テレビ東京深夜、ドラマ24枠で放送の『なぞの転校生』が好調です。

岩田広一(中村蒼)が通う高校に山沢典夫(本郷奏多)という転校生が入ってきた。謎めいた雰囲気の美男子、典夫は実は別の世界からある目的でやってきていて……

という学園SFドラマ、テンポはゆるめで叙情的、その中にもスマホのデザインコンセプトモデルみたいな「モノリス」など確かなSFマインドがあります。原作は1965年に学研の中学生向け学習誌に連載された眉村卓の小説。現代でドラマ化しても、ラノベじゃなく、久々の「ジュブナイルSF」という感じになります。

 

原点は70年代

このジュブナイルSFの人気を高めたのは1972年からNHKで放送された少年ドラマシリーズ。ミステリー、純文学、児童文学、コミックなどバラエティにとんだ作品を放送しましたが、人気ナンバーワンはSF。
シリーズ第一作が筒井康隆『時をかける少女』が原作の『タイム・トラベラー』。
『なぞの転校生』も初めて映像化しました。少年ドラマシリーズ版の主人公・岩田広一役の高野浩幸はテレビ東京版では広一の父親役で登場とレスペクトしています。

その後もジュブナイルSFが少年ドラマシリーズにたびたび登場し、当時の少年たち、現在のアラフィフ世代のSFマインドを育てました。テレビ東京版『なぞの転校生』の企画・脚本を担当する岩井俊二監督も1963年生まれの現在51才、世代的にどストライクです。

少年ドラマシリーズのジュブナイルSF作品の中でも筒井康隆、眉村卓原作のものはその後も次々とドラマ化、映画化されていきます。その中でもシリーズとしてまとまってリメイクされたものを表にまとめました。
少年ドラマシリーズのリメイク作

         少年ドラマシリーズのリメイク作


80年代以降にリメイク

大林宣彦監督映画では1980年代初め、少年ドラマシリーズ初リメイクの『ねらわれた学園』(少年ドラマシリーズでは『ねらわれた学園』と『地獄の才能』の二つを原作にしたのが『未来からの挑戦』)と尾道シリーズの二作目『時をかける少女』。

  
「ぼくたちのドラマシリーズ」はフジテレビで92~94年に放送されたシリーズで、シリーズ名からして「ぼくたちの(少年)ドラマシリーズ」です。

『幕末高校生』はタイトルは違いますが眉村卓の『名残の雪』を原作にした『幕末未来人』のリメイク。『時をかける少女』は内田有紀主演。
また「ぼくたちのドラマシリーズ」の後継企画的な「木曜の怪談」シリーズの中で、『七瀬ふたたび』が水野真紀主演で制作しています。

本家・NHKでも少年ドラマシリーズを見て育った世代のスタッフにより復活の気運は高く、「ドラマ愛の詩」シリーズとして実現。その中で『幻のペンフレンド2001』で加藤夏希がアンドロイド少女を演じています。
「ドラマ愛の詩」終了後も木曜20時台でティーン層を狙った「ドラマ8」枠で蓮佛美沙子が七瀬を演じています。

次は「少年ドラマシリーズ的な映画とは



映画『転校生』も少年ドラマシリーズ的

筒井康隆原作の中で最も映像化(アニメも含む)されているのは『時をかける少女』でドラマ5作に映画4作。眉村卓原作では『ねらわれた学園』でドラマ4作に映画3作。
この二作が多いのは、大林宣彦監督作品の影響が強いということでしょう。

そう考えるとこの流れに「少年ドラマシリーズ」ではないけれど、大林監督映画で『ねらわれた学園』と『時をかける少女』の間に制作された『転校生』も入れた方がしっくりきます。

『転校生』の原作は山中恒の児童文学『おれがあいつであいつがおれで』。これは少年ドラマシリーズではありませんが山中恒原作は少年ドラマシリーズで4作あります。眉村卓、同じSF作家の光瀬龍と並び、シリーズ中最多です。

また「ぼくたちのドラマシリーズ」では『おれがあいつで……』原作の『放課後』(観月ありさ主演)を、「ドラマ愛の詩」でも同じ原作の『どっちがどっち』を制作。
他にも2002年TBSの「モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ」では安倍なつみ主演で『時をかける少女』、同年の「モーニング娘。サスペンスドラマスペシャル」では吉澤ひとみ主演で『おれがあいつであいつがおれで』を制作。
だいたい少年ドラマシリーズ源流のものと『転校生』派生作は同じ路線であつかわれています。

ということを考えると『なぞの転校生』の叙情的でノスタルジックな作風は『転校生』『時をかける少女』の影響でしょう。


光瀬龍原作はリメイクされない

もうひとつ、少年ドラマシリーズのジュブナイルSF作品を調べていて不思議だったのは光瀬龍原作作品。『暁はただ銀色』『夕ばえ作戦』『明日への追跡』『消えた町』と4作も原作があり、当時も人気だったのに筒井康隆、眉村卓作品と違って、なぜリメイクされないのか?

これも大林宣彦監督作品でリメイクされなかったからその後が続かなかった、と考えるとスッキリします。『夕ばえ作戦』は今は笑点の座布団運び、山田隆夫主演。シリアス作品が多い少年ドラマシリーズのジュブナイルSF路線のなか、当時からコミカルだった山田隆夫の持ち味を活かしていておもしろかったんですけどね。

 
ちなみに少年ドラマシリーズのリメイクは『なぞの転校生』の後も続き、今夏に映画版『幕末高校生』が玉木宏、石原さとみ主演で公開予定です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。