2012年に開講した『牧阿佐美バレエ塾』。
全日制のバレエ学校を設立しようと考えたきっかけは何だったのでしょう?

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
最初の動機に、とにかく良いダンサーを育てたい、という想いがありました。牧先生は新国立劇場バレエ団の芸術監督在任中にバレエ団の研修所をつくられた実績がありますが、その任期を終えたとき“良いダンサーを育てるためにも、やはり民間にもバレエを総合的に学べる場所を”と望まれ、バレエ塾を設立することになりました。

研修所もそうですが、実技だけではなく人間性も養うために教養を身に付けなければということで、日本史や舞踊史といった座学も設けています。これからはダンサーもいろんな方とお会いして、交流できなければいけない。日本史にしてもバレエとは特に関係のない歴史の授業ですが、それは外国に行ったとき自分の国や文化についてちゃんと説明できるようにとの考えから。

ダンサーって舞台上で言葉がいらないので、どうしても話をするのが苦手な人が多いんです。友達同士ならいいんでしょうけど、目上の方だったり、社交の場に出たときにきちんと喋れない人が多いというのを牧先生が気にされていて。そのため、バレエ塾では実技と座学を総合的に学べるような授業を組んでいます。

ph

(C) TOKIKO FURUTA


日本にはなかなか根付かなかったシステムです。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
そうですね。国立のバレエ団としてやっと新国立劇場バレエ団が誕生して、付属の研修所にしてもできてまだ10年ほどしか経ってませんので、民間でこのような教育をやるというのはなかなか難しいものがあります。日本はバレエが文化として根付いてないし、仕事として成り立っていない。やっぱり、欧米と比べて遅れてる部分がありますよね。

まずは塾の存在が少しずつでも広まっていき、そこからいいダンサーが育っていけばと。バレエが根付くそのひとつのきっかけになればということで、試行錯誤しながら始めた形です。

入塾はオーディションを行っていますが、今のところ特別なバレエ経験は問わず、希望者には基本的にまず入っていただいています。今後何年か続けていく内に基準は多少上げていくことになると思いますが、今は入塾時のそれぞれのレベルからこちらで指導していこうという考えです。

ph

(C) TOKIKO FURUTA






バレエ塾のレッスンの特徴、理念とは?

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
基本にあるのは、牧先生の指導のメソッドです。特に志賀さんと小嶋直也さんは小さい頃から牧先生に教わってきたので、それを正確に伝えられる。僕自身はバレヱ団から入ったのですが、牧先生から注意されることを聞いていると、どういうことを大切に教えてくださってるのかがすごくわかる。

あと、どうしても日本人は踊りを表に出すのが苦手な傾向にあるというのを牧先生が気にされていて。先生自身、外国に行かれたり、外国のダンサーと交流する機会が多い方なので、やはり日本人の踊りは物足りなく感じるんだと思います。もっと踊りを前面に出しつつ、とにかく“身体全体を使う”ということをいつも言われてますね。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

志賀>
牧先生独特の踊りのスタイルというのがあって、それをできるだけ正確に、しかも応用をきかせられるように教えています。その先に、できれば世界で活躍する子が育てばと……。バレエ塾を開講することになったきっかけのひとつに、盛田正明会長(ソニー生命特別顧問。牧阿佐美バレヱ団運営ボード会長を務める)の存在もありました。盛田会長は日本テニス協会の名誉会長もされていますが、テニスでは錦織圭さんが世界に出ましたよね。盛田会長はまた牧先生の“バレエも世界で活躍するような子が出れば”という考えに賛同され、この塾が成り立ってるという経緯があります。

今すぐという訳にはいきませんが、できれば世界の舞台のレベルに行けるところまで目指したい。牧先生のスタイルを確実にものにできれば、世界の舞台に立つことは可能だと思う。そこまで育てたい、そこに持っていきたいと考えています。

ph

(C) TOKIKO FURUTA


具体的なレッスン内容、一日の流れをお聞かせください。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
レッスンにはかなり時間をかけていて、月曜から金曜まで、午前のクラスレッスン(毎日行う基礎レッスン)だけで2時間半やっています。彼らはそれに慣れてしまってるから、他で通常行っている1時間半のクラスレッスンは物足りなくなく感じるくらい(笑)。

先生によって内容は少しずつ違いますが、全く同じだと生徒たちも 慣れてしまうので、むしろ違う方がいいと考えています。もちろん教える上でのベースは同じだし、注意の仕方も同じです。僕のクラスではあまりトウシューズを履かずに、バレエシューズで回転をやったり、ジャンプをやったりすることが多いですね。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

志賀>
私は基礎的なことを繰り返したり、女性の場合はトウシューズを履いてやることが多いですね。脚や腕のポジションは、“ここ”っていう場所を正確に教えたり、“どうすればできるのか”を具体的に教えています。バレエのクラスでは、できるだけ基礎を叩き込んでいる感じです。

あと、ただひたすら2時間半動くだけで終わるのでは、2年間が無駄に なってしまう。バレエに限らず、ジャズダンスやキャラクターダンスも、“舞台で観せる踊りをする”ことを意識するよう指導しています。踊りを“観せる”ことができるようになれば、きっとどこにでも出せると思っています。

森田>午後は日によって違いますが、スタジオパフォーマンスが控えているときはそのリハーサルをしたり、コンクールのためのリハーサルをやることもあります。あと月に二度ほどジャズダンスの先生に教えていただいたり、イルギス・ガリムーリン先生にキャラクターシューズを履いて踊るキャラクターダンスのスタイルを教わったりと、僕らとしてもできる限りのことをしようと努めています。

ph

(C) TOKIKO FURUTA






現在在籍している塾生の内訳をお教えください。

志賀>現在9名が通っていて、その内座学のみの受講生が2名います。今年16歳になる男の子がひとりいて、女の子は15歳と19歳がひとりずつ、20歳が4人、22歳が2人です。

森田>出身は東京のほか、神奈川から通っていたり、仙台から上京している子もいますね。A.M.ステューデンツ(牧阿佐美指導による選抜クラス)とバレエ塾の両方でレッスンをしている生徒もいます。月曜~金曜がバレエ塾で、土日のどちらかにA.M.ステューデンツのレッスンを受けるんです。現在の入塾は4月ですが、発足した2012年は9月から始まったので、今年の7月に一期生の4人が卒業します。

ph

(C) TOKIKO FURUTA


バレエ塾のバレエ実技科目は、科学技術学園高等学校における教育課程の科目として、単位認定が受けられるそうですね。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
新国立劇場のバレエ研修所もそうなんですが、通信教育と提携させていただいて、高卒の資格がとれるシステムにしています。月曜から金曜の昼間に毎日レッスンをやっていますので、中学を卒業してすぐ塾に入るとなると、高校に行けないんですよね。親御さんの中には中卒だと不安があったり、高校は出さないと、という方が多い。やはりみなさんそこがどうしてもネックになるようなので、塾としてクリアできるようにした形です。

志賀>塾のレッスンを受けることで、高校の実習科目の単位がとれるんです。高校は本来三年制ですが、バレエ塾が二年制なので、二年で大抵の単位が取れるようなシステムに調整していただいています。なので、塾生は普通の学生よりも少ない科目で資格がとれるんですよね。

森田>その分、ちょっと内容が濃い感じではありますけど……(笑)。
今の塾生の中では、ふたりが高校と塾を両立して勉強しています。

ph

(C)TOKIKO FURUTA






開講して二年近く経ちます。先生方からみた塾生の成長、手応えはいかがですか?

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
中学を卒業してすぐ入った男の子がひとりいますが、彼は最初とにかく身体が硬くて。前屈もできないし、脚も90度上がらないほどでした。でも本人はバレエが大好き、踊ることが大好きで、すごく真面目に努力する。彼は入塾してもうすぐ一年が経ちますけど、伸び率からするとトップかもしれません。

女の子たちは20歳近くになってから入った子が多いので、塾に来た時点である程度自分の形というのができてしまっていた。もちろんそれを否定する訳ではありませんが、上達を目指す上で直した方がいい部分が多々あって、そこにちょっと時間がかかっている感じです。やはり20歳くらいになると、いろいろクセも付いてしまってるので、そこが難しい部分でもありますね。なので、まだ15歳~16歳で来てくれた方が直しやすいのですが……。

志賀>20歳くらいになると、精神的にもある程度プライドが出てくる年齢なので、こちらとしてもそういう部分の邪魔をしてはいけない。なかなか素直に受け入れられなかったりと、生徒たちの中でもやはり葛藤があるようです。16歳の男の子はまだ何も持っていなかったので、イチから教えれば何とか形になるし、進歩も早い。ひとりひとり違う課題がありますが、それぞれに対応した教え方を考えています。生徒はみんな大分変わってきていますね。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
こちらも試行錯誤している最中。自分たちが思ってるところまでいくのはなかなか時間がかかりますね。

志賀>私たちが現役で踊っていたときのバレエ界は黄金期と言えるような、素晴らしいダンサーが沢山輩出された凄い時代で、良いとされるレベルが相当高かった気がします。環境が違う今、すぐに同じことを求めるのは難しいと思うので、今の生徒たちの条件がまずあって、そこから上のレベルに持っていければと……。

あと、今は何処のバレエ団でも身長がないと入団するのが難しくなっていて。身長の高さが必須条件で、小さかったら特段に踊れないと厳しい時代になってきてる。身長の低い生徒にはそう伝えているんですけど、危機感を持っているようには感じられません。なかなか響かないんですよね(笑)。

ph

(C) TOKIKO FURUTA


精神面はいかがですか? 先生方の時代と今の子たちとでは、
違うなと感じる部分はありますか?

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
全然違いますね。
志賀>今の子は自分で考えて自分でやるということができないんです。真面目ではありますが、意欲的ではない感じがします。

森田>注意されるのを待ってるんですよね。例えば回転が出来なかったら“何で回れなかったのかな?”って自分で考える前に、“何で回れないんですか?”ってこちらに聞いてくるような、何か言ってくれるのを待ってるような部分がある。凄く受け身なんです。

僕らの時代は周りに踊れる子が沢山いたので、“ああいう風に回りたいな”とか、“くそ、負けないぞ!”とか、いい意味でのライバル意識があった。またそれが、上手く相乗効果になってお互い成長できたんです。だけど、今の子たちを見てるとそういうのがなくて、仲良しグループみたいな感じ。“なんかあの子すごーい”なんて感じで終わっちゃってる(笑)。だから風が吹かないし、稽古にあまり活気がないというか。先生に言われて、はい、はい、と言うだけ。

僕らは毎回毎回全力でやったものですけど、しんどそうな顔も見せず、ハァハァ息が上がってる子もいない。みんなセーブしてるというか、稽古にしても一回一回を全力で踊ってない。“きっともう一回やれって言われるから、そのためにちょっと力を残しておこう”って感じに見えちゃうんです。その辺が、僕らからするとちょっと解せないというか。みんなやればできるんですよ。でも“やれ”と言わなきゃやらない。それは塾の生徒たちだけではなく、バレエ団の若いひとたちもそう。そこが見てて、歯がゆいというか……。 

ph

(C) TOKIKO FURUTA

志賀>
先生に食い下がっていく感じがないんですよね。何か注意されたときに、“悔しいから言われた以上のことをやってみよう”とか“もう絶対有無を言わせないくらいやろう”という気持ちがないんです。

A.M.ステューデンツもそうですが、やっぱり見てると気持ちが強い子の方が最後は残るし伸びますね。やっぱり強くないとダメ。“我が道を行く!”というくらいの方がいいのかなって思います。指導者としては、ちょっと扱いずらいですけど(笑)。

森田>指導の仕方も難しくて、今の子には厳しい言い方が出来ないんですよね。
志賀>褒めないとやる気が出ないし、でも褒めたらフニャーッてなっちゃう(笑)。私自身は、牧先生に褒められたことなんてないですから。本番を終えて自分では凄く上手くできたなと思っても、牧先生に会うと“あそこ何よ!”と言われて、“また言われた!”なんて思ったり(笑)。いつもそんな感じで、牧先生は厳しかったですね。私には特に厳しかったかもしれない。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
なかにはちょっと褒めないとダメになっちゃう子もいますよね。でも彼女は負けん気も強いし、たぶん厳しく言っても絶対に食らい付いてくるだろう、というのが牧先生もわかってたと思うんです。でも今は、そういうタイプの子はいない。

牧先生も最近は教え方を気にされていて、生徒に対して“こういう言葉使いはしちゃいけない”とか、“こういう言い方はしちゃダメ”と言われます。

志賀>私は結構厳しいです。森田先生のほうが穏やかですよね。
森田>別に柔らかくしてるつもりはないんですが、全員が厳しいと生徒たちも息が詰まちゃうだろうと。全体として、バランスが取れていればいいかなと思ってます。

ph

(C) TOKIKO FURUTA






牧先生がバレエ塾を訪れることは?

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
しょっちゅうです。いつも突然なので、みんないつ来るかビクビクしてると思いますけど(笑)。
志賀>いつも高いヒールの靴を履いてあらわれて、バーッと注意して、指示を出して、あっという間に帰っていく(笑)。

森田>でも、やっぱりそうやって引き締まるポイントは必要だと思います。そのためにも、半年に一回パフォーマンスという形で発表する場をつくって、盛田会長や塾生の親御さんに観ていただいています。スタジオでやるので舞台より客席も近いですし、お客さんの顔も見える。緊張すると思うんですけど、時々はそうやって刺激を与えていく必要がある。いくら厳しくても、どうしてもその厳しさに慣れてきちゃうので。

志賀>あと、コンクールにも出しています。授業の中で指導しますので、コンクールに出るために別の指導料が発生するということはなく、授業の一貫としてバリエーションを指導しましょうという考えです。
森田>実際に塾生の女の子が、去年『ジャパンダンスコンペティション』というコンクールに出てシニア部門の一位をとりました。彼女はそこからステップアップして、今年は東京新聞主催の全国舞踊コンクールに挑戦します。生徒にとってもコンクールは励みになるし、大事な経験だと思う。塾としてもゼロからスタートしていますので、実績をつくりたいという考えもあります。

ph

(C) TOKIKO FURUTA


この3月に、入塾オーディションと塾生によるスタジオパフォーマンスを開催されますね。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
オーディションを先に行い、受験生の中でスタジオパフォーマンスを観たいという方と、あとは親御さんや先生方に来ていただきます。

志賀>パフォーマンスの内容はそのときによって違うんですが、今回は『眠れる森の美女』の妖精の踊りと、『海と真珠』のグラン・パ・ド・ドゥ、『角兵衛獅子』のさらしの踊りと、男の子のバリエーションと女の子ひとりのソロです。クラスレッスンのセンターレッスンを最初に少しやって、塾の雰囲気も見ていただきます。

森田>場所的に入場人数が制限されるので、スタジオパフォーマンスは基本的に関係者の方に向けたものになります。ただ2015年の3月に劇場を借りて、今年の7月に卒業する一期の生徒たちも含めてみんなでパフォーマンスをしたいと考えています。今は実現に向け、牧先生と相談をしている最中です。

ph

(C)TOKIKO FURUTA


塾生に対する卒業後のサポートは何か予定されていますか?

森田>今年の夏で一期生4人が卒業しますが、その内3人は牧阿佐美バレヱ団の準団員として籍があるので、たぶんそのまま入団することになると思います。もうひとりの生徒もバレヱ団に入りたいということになれば、牧先生や三谷先生と相談する形になります。その他にも外国に行きたいという生徒が出てくれば、牧先生のコネクションで行ける所を探したり、というサポートは予定しています。

もちろんここに入ったから絶対に牧阿佐美バレヱ団に入れる、あるいは入らなくてはいけないという訳ではありません。他のバレエ団に行きたいという希望があれば、本人の意向に任せます。

ph

(C) TOKIKO FURUTA






今後塾として強化していきたい部分、考えていることはありますか?

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
良いダンサーを育てるための授業を柔軟に組み立てることが出来るので、僕たち教師が“こういう風にした方がいいのでは”“こういうことをやったらどうか”と思ったことは、その都度牧先生に相談をしています。具体的には、実技もですが、座学をもう少し増やしていけたらと考えています。

志賀>生徒たちにはいろんな作品を経験させたいと思っています。コール・ド・バレエでも何でも、舞台経験を増やせればと。
実際、牧阿佐美バレヱ団の舞台や、2013年の冬にはモスクワ・クラシック・バレエの公演にコール・ド・バレエで出してもらったりと、なるべく舞台に立つ機会を設けています。やっぱり舞台があるとそこに向けてまたパワーも出てくるし、終わったら終わったで自分に自信が付く。そこをもっと充実していけたらと……。3月は牧阿佐美バレヱ団で『三銃士』を上演しますが、そちらに塾生の男の子も出させていただく予定です。
森田>立ち役なんですけど、本人に聞いたら“絶対に出たい”と。やっぱり舞台に立つというのは嬉しいみたいですね。

ph

(C)TOKIKO FURUTA


バレエ塾の目指すもの、先生方の願いとは?

志賀>良いダンサーです。自分たちを超えて上に行ってもらいたい。身体的なものにしても、環境にしても、条件は絶対的に今の子の方がいいので、もっともっと上を目指せたらなって思うんです。そこに目がけて、私たちがサポートする形ですよね。生徒たちもそうですけど、私たち教師もさらに勉強してお互いにレベルアップして活躍できるようになればと。それで牧先生の踊りのスタイルがより世に認めてもらえたら、もちろんすでに認められてるとは思いますが、それが確実なものになればいいなと考えています。

ph

(C) TOKIKO FURUTA

森田>
ここが通過点でも構わないので、とにかく良いダンサーに育って欲しい。牧先生もいつも、“良いダンサーを育てたい”と言っています。それは、主役を踊るから良いダンサーというだけの意味ではなく、プリンシパルでなくても素晴らしい魅力を持った良いダンサーは沢山いますよね。

ダンサーとしても、人間的にも、良い人材を育てたい。それにより、日本のバレエ界の底上げができたらという気持ちもあります。この前もローザンヌ国際バレエコンクールで日本人が何人か賞をとっていましたが、そこだけで終わってしまうのではなく、彼らのような子たちが一杯出ることによって、日本におけるバレエの社会的地位がもっと上がってくれたらと……。

僕らの頃とは違って、今は“男の子がバレエなんかやって”と言われる時代ではないし、少しずつ認知されてきているとは思う。けれどやはり外国と比べると仕事として成り立ってなかったり、認められてない部分がある。大きな目標ですけど、最終的には日本のバレエというものが認められればいいなと思う。そのためにもまずは、良いダンサーを育てていければと考えています。

ph

(C) TOKIKO FURUTA






プロフィール

ph

森田健太郎

牧阿佐美バレエ塾主任教師。高知県出身。立脇千賀子バレエスクールで学ぶ。1996年英国スコティッシュ・バレエ団にソリストとして入団。1998年に帰国し、牧阿佐美バレヱ団へ入団する。現在、牧阿佐美バレヱ団プリンシパル、新国立劇場バレエ団オノラブル・ダンサー。主な主演作品に、『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『ドン・キホーテ』『ロメオとジュリエット』『三銃士』『ラ・バヤデール』がある。1990年全国舞踊コンクールジュニアの部第1位、2001年第27回橘秋子賞優秀賞、2010年第26回服部智恵子賞など、受賞暦多数。



ph

志賀三佐枝

牧阿佐美バレエ塾講師。東京都出身。橘バレヱ学校で牧阿佐美・三谷恭三に師事。1989年橘バレヱ学校卒業と同時に牧阿佐美バレヱ団に入団。1994年、『ドン・キ ホーテ』の主役に抜擢される。以来、『くるみ割り人形』『ロメオとジュリエット』『リーズの結婚~ラ・フィーユ・マル・ガルデ~』『椿姫』『ノートルダム・ド・パリ』の主役を踊る他、新国立劇場のソリストとしても活躍する。1988年埼玉県全国舞踊コンクール第1位受賞。1997年松村賞、2000年中川鋭之助賞受賞、2002年第 18回服部智恵子賞、2003年第29回橘秋子賞優秀賞を受賞。




牧阿佐美バレエ塾

実技授業 :10:00~15:30 月曜日~金曜日(土曜・日曜休講)
ポワント、ヴァリエーション、パ・ド・ドゥ、キャラクテール、
ジャズダンス、ジャイロキネシス、男性クラス、演劇
※牧阿佐美バレエ塾のバレエ実技科目は科学技術学園高等学校における
教育課程の科目として単位認定が受けられます。
座学授業: 15:30~17:00
英語、書道、衣裳製作、歴史(日本、音楽、バレエ)、美術、ピアノ他

教師
実技:
主任教師・森田健太郎、志賀三佐枝、小嶋直也、横山薫、塚田渉、毛利あゆみ(ジャズ)
特別教師:牧阿佐美、三谷恭三、小倉佐知子、ゆうきみほ、沢田加代子、
イルギス・ガリムーリン、成澤淑榮
ゲスト教師:海外から招聘する指導者による特別講習
座学:舞踊史/川島京子、日本史/児嶋貴行、習字/中田佳子、
英語/アダム・フルフォード、矢島英理子

入塾年齢:15歳(中学校卒業)以上
在籍期間:2年
入学金:
授業料:実技・座学 2年間 2,860,000円(税込)(1ヶ月あたり130,000円)
実技のみ・座学のみ応相談。
授業料には発表会/スタジオパフォーマンス経費、施設設備費を含む。
校舎:橘バレヱ学校 
東京都渋谷区富ヶ谷2-14-15


入塾オーディション開催

開催日:2014年3月16日(日)
オーディション申込期間:~2014年3月15日(土)
応募資格:15歳~21歳
問合せ:03-3460-9411
http://www.ambt.jp/amj