルモルト・ランキング/最新2012
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。