美容師一家に生まれて

ph

 井手孤独【idésolo】
(C)青木司

九州・佐賀県生まれ。焼きものが盛んな土地で、父親も陶芸に携わっていた。井手さんが子供の頃は家に大きなガス窯があり、素焼きの日には徹夜での作業が続いたという。
「子供の頃はそれが楽しくて、親父の傍で深夜1時・2時まで一緒に頑張って起きてたことも。親父はとにかく無口で、仙人みたいな性格。あまり商品はつくってなくて、今思えば作家性の強いひとだったのかもしれない。大きな壺や大皿をつくっては、個展に出品することもありました」

一方、母親や叔母をはじめ、母方の親戚は一同美容師という美容一家。美容室での仕事に加え、週末や祝日になると婚礼に呼ばれては、一家総出で仕事をしていた。大人たちが出かけている間、井手さんら子供たちは自宅で留守番。毎週のように大人たちが土産に持ち帰る婚礼の
引き出物が、今でもちょっとしたトラウマになっているそう。
「海老と蟹、赤飯が苦手。おそらく食べ過ぎてアレルギーになったんだと思います。小分けして毎日のように食べてたので、引き出物にはあまりいい思い出がなくて。今考えれば贅沢だけど……」

ph

   『notitle』

7歳上の姉と2歳上の姉を持つ三人兄妹。一番上の姉が日舞を、二番目の姉がバレエを習っていた。井手さんはというと、姉の送り迎えをする父の車に同乗しては、毎週のように稽古を見学していたという。
「僕だけ習わせてもらえなくて。田舎なので、“男の子が踊りなんて”っていう感じだったんです」

美容室を閉めた後、店は子供たちの遊び場になった。椅子を片付け、鏡の前でラジカセをかけては踊る。即席のダンススタジオで、井手さんはもっぱら姉の相手役を努めた。
「竹の子族みたいなロックっぽい踊りが流行っていて、男の人が女の人を脚の間から滑り出したりしてた。僕はよく姉にその相手役をさせられてましたね。いつもお店で遊んでは、よく親に怒られたのを覚えています」

ふたりの姉にインターンと、女性たちに囲まれ育った子供時代。当時はシャイで大人しく、どちらかというと無口なタイプの少年だった。ただ、少年野球に憧れ、チームの門を叩いたともある。
「でもユニフォームを着た瞬間に満足して、すぐ辞めちゃった(笑)。剣道もそうでしたね。何かやってみたいって気持ちはあったんだけど、実際やるとこんな感じなんだって納得して辞めることが多々あった気がします」

ph

 井手孤独【idésolo】 
(C)青木司

美容室は婚礼の需要が多く、貸衣装も扱っていた。スタッフが着付けのコンクールに出場するたび、よくモデルにかり出されていたという。
「子供の頃から肥満児だったので、お腹周りがしっかりしててちょうどいいんです。小さいから台の上に立たせられて、もうなされるがまま(笑)」

井手作品には、着物やカツラといった和装がしばしば登場する。例えば『IDEVIAN LIVE』、『井手孤独【idésolo】』、『排気口』など。
「やっぱり、子供の頃の記憶が影響してる部分があるのではと……」

実際、実家から着物やカツラを舞台の衣装用に借りたことも。和装の扱いもすっかり手慣れ、今では帯結びや着付けもこなす腕前だ。
「実際は帯枕が必要だけど、踊るときは邪魔になるから、それっぽく見えつつ踊れるような独自の結び方を母親が考えてくれて。僕もやってみて初めて奥が深い、面白いと思った。これはもっと世の中に知らせるべきだと。着物で踊ること自体が面白いっていうのもあるけれど、実は“結び方が違うんですよ”っていうのをさりげなく伝えてるんです(笑)」

ph

『排気口』(C)青木司





進むべき道は……、やっぱりダンス!?

ph

 井手孤独【idésolo】
(C)青木司

中学卒業後、高校入学と同時に福岡へ。親元を離れ、親戚が経営するアパートで一人暮らしを始めている。
「ふたりの姉にインターンも女の子ばかりで、みんなに可愛いがられてた。だからどこかで“この子甘えてる”って思われてたのかもしれない。“取りあえず親元を離れろ”“男は家を出ろ”って感じだったのかな……」

高校時代は帰宅部。学校が終わると真っ直ぐアパートへ帰っては、ひとり家で音楽ばかり聴いていた。当時の流行は、カイリー・ミノーグやペット・ショップ・ボーイズなど。ヨーロピアンスタイルに憧れていたという。
「学校では友達もあまりできなくて、授業を受けていても“早く家に帰ってあの曲聴きたい!”っていう感じ。ちょうどCDが出たての頃で、家でひとりの世界に入ってましたね」

ふたりの姉は東京の美容学校を卒業し、現在は母親同様美容師として働いている。
当然のように、井手さんも美容師になるものと思われていた。
「“お前も東京で有名な美容学校に行く?”って感じだった。それがイヤで……。だけど美容師の仕事は決して嫌いではなかったし、どこかでなるんだろうなって思ってた。子供の頃は遊びで店のお姉さんをシャンプーしてあげたり、楽しいことは楽しかったですね」

ph

 井手孤独【idésolo】
(C)青木司

将来の目的もなく、特にやりたいこともない。高校卒業後、親の命ずるまま全寮制の美容学校に入学する。しかし、一ヵ月半でギブアップ。
「まず団体行動がイヤだった。それに厳しいことで有名な学校で、ブラッシングを毎晩やらなきゃいけなかったり、朝早く起きてタオルを畳まなきゃいけなかったり、下働きみたいなことばかり。今ならそうやって成長するものなんだって思えるけど、当時は果たしてそれをやってまで自分は美容師になりたいのか疑問だった」

学校はイヤだが、実家には戻りたくない。ドロップアウト後も福岡に留まり、バイト生活に突入する。牛丼屋のオープニングスタッフとして、週に6日働いた。結果マネージャークラスに昇格し、アルバイトのシフト管理を任されるまでに。

しかしバイト生活も一年近くが経つと、「自分は本当は何をしたいんだろう?」という疑問が強く頭をよぎる。実家ではいまだに諦めずにいる母親や叔母が、地元に帰って美容師になれと言う。
「どうせまだ目が醒めてないんだろう、シャンプーだけでも手伝ってもらおうかって感じだった。それはイヤだ、何しよう……って考えたときに浮かんだのが、ダンスだった。やっぱり自分は踊ること、動くことが好きなんだとーー」

ph

井手孤独【idésolo】(C)青木司





イデビアン誕生!

ph

専門学校時代

意を決して上京し、ダンス専門学校に入学する。
意外にも、家族の反対はなかったという。
「自分から“コレをやりたい”って言ったのは初めてだった。何を考えてるかわからない子だったので、親もとりあえず行かせるだけ行かせて、飽きたら帰ってきて美容師をさせればいいと考えてたんだと思う」

ダンサーではなく、当初から振付家志望。振付に興味があり、振付家とい う仕事
ph

専門学校時代

があると知ると、自らもそうなるべく勉強しようと考えた。その原点となったのが、小さい頃に見学していたバレエ教室のレッスンだ。

「先生が指導するのを見ていて、“これはもっとこうすればいいのに”とか、“この動きはもっとこうしたほうが面白いのに”って思うことがよくあって、それがフラッシュバックしたんです。“この方があの子は絶対に可愛く見えるはず!”っていうのが、子供ながらにガンとしてあったというかーー」

専門学校に入学し、初めて習ったダンスの授業。「本当にレオタードって着るんだって思った(笑)」という全くの素人からのスタートだ。同級生は子供の頃からバレエやダンスを習っていたりと、皆身体は柔らかく基礎もある。学生は女子が大半を占め、ひとクラスのうち男子生徒はひとりかふたり。井手さんの存在は否が応にも目を引くものになる。
「きっと“佐賀の田舎からやってきて……”って思われてるんだろうなって勝手に想像してた(笑)。“絶対お前たちより上手くなってやる!”っていう、負けん気がありましたね」

ph

 専門学校時代

当時授業の一貫としてあったのが、パフォーマンスの発表会。日頃の稽古の成果を作品仕立てにして披露するというものだが、これが月一回となかなかのハイペース。
「でも毎月楽しかったです。今でもやりたいくらい」と、井手さん。創作の芽が出始めたのはこの頃から。ただ、そのテイストは一風変わったものだったよう。
「僕が“こういう振付やったら面白いんじゃない?”って提案すると、みんな“えーっ!?”てバカにする。だけど、なかには僕みたいな変わり者がいて……」

クラスの“変わり者”たちが集まり誕生したのがイデビアン。1991年のことだった。当時の作風は、「下品ですね。やりたい放題でした(笑)」。他の学生たちはというと、流行の曲をつなげてはユニゾンでみせ、美しく 完結させる。ある意味ダンス作品の王道であり主流でもあるスタイルだ。
ph

イデビアン結成時


「僕はみんなが踊ってるようなものにはあまり興味がなくて。いいトコど りなものはあえてみせないとか、いいトコでちょっと止めるとか、中途半端なのが好きだった。完結したくなかったんです。完結して“僕たちの踊り、どうだった!?”ていうのが、僕には気色悪いというか(笑)。観てるひとがちょっと腑に落ちないままとか、もしくは想像してもらった方が楽しいなっていうのがありました。そういう部分は今と通じてますね」

王道を行く“美しい”ダンス作品が並ぶなか、イデビアンはある意味お笑い部門。学校の中ではごく少数派で、学生たちの評判もよろしくない。
「みんなには“何あいつら、井手ちゃん相変わらず可笑しいことやるよね”、なんてイロモノ扱い(笑)」

しかし、講師陣にはこぞって褒められた。その評価の高さに周囲の見る目も変わり、2年生になるとクラス委員に選ばれている。クラス委員の役割として、卒業公演を仕切るリーダーを任された。
「まず振付をしたいひとを集めて、構成をつくって、シーンごとに話し合って決めていく。ちょっとした演出家みたいな役をさせてもらいましたね」

 

ph

イデビアン結成時







イデビアンからイデビアン・クルーへ

ph

専門学校時代

卒業生たちの主な就職先は、テーマパークのダンサーやダンスインストラクター。なかには踊りをもっと勉強したいと留学する級友もいた。
「僕の中では就職というのはあまり考えてなくて……」と、井手さんはそのままダンス生活に突入。ダンスの発表会や公演の予定がすでにあり、取りあえずはと目の前の舞台に邁進する。

もちろんダンスで生活は成り立たない。焼き肉屋、喫茶店、スーパー、深夜のコンビニ……。バイトをしては稽古に行っての繰り返し。
先行きの見えない生活に、不安はなかったのだろうか。
「今ならそんな生活は怖いし、この先どうしようって考えちゃうと思う。だけど、当時はバイトして、稽古して、創作してーーが全て。“このシーンここまでできた”とか、“今度この曲で振付したいんだよね”とか、そんなことばかり考えてました」

ph

近藤良平氏とのツーショット

時代の流れも後押しした。当時、同じアパートの斜め向かいに住んでいたのがコンドルズの近藤良平。学生時代にもぐりで遊びに行った某有名大学のモダンダンス部で出逢い、意気投合。
「近藤さんがアパートを探してるって言うから、空いてるよって教えたら越してきた(笑)。“イデビアンっていうのやろうと思ってるんだ”、“コンドルズっていうのやろうと思ってるんだ”って、ふたりでよくそんな話ばかりしてました。あと日大芸術学部の学生だった伊藤千枝ちゃん(珍しいキノコ舞踊団主宰)とか、当時は横のつながりが結構あったんです」
イデビアン・クルーにコンドルズ、珍しいキノコ舞踊団と、同時代に生まれた彼らが互いの存在を糧に、各々現代コンテンポラリー・ダンス界を牽引する人気カンパニーへと成長してゆく。

近藤良平らダンス仲間と共に、ドイツで開催された学生のダンス・フェスティバルに参加したのもいい思い出だ。
「卒業旅行みたいな感じで、みんな頑張ってバイトして旅費を集めて、すごい安い経路で行って。みんな若かったし、勢いがありましたよね」

ph

『ドイツ・アレーナ’95』

1995年、カンパニー名をイデビアンからイデビアン・クルーに変更。旧イデビアンのメンバーを中心に、25人ものダンサーを集めて旗揚げ公演を行った。タイトルはずばり『イデビアン』。
「実は、自分の中では卒業公演という意識があって。これで最後にしようと思ってたんです。もう十分楽しんだから、やっぱり田舎に帰って美容室を継ごうかなと……」

しかし、井手さんの想いをよそに、イデビアン・クルーは大きく前進する。『イデビアン』の発表直後にドイツ・エアランゲンの『ドイツ・アレーナ・フェスティバル‘95』から声がかかり、新作『no title』を引っさげ上演を決行。『no title』は想像以上の好評を博し、公演後に行われた観客の人気投票で見事一位を獲得する。日本に帰ると劇場のプロデューサーから作品制作を依頼され、また新作に取りかかることにーー。

“卒業”は自然消滅。井手さん自身、作品を世に提供していく内に、いつしかその魅力を手放せなくなっていた。
「作品をつくる楽しさが出てきた時、自分がやるべきことはこれなんじゃないかと思うようになって。大きく言えば、運命感じちゃったんですよね。自分はこういう生き方をしてもいいんじゃないかと。親からは相変わらず、早く帰ってこいとは言われてたけど(笑)」

ph

『notitle』





振付、演出、そしてダンサーとして

ph

『不一致』

これまで日本はもちろん、世界7か国35カ所で作品を発表してきた。バレエを下敷きにした大作『コッペリア』に、ソロ作品『井手孤独』、旅館をモチーフにした『排気口』と、話題を呼んだ作品は数多い。なかでも井手さん自身思い出深いと挙げるのが、2000年に発表した『不一致』。作品の舞台はお葬式。白と黒の鯨幕で囲まれたステージ上で、喪服を着たダンサーが踊りまくる。床にはリノリウムの代わりに一面に畳を敷いた。
「畳の上で踊りたいと昔から思っていて……。それに、小さい頃から婚礼が身近にあったので、逆に葬儀にある種憧れがあったのかも(笑)」。

ph

『不一致』

『不一致』はイギリスでもツアーを行っている。日本ならではの文化は、異国の地でどう受け止められたのか。
「葬儀といっても、全体にラテンの曲を使ってる。だから、“一体何なんだろう?”って思われたかもしれません(笑)」

振付・演出と平行して、井手さん自身もダンサーとして舞台に立つ。

 
ph

『排気口』

初期は振付に徹することが多かったが、出演が増えたのは2008年の『排気口』から。ゲストで招いていたザ・フォーサイス・カンパニーの安藤洋子に「出ようよ!」と誘われ、「世界の安藤洋子と踊るチャンスなんてそう はない!」と出演。
「あれから勢いがついちゃって……(笑)。ただ、ちょっと踊りすぎたかも。今は、振付とダンサーの比重を半々でいきたいなって考えてるところです」。

ダンス作品の他、芝居やミュージカルの振付も多く手がける。例えば音楽劇にシェイクスピア劇、ナイロン100℃をはじめとした人気劇団の舞台と、作品のジャンルもテイストも実に様々。もちろんキャストの大半はダンスの素養を持たない、いわば素人だ。

ph

『排気口』

「ただ、作業は基本的に一緒なんですよね。その人を見てると、自分の中 でイメージが湧いてきて……」
さらに、素人ならではの楽しみがあると語る。
「普段踊らない人が踊ったら可笑しいじゃないですか。それはバカにしている訳ではなくて、踊りがヘタなひとでも何かひとつ不思議な取り柄があったり、それをまたフィーチャーするとカッコ良く見えたりする。そういう部分をどんどん発掘してつなげたときに、すごいものができる。それは素人の方が面白い。ダンサーだと、どうしても型にハマった動きになってしまうので」





20年に渡りコンテンポラリー・ダンス界を牽引

ph

『排気口』(C)青木司

作品は着実に支持を集め、イデビアン・クルーはダンス界で確固たる地位を築いてゆく。さらに井手さんの存在を全国区に広めたのが、ゼリア新薬『新ヘパリーゼドリンク』(2009~2011年)のCMだ。だてメガネに七三分けのヘアスタイル、スーツ姿でサラリーマンに扮した井手さんが、街中で突如として踊り出す。

「反響はすごかったです。変装してるつもりだったけど、動きでわかったっていう人は多かったですね(笑)」

当初は期間限定で流される予定だったが、好評につき延長が決定。
CMの影響力は絶大で、井手さんの両親も、“あれ、あんた?”と気付いたとか。
「親はずっと、舞台の裏方かマネージャーかなんかをしてると思ってた。
そこでようやく踊ってる人だったんだってわかったみたい(笑)」

ph

 井手孤独【idésolo】
(C)青木司

スーツ姿はもはや井手さんのトレードマーク。一見平凡なサラリーマン、しかしひとたび踊りだすと驚くほどのキレを持つ。軽快な動きと、その体型とのギャップもまた面白い。
「いわゆるダンサー体型じゃない、こういう演者がいてもいいんじゃないかと思ってるし、それで売ってるというのもちょっとある。といっても、痩せれはしないけど(笑)。お酒をよく飲むので、たぶんビール太り。稽古が終わってひと汗かいて、ビールを飲むのが最高の楽しみ(笑)」

イデビアンを結成して20年以上、イデビアン・クルーになり20年近く。当初のメンバーも、まだカンパニーに残っている。
「なんか続いてますけどね。続けることってすごく大変なんだけど、自分自身これしかやれることがなくなっちゃってるので、これしか取り柄がないんだろうなって思う。僕のファンタジーなんだけど、ものすごく素晴ら しいものを目標としてる訳ではなくて、ちょっと“クスッ”っていうのが共感できればなっていう気持ちがあって。だから“踊りの公演を観に行くぞ!”っ て意識で来られると、ごめんなさいって謝るしかないんですけど(笑)」

ph

イデビアン・クルー結成の頃

今や固定ファンも多く抱えるイデビアン・クルー。その間口は広く、いわゆるダンス・ファン以外のファンが目立つのも特徴だ。観客人口数千人といわれる東京のコンテンポラリー・ダンス界において、それは大きな強みと言えよう。チケット捌きに苦戦する巷のコンテンポラリー作品をよそに、イデビアン・クルーの公演は常に盛況が続く。「これまでの集大成的な作品」という前作『麻痺 引き出し 嫉妬』も、大好評の内に幕を閉じた。さらに4月にはナイロン100℃の新作が、5月には新国立劇場の演劇作品『テンペスト』がと、休む間もなく振付作の開幕が控えている。

多忙な創作活動の中で、井手さんがやり甲斐を感じる部分とは?
「メッセージ性は強くないけど、自分の表現したいと思ったものを初めてひとに見せた瞬間はすごくやり甲斐を感じます。でもやり甲斐より、ずっと不満の方が続いてる。自分はこういうことをやりたかった、表現したかったんだけど、いざやってみると“あ、これじゃなかったな”とか、次にやると“あ、これでもないな”とか、なんだかまだ目的地まで行ってないような気がするんです。どこかできっと、満足はしてないんでしょうね。だから続けてる、っていうのもあるのかなって思います」

ph

井手孤独【idésolo】(C)青木司






プロフィール

ph

(C)Mina OGATA

振付家・ダンサー 井手茂太

1991年、ダンスカンパニー『イデビアン』を結成。1995年に『イデビアン・クルー』と名称を変え、旗揚げ公演を行う。国内をはじめ世界7ヶ国のべ35ヶ所で作品を上演する。またダンス公演のみならず、演劇作品やCM、ミュージックビデオなど、幅広いジャンルで活動。近年では、「第62回NHK紅白歌合戦」(椎名林檎)振付、東京事変『OSCA』MV振付、星野源『夢の外へ』『化物』MV振付・出演、KIRINジョニー・ウォーカー【KEEPWALKING THEATRE】#4(児玉裕一監督作品)振付・出演、音楽劇『もっと泣いてよフラッパー』(松たか子主演)振付などを手掛けている。主な受賞歴に、ドイツ ARENA FESTIVAL 95 観客賞、第11回 読売演劇大賞優秀スタッフ賞、第3回 アサヒビール芸術賞。第2回・第3回 日本ダンスフォーラム賞などがある。
http://www.idevian.com/



公演情報

ナイロン100℃ 41st SESSION
『パン屋文六の思案 ~続・岸田國士一幕劇コレクション~』

日程:2014年4月10日(木)~5月3日(土)
会場:青山円形劇場
潤色・構成・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
振付:井手茂太
http://www.sillywalk.com/nylon


新国立劇場『テンペスト』
日程:2014年5月15日(木)~6月1日(日)
会場:新国立劇場 中劇場
演出:白井晃 
振付:井手茂太
http://www.nntt.jac.go.jp/play/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。