犬と暮らしはじめると、一緒にどこかへ行ってみたいなぁ~なんて思うものです。でも、犬連れて出かけるのは面倒くさそうなんて思っていませんか? そんなことはありません。難しく考えず、まずはトライしてみましょう! その前に、いくつか気をつけたい点がありますので目を通してみてください。

犬の体調をチェック

雪の山中湖にて
旅先では普段の愛犬とはまた違った表情を見ることもできる。
旅行に行こうと決めたならば、愛犬の健康管理により気を配りましょう。各種予防ワクチンの再接種時期と旅行予定日が重ならないか、メス犬であれば発情シーズンと重ならないか、病気やケガなどがないか、健康面でのチェックは忘れずにしたいものです。ワクチンの再接種時期と微妙に重なるようであれば、旅行を先延ばしにするか、ワクチンを少し早めに接種するか、どちらかにしたほうがいいと思いますが、判断に迷う時には動物病院でご相談ください。

発情中のメス犬については、宿泊お断りの宿が多いです。発情中は病気感染の予防といった観点からも、あまり慣れない場所に連れていくことはお勧めしません。メス犬の場合は、発情サイクルから逆算して旅行予定を立てるのがいいでしょう。

旅行予定日まではなるべく変わったものなどは与えず、お腹をこわしたりしないようにしたいところ。旅先での下痢というのは結構たいへんなものです。万一、病気やケガがある時には、旅行に連れて行っても大丈夫かどうか動物病院で確認をし、無理をさせないこと。旅行に行かずとも、別の楽しみ方もあるのですから。

計画を立てる

旅先までのルートや休憩場所、かかる時間、道路の混み具合など、事前にある程度はチェックしておきましょう。車で移動する場合は、2時間に1回くらいの休憩はさせてあげたいので、犬連れで休憩できそうな場所をあらかじめ調べておくと安心ですよね。最近では高速のサービスエリアにもドッグランが設置されているところもありますし、犬用のおやつなどを売っているところもあります。休憩がてら楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

車で旅行に行く場合には、犬が車に慣れている必要があります。車の慣らせ方については、「犬と車で出かける準備とコツ」を参照してください。

持参する物を用意

愛犬と旅行に行くには、どんな物を持って行ったらいいのでしょうか? 主に、以下のようなものを用意するといいでしょう。

犬用品
  • リード&首輪、またはハーネス(使い慣れたものを) 
  • 迷子札(旅先で迷子になる子が意外に多いので、連絡先のわかるものを身につけさせましょう)
     
  • ウンチ袋、トイレシート(やや多めに)
     
  • いつも食べているフード、おやつ類
     
  • 食器、水飲み、飲用水
     
  • お気に入りのオモチャ
     
  • ベッド、クレート、ケージ、敷物類(防水性のあるものを一枚用意しておくと何かの時に便利)
     
  • ブラシ

お手入れ、掃除用品
  • バスタオル、タオル
     
  • ティッシュ、濡れティッシュ、新聞紙
     
  • 粘着ローラー(宿の室内に残った毛などを掃除する際にも)
     
  • 消臭剤(慣れない場所では粗相をしてしまう子もいるので)
     
  • シャンプー、または水を使わないタイプのシャンプーなど汚れを落とせるもの(旅先で汚れてしまったり、場合によっては下痢などでお尻が汚れることもあるので念のために)
     
  • ビニール袋

救急用品
  • 消毒液
     
  • お腹がゆるくなった時のための整腸剤など、普段使っている常備薬
     
  • 包帯や、その代わりになるもの(人間の赤ちゃん用靴下など)
     
  • 包帯をとめられるようなテープ
     
  • ハサミやピンセット
     
  • 夏場であれば、氷やアイスノン(熱射病対策など、万一の時に使えることがあります)

その他
  • 各種予防ワクチンの接種証明書コピー
    多くの宿が、狂犬病予防接種および各種予防ワクチンの接種をしてあることという宿泊条件をかかげていますので、場合によっては接種証明書の提示を求められることがあります。宿によっては、「○種以上の混合ワクチンを接種してあること」など、条件がそれぞれありますので、事前に宿泊条件についてもチェックしておきましょう。

シャンプーをして清潔に

できれば旅行に行く前にシャンプーをしてすっきりさせてから出かけたいものです。その際に、ノミやダニがいないか、皮膚の状態はどうかなどもチェックを。

しつけを見直す

せっかく旅行に行っても、しつけが不十分で他人に迷惑をかけてしまったら、飼い主としても楽しさ半減です。宿の中でも基本的なしつけはできていることが大切ですので、日頃のしつけを今一度振り返ってみましょう。しつけが足らないなと思うようなところがあったら、この機会に取り組んでみてください。


宿でのマナー

「霊犬悉平太郎伝説」で知られる矢奈比賣神社
「霊犬悉平太郎伝説」で知られる矢奈比賣神社。犬にまつわるこうした地を訪ねてみるのも面白いかも。
宿に泊まる際には、以下のようなことに気配りしましょう。

  • 宿に入る前にトイレを済ませる
    慣れない場所では、緊張やマーキングの意味で粗相をしてしまうこともありますので、宿に入る前に一度すっきりとトイレを済ませておきましょう。
     
  • 宿に入る前には足先を綺麗に
    病気予防の観点からも、宿に入る前には水やタオル、濡れティッシュなどを使って足の裏を綺麗にするといいですね。宿によっては犬用の洗い場を設けているところもあります。
     
  • 愛犬から目を離さない
    チェックイン時、特に宿に入った直後、事前にトイレは済ませていても慣れない場所であること、他の犬の匂いなどで反射的にオシッコをしてしまう子もいますから、愛犬から目を離さないようにしましょう。小型犬であれば抱いてしまうのもいいですし、牡犬の場合、心配であればマナーベルトなどの対策を。
     
  • 部屋に入ったら愛犬用のスペース作り
    部屋に入ったら、愛犬が少しでも落ち着けるように普段使っているベッドやクレート、トイレなどをセッティングしてあげましょう。万一、粗相した時のために、トイレの下には防水性のあるシートなどを敷いておくといいのではないでしょうか。
     
  • 基本的にベッドや布団の上には犬をあげない
    基本的マナーとしては、ベッドや布団の上に犬をあげないようにしましょう。乗ってしまう癖のある子の場合は特に、ベッドカバーや、それに代わるものを持参したほうが安心ですね。中には、犬をベッドにあげることを許可してくれるペンションなどもありますが、その場合は、シーツを貸し出してくれたり、宿によりけり。いずれにしてもベッドカバーなどを持参したほうが便利でしょう。
     
  • 粗相をしたなら素直に申し出る
    慣れない場所ですと、普段トイレトレーニングができている子でも粗相をする場合があります。そんな時には、後始末をするのはもちろんですが、宿の人に汚してしまったことをちゃんと伝えたほうが賢明。特に、ベッドやソファなどを汚してしまった時は、その後のお掃除や手入れもたいへんですから。
     
  • 無駄吠えには注意
    無駄吠えは他のお客さんの迷惑になることがあります。吠えてもそれを止められるようにしましょう。吠えさせっぱなしなんていうのは厳禁です。
     
  • 部屋以外ではリード着用
    トラブル防止のためにも、廊下など宿の公共となる場所では、基本的にリードをつけましょう。中にはフリースペースを設けてくれているような宿もありますが、気を抜いて愛犬から目を離したりしないように。
     
  • 食事中はおとなしくできること
    食事に関しては、同じ部屋で一緒に食べられるところ、食堂まで犬を同伴できるところ、部屋で留守番となるところなど、宿によって違いますが、食事中は静かにしていられることが基本です。椅子の上に犬を乗せるのは、基本的にはタブー。ただし、宿によっては敷物を敷けばOKというようなところもありますので、事前にチェックしてみてください。
     
  • トイレの始末は的確に
    宿に犬用のゴミ箱(汚物入れ)が用意されているところもありますが、ない場合には、ウンチや汚れたトイレシートなどは持ち帰って始末をしましょう。
     
  • 宿のルールは守る
    犬を宿泊させる際のルールは宿それぞれです。予約を入れる時または宿に着いてからそのルールは要確認です。
     
  • チェックアウトの際には部屋を軽く掃除
    チェックアウトをする時には、愛犬の毛が飛び散っていないか、どこか汚していないか、ざっと確認するようにしましょう。もし毛が抜け落ちているようであったら、粘着ローラーなどで軽く掃除をしてから宿を後にするといいですね。

基本的な宿でのマナーについて書いてみましたが、要は宿や他の人達に迷惑をかけないよう、最低限のルールを守りながらお互いが気持ちよく過ごせるように考えればいいのです。愛犬との楽しい旅をエンジョイしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。