『デンタルケア』、今回が最終回となります。第1回目、そして第2回目の記事を通して、犬の歯や口の中の環境について、また、歯周病を放っておくと体にいいことは一つもないということがよくご理解頂けたかと思います。今回は、歯周病を少しでも早く見つけるには? そのチェックポイントと、歯磨きの仕方などについて、前回同様、フジタ動物病院院長の藤田桂一先生に教えて頂きます。

=Index=
・おうちでできる、歯周病チェック!
・歯磨きの仕方
・歯ブラシの使い方と歯磨きのポイント

おうちでできる、歯周病チェック!

フジタ動物病院院長藤田桂一先生
「愛犬の健康維持のためにも、是非歯磨きを習慣づけてあげてくださいね」(藤田先生)
前回の記事で、歯周病を放っておくと想像以上に怖いことになる……ということがおわかり頂けたかと思いますが、では、そんな歯周病、少しでも早くに気づいてあげたいですよね? 「これって歯周病?」とチェックできるようなポイントというものはあるのでしょうか。

「元来、歯周病の症状というものはわかりにくいところもあるのですが、主に以下に挙げるようなものは歯周病を疑うことができます。ただし、これらにあてはまるからといって、必ずしも歯周病であるとは限りません。他の病気からくる症状である場合も充分にありえますので、少しでも変だな……と思った時には、なるべく早めに動物病院で診察してもらうことをお勧めします」(藤田先生)

■よだれが多くなった。
■口の周りの汚れが目立つようになった。
■口臭を感じる。
■口の周りを前足で気にしていることが多い。
■口を床や家具などにこすりつけていることが多い。
■頭をよく振っている。
■口の周りを触ろうとすると嫌がる。
■軟らかいものばかりを好み、硬いものは食べようとしない。
■食事中に口からぽろぽろと食べ物をこぼすことが多い。
■片側の歯で物を噛んでいることが多い。
■食事中、または何かを噛んでいる最中、急に妙な声を出すことがある。
■食事を口の中に入れるものの、すぐにそれを出してしまう。
■食欲はありそうなのに、食べようとしない。
■片側の目に目やにが見られる、または目が充血している。
■クシャミ、鼻水、鼻からの出血などが断続的に見られる。
■頬や顎が腫れている。または、穴が開いている。    etc.

一見、歯周病とは関係ないように思える症状もある

上記のチェックポイントを見るとわかるように、一見して歯周病とは関係ないように思えるものも含まれています。

「片側の目から目やにが出る、目が充血している」というのは、上顎の奥歯の歯根周囲に炎症が起こると、それが目の周りにも波及することがあるためです。また、「クシャミ、鼻水、鼻からの出血」が見られることがあるのは、第2回目の記事でご紹介した“口鼻瘻管(こうびろうかん)”を思い出して頂ければわかると思いますが、上顎の歯の周りの炎症が進行した結果、口腔と鼻腔とを隔てる骨を溶かしてしまい、鼻と口とがつながってしまうことから、クシャミや鼻水、鼻血などの症状が見られることがあるのです。

このような症状が見られるようになる前に、早めに歯や口の中の変化に気づいてあげたいものです。そのためには、日頃から小まめに愛犬の口の中をチェックしてあげましょう。

■歯の色、汚れ、歯垢・歯石がついていないかなどをチェック。
■歯肉の色や、腫れなどがないかをチェック。
■口臭はしていないかをチェック。

では、歯周病を予防するには、こうしたチェックの他にどうしたらいいのでしょうか? それは簡単、習慣的に歯磨きをしてあげることです! 次のページでは、歯磨きの仕方をご紹介します。

歯磨きの仕方

模型を使って歯磨きの仕方を説明していきます。愛犬の顔や歯の様子などを想像しながら見てくださいね。

口を周りを触られることに慣らす
 
いきなり歯磨きをしたり、やるぞ!と意気込むのは×。愛犬を不安にすることになるので。まずはリラックスした雰囲気の中、口の周りをなんとなく撫でるところから始める。その際、触らせたらおやつを与えるなど、“いいこと”とセットにするとよい。

口の中に指を入れる
 
触られることに慣れたら、指を口の中に入れてみる。肉汁などを指につけてもOK。最初のうちは指を入れたらすぐに出す、というふうに短い時間から。時々唇をめくってみたり、楽しい雰囲気の中で徐々に慣らしていく。

ガーゼで歯の表面をこする
 
口の中を触れるようになったら、次は、指にガーゼを巻いて歯の表面を軽くこすってみる。ガーゼはぬるま湯で湿したり、肉汁や犬用の歯磨きペーストの味をつけてもOK。最初は前歯(切歯)から、少しずつ奥歯のほうへ。

いきなり歯ブラシは使わない
 
ガーゼに慣れたところで歯ブラシへ。しかし、いきなり歯ブラシで磨くのは×。始めは歯ブラシの匂いを嗅がせる、じゃれつくようならそのまま遊ばせてみる、など歯ブラシに慣らすことが大事。歯ブラシを口の中に入れただけでも褒めてあげよう。

歯ブラシを使って前歯から
 
歯ブラシに慣れたようなら、少しずつ歯を磨いてみる。最初は前歯の外側から。この際、歯ブラシを水で濡らしたり、肉汁や犬用の歯磨きペーストを少量つけてみてもOK。

犬歯へ
 
前歯が磨けるようになったなら、犬歯、奥歯……と少しずつ奥のほうも磨けるようにしていく。

奥歯へ
 
上顎の第4前臼歯は歯垢・歯石もつきやすいので、特に念入りに。

口を開けさせる
 
外側が磨けるようになったら、口を少し開けさせて、歯の裏側なども磨けるようにしていく。参考までに、口を開けさせる時には、写真のような指使いで優しく上顎に手をあてがえば、犬も楽に口を開けることができる。

見えなかったところを磨く
 
上顎の第4前臼歯が被ることで隠れていた下顎の第1後臼歯も忘れることなくゴシゴシ。

歯の裏側を磨く
 
次いで、歯の裏側も磨いていく。この際も、磨くのは前歯から。徐々に奥歯のほうも磨けるようにしていく。


次のページでは、歯ブラシの使い方など、さらなるポイントを。

ワンランク上の歯ブラシの使い方

歯磨きができるようになったら、歯ブラシの角度や、磨き方にもちょっと気配りしてみると、さらに歯磨きの効果が高まりますよ。是非、試してみてくださいね。

歯ブラシの角度
 
基本の磨き方:
歯に対して歯ブラシの角度を45度に。歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)も綺麗にするようなつもりでブラッシング。

バス法
 
バス法:
歯と歯肉との境目あたりを矢印のように歯ブラシで軽くマッサージする。歯肉溝の汚れを落とすのに効果的。

フォーンズ(ローリング)法
 
フォーンズ(ローリング)法:
歯の表面の汚れを落とし、歯肉のマッサージ効果が期待できる。ただし、歯肉溝の汚れを落とす効果はあまりない。

スケラーは安易に使わないこと

 犬用歯磨きペースト
藤田先生お勧めの犬用歯磨きペースト。歯磨きの際にこういったものを使うとなお効果的。
歯磨きに関して、いくつか注意点があります。

■スケラーは安易に使用しないこと。
本来、スケラーを使った後には歯の表面を滑らかにする必要があるのですが、素人がスケラーを使用した場合、一見して綺麗に見えている歯の表面も、実は傷がついてしまうことで逆に歯石がつきやすい環境を作ってしまいます。また、歯肉溝の歯垢・歯石までは落としきれていません。加えて、スケラーを使用することで歯肉を傷つけたり、犬に痛い思いをさせてしまうこともままありますので、それによって犬が口を触られること自体を嫌がるようになってしまうケースがあります。スケラーを使用する場合には、やはりそれなりの技術と気配りが必要になります。

■歯磨きのし過ぎにも注意。
中には「歯磨きをしなければ」と一生懸命になり過ぎてしまう人もいます。やり過ぎによって、歯が健康になるどころか、歯肉が後退してしまうほど磨いてしまう人もいるとか。何事もほどほどに、ということですね。

少なくとも一日おきに歯磨きするのがベスト

そもそも歯垢というのはどのくらいの時間でできるのでしょうか? その答えは、犬の場合、食後おおよそ24時間以内。顕微鏡学的には数時間ででき始めるそうです。それが歯石へと変化するのは、犬ではおおよそ3~5日のうち。人間の場合は、25日程度かかるそうです。口の中のpH(ペーハー)の違いなど(これについては第1回目の記事で説明)によって、犬のほうがずっと早くに歯石になりやすいということです。

まだ歯垢のうちでしたら歯磨きだけでも充分に落とせますから、歯石になる前に対処してあげたいものですよね。この歯垢から歯石への変化するサイクルを考慮すると、少なくとも一日おきくらいには歯磨きをしてあげるのがベストと言えます。また、スプレータイプなどのデンタルケア製品もいろいろ販売されておりますが、そういったものだけに頼るのではなく、歯磨きとペアにして使うのが最も効果的だそうです。

「野生動物にはほとんど歯周病はありません。狼を例にとってみれば、獲物の内臓にある植物の繊維や、獲物自身の筋肉組織など様々なものがうまく歯の汚れを落とす作用も担っているのでしょう。ペット動物である犬にどうしてこれほど歯周病が多くなっているのか。それは、食事内容や環境などの変化などいくつかの要因はあると思いますが、言ってみれば私達人間が作り出してしまった病気であるとも考えられます」(藤田先生)

ならばなおさらのこと、私達飼い主が、愛犬達の歯の健康を守ってあげたいものです。それは、体全体の健康にもつながるのですから。愛犬にいつまでも健康で長生きをして欲しいと思うならば、今日からでも始めてみませんか? 歯磨きを!


画像資料提供/フジタ動物病院院長藤田桂一先生

【関連記事】
デンタルケア:「犬の歯について学ぶ」編(第1回目)
デンタルケア:「歯周病と、その治療法」編(第2回目)

【プロフィール】
藤田桂一先生/フジタ動物病院院長、獣医学博士
1985年日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年、フジタ動物病院を開院。2000年、「猫歯肉口内炎に関する獣医歯科学的研究」において獣医学博士号を取得。日本小動物歯科研究会の理事でもある。

【関連サイト】
フジタ動物病院(患者さんの立場に立った医療を信条とし、特に歯科医療分野に力を入れている)

*イベント情報や各種キャンペーン情報などについてはメルマガでお知らせしています。そういった情報を是非告知したいという方は、「問い合わせ」よりご連絡下さい。ただし、すべての情報をお知らせできるとは限りませんことをご了承願います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。