中央を標準に、その上下に緩いフィット感という通し方が、個人的には快適だった。

ほかのギャラリーを見る