私の行っている、超初心者の方にジャズ(JAZZ)の楽しさに触れて頂くJAZZ勉強会。参加いただく方の実に八割以上が女性の方です。

そんな中で多く声を頂くのが、「ジャズメンの名前や曲名を覚えられない」、「ジャズの話題で会話を始めても、話がまとまらない」といった悩みです。そこで今回は、ジャズ(JAZZ)会話をスマートに広げるための三つのコツをお伝えいたします。
 

1、名前は正確に覚えよう

「ほら、あれ素敵ですよね、ほらほらラッパのあの人がやってる、えーとなんとかっていうアルバム……」 パーティの席や友人との会話の中で、いざ最近聴いたJAZZについて話そうと思った時に、一番多いパターンです。これでは、折角のジャズの会話もお洒落なものにはなりません。

ジャズの会話で一番大切なのが、ミュージシャンやアルバム、曲、楽器の名前を正確に覚えると言う事です。これをクリアしないと、話が出来ないばかりか、相手に背伸びしていると思われたままで終わってしまいます。逆に言えば、ここさえ押さえておけば、何とかなってしまうのも事実です。

でも、ジャズは元々はアメリカの音楽。横文字の名前を覚えるのは、大変と言えば大変です。しかも、100年以上の歴史がある音楽ですから、似ている名前の人も相当数いる事になります。

例えば、モダンジャズ期に西海岸で活躍したテナー奏者のジャック・モントローズ(Jack Montrose)とニューヨークなど東海岸で活躍したJRモンテローズ(J.R. Monterose)は違う人です。

スイング時代の大物ドラマー、ジョー・ジョーンズ(Joe Jones)とモダンジャズ期の大物ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)も違う人。この場合は、名前が一緒なので、間違えられないように、ご本人がわざわざ「フィリー」(フィラデルフィア出身だから)とニックネームをつけているほどです。

アルトサックスに至っては、フィル・ウッズ(Phil Woods)とクリス・ウッズ(Chris Woods)とソニー・クリス(Sonny Criss)も同じアルト奏者。ソニー・スティット(Sonny Stitt)、ジミー・ウッズ(Jimmy Woods)、クリス・ハンター(Chris hunter)というアルトもいるから混同してしまいます。

そこで、まずはご自分のお気に入りのミュージシャンの名前を正確に覚える事から始めましょう。そして、もし同じ楽器で似ている名前の人がいたら、逆に良い機会ですので両方聴いてみましょう。

「フィル・ウッズとクリス・ウッズ、ソニー・クリスって何となく三人とも似てる」。そう感じたらしめたものです。良く聴くとそれぞれに音色が異なり、違いははっきりありますが、そこは三人ともにチャーリー・パーカー派でならしたアルトサックス奏者です。フレージングでは似ている所は多くあります。その事を会話で出せれば、一目おかれること請け合いです。
 

ソニー・クリス「サタデイ・モーニング」より「ティン・ティン・デオ」

サタデイ・モーニング

サタデイ・モーニング


ラテンの妖しい雰囲気のテーマの段階から、ソニーの熱は伝わってきます。アドリブに入ると、アルトに乗り移ったかのようなその熱情が一気に放出されます。目まぐるしく音階が上昇下降を繰り返し、聴く者に興奮を与えます。いつもの性急なソニーのフレージングが、見事にハマった演奏と言えます。

続くピアノのバリー・ハリスによる渋いソロによって、一旦クールダウンしますが、またソニーによる熱いテーマで締めくくられます。燃えるように激しいラテンナンバーなのにどこか物悲しい、カーニバルの後のような印象の演奏です。

このCDは他にも、一曲目弾き語りの名手マット・デニスの名曲「エンジェル・アイズ」やひっそりとした風情が物悲しい終曲「アンティル・ザ・リアル・シング・カムズ・アロング」など聴きどころが多くあります。ソニー・クリスの代表作と言えるものです。

しかし、その割には、あまり市場には見かけない盤です。「ザナドゥ」(XANADU)というレーベルの権利問題が関係していると思われますが、このあたりのウンチクも話題に出せれば、ジャズ通に見られるポイントになりますね。

次のページでは、ジャズで意外に大事な「数字」についてです!

Amazon

2、「数字」(吹きこみ年等)は出来る限り正確に

マイルス・デイヴィスジョン・コルトレーンなどに代表されるように、同じジャズメンでも時代によってスタイルが激変してしまう事も多いジャズでは、録音年月日も、重要なポイントになります。

CDにはプレスされた年が書かれているので、古い演奏が多く、くりかえし再発されるジャズでは、録音された年と必ずしも一致しないので注意が必要です。

会話の中で、時代とともにスタイルが変わったミュージシャンの話題などが出た場合のためにも、せめて自分の好きなアルバムの録音年は覚えておく事をおススメします。

また、数字に関連して、バンド編成の用語も覚えておきましょう。ピアノなどで一人で演奏する事を「ソロ」、二人の場合は「デュオ」。三人は「トリオ」、四人は「カルテット」以降「クインテット」「シクステット」「セプテット」「オクテット」「ナインテット」「テンテット」。

11人以上になると単に「バンド」や「オーケストラ」、「ビッグバンド」などと呼ばれます。ここを押さえておけば、知らないアルバムでも編成の見当がつきますので便利です。
 

テディ・チャールズ「テンテット」より「ジ・エンペラー」

The Teddy Charles Tentet

The Teddy Charles Tentet


この演奏が録音されたのは1956年。モダンジャズ期の中でもおそらく最高に熱かった時期になります。

この時期に録音されたものは、どれを聴いてもモダンジャズの醍醐味を味わえる演奏ばかりですが、このヴァイブ奏者テディ・チャールズの「テンテット」は少し毛色が変わっています。

数名の気鋭のアレンジャーが、テディのもとに集まった十人のミュージシャンために腕をよりすぐりスコアを持ち寄った、というような内容です。そのためこの時期多かったストレートなアドリブ合戦というよりも、アレンジされたサウンドの妙を聴かせるやや変化球的な内容になっています。

おそらくは各人がスコアをにらみながらの演奏になったと思われます。そういう意味では、各人のアドリブという面に注目すると、やや物足りないとも言えます。

その中にあって、この「ジ・エンペラー」は各人のソロが躍動感で弾んでいる曲になります。才人ジョージ・ラッセルのアレンジのためクリティックに取り上げられることが多い有名な一曲目の「ヴァイブレーション」。でもむしろ同じアレンジャーでも、各人のソロが生き生きとしているこの曲の方がおススメです。

ジョージ・ラッセルやギル・エヴァンスなどあたかも高名アレンジャーの競演のようになったこの録音です。逆に言うとこの1956年と言うモダンジャズの最盛期に、ニューヨークにおいてこのようなアレンジ重視のアルバムが吹きこまれたと言う所に注目です。テディ・チャールズの進取性を感じるところでもあります。

正直演奏自体はそういった試みがすべて成功したとは言い難いものですが、印象的な黒のジャケットのムードにピッタリのインテリな雰囲気のジャズとして会話にのせれば、ジャズ通にみられること請け合いです。

ちなみにこの録音には、名前が似ている所で出てきたテナー奏者「JRモンテローズ」が参加しており、短い中でも特徴的なソロを取っています。

この辺から、「このJRモンテローズって、同じテナー奏者のジャック・モントローズとは別人なのをご存じですか。」などと会話を持って行ければ、最高ですね。

次のページでは、一番大切なコツをお教えします!

Amazon

3、「理由」をはっきり持とう

ジャズについて自分の意見を話せるのはカッコいいこと。それでもやってしまいがちなのが、「好き」「嫌い」とだけしか言わない事です。

それだけでは、話は繋がっていかずに会話も途絶えがちになってしまいます。好き嫌いが一致すればまだしも、一致しない場合はさらに気まずい雰囲気になってしまいかねません。

好き・嫌いのなかにも、その理由を具体的に詳細に語る事が出来なければ、ジャズ通とは思われません。

そこで、最初はこじつけでも何でも良いですから、自分なりの感性で理由(reasons)を語る癖をつけましょう。
 

スタンリー・タレンタイン「オン・ア・ミスティ・ナイト」より「reasons(リーズンス)」

On A Misty Night

On A Misty Night


この曲は超人気ブラックファンクバンドのアース・ウインド・アンド・ファイヤーのカヴァー曲です。ストリングスと軽快な16ビートに乗って、スタンリーのテナーサックスがテーマから快調に飛ばして行きます。

ソロパートを分け合うトランペットは、フレディ・ハバード。普段の先鋭的なアドリブではなく、メロディ重視の深刻にならないタッチで吹いているのが、曲調にマッチしています。ここでのスタンリーのテナーはコクがあり、テーマをそのまま吹いてもジャズっぽい雰囲気がでるのがさすがです。

スタンリーのテナーサックスは、ハイFの音にいわゆるこぶしのような特徴があり、そこがスタンリーを好きか嫌いか別れるところでもあります。

この曲で言えば、例えば1:30の部分、音が下がる(FEDFED)の「トゥリラトゥリラー」という部分とハイAからFに下降ジャンプする「ピッポ」という風に聴こえる音づかいです。

好きな人にはたまらない魅力ですが、嫌いな人はぞっとする部分にもなります。そういう意味では、アルトサックスのデイヴィッド・サンボーンのファズのかかった様なハイF#(ギャーと言う風に割れた音に聴こえます)と同じく、高音の音に決め技を持っているスタイリストと言えるのかもしれません。

そのあたりの話を、例えば「サンボーンの高音の割れるところがヴォーカルのシャウトっぽくてワイルドで好き」のように、会話の中でさりげなく出せれば、かなりの通として一目置かれること請け合いです。

いずれにしても、音を聴いただけですぐにその人と分かる特徴を持った時点で、スタンリーにはビッグな成功が約束された様なものでした。評価は分かれますが、スタンリー・タレンタインがジャズメンにしては例外的に商業的成功を納めたのも納得です。

Amazon
 

おまけ  最後に一番大事なポイントをお教えします。

それは、一言で言うと「物語を語る」と言う事です。ジャズにまつわるあなたが見聞きしたちょっとしたストーリーを語るのです。

その物語が、ご自分の体験に基づいたものならばさらに効果的です。なぜならば、あなたの経験については、あなたが一番語る資格があるからです。そして、誰もが「ここだけの話」には弱いものですから。

■本日のまとめ  ジャズをカッコよく話すコツ

1、ミュージシャンや曲の名前は正確に覚えよう
2、数字(吹きこみ年等)は出来る限り正確に
3、好きでも嫌いでも理由をはっきり持とう
おまけ  あなただけの物語を語ろう


おしゃれなジャズ会話をたしなむコツ、いかがでしたか?あなたが好きになったジャズをどんどん他の人とシェアして、楽しくお洒落な会話を楽しんでくださいね。それでは、また次回お会いしましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。