ワクワクする話を慎重に発表した任天堂

岩田社長の図

スマートフォンの活用については、慎重に、言葉を選んで発表されました。

非常にワクワクする発表がありました。これはもしかするととても面白いことになるかもしれない、という話でした。2014年1月30日に任天堂は経営方針説明会を行いました。3期連続の赤字が予想されるなかで、任天堂の経営方針に注目があつまり、その是非についても多くの声が寄せられています。

【関連サイト】
2014年1月30日(木) 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会(任天堂ホームページ)

さてさて、今回のゲーム業界ニュースでは、この発表の中で、あえて控えめに発表して、注目されにくくなったところにスポットライトを当ててみたいと思います。それは、任天堂がスマートフォンでゲームをだすかもしれませんよ、という話です。

もう少し正確に言うと、経営方針説明会では、スマートフォンを通じてユーザーと関係性を強めていく為に2014年にサービスアプリを展開する、そしてそのアプリに関して、ゲームを作るということも選択肢としては捨てていない、というようなことが説明されました。

きわめて慎重な発表の仕方で、任天堂がゲーム専用機のプラットフォームをあきらめたとか、スマートフォンに参入してビジネスを行うとか、マリオシリーズやポケットモンスターシリーズをスマートフォンに投入していくとか、そういう勘違いを生まないよう、控えめに表現されました。

その為、なんとなく報道も控えめで、そんなに面白いことが起こりそうも無い雰囲気で伝わっていきましたが、ガイドはこの話を聞いた時に、相当ワクワクしました。というわけで、なんでこれがワクワクする話なのか、任天堂がどういうことをやろうとしているのか、お話してみたいと思います。

スマートフォン用に精鋭チームを編成

パズドラの図

パズル&ドラゴンズを筆頭として、大量のコンテンツがあふれるスマホのアプリで注目を浴びるのは並大抵ではありません

まず、スマートフォンを活用していくにあたっての、任天堂の姿勢です。任天堂の岩田社長は、経営方針説明会の中で、「コンパクトなチームではありますが、社内の精鋭人材を投じて取り組みます」と説明しました。

任天堂はスマートフォンで何かすれば簡単にユーザーを集められるとは決して考えていません。むしろ大量のコンテンツがあふれるスマートフォンの中にあって、注目してもらい、アプリをインストールしてもらい、それを頻繁に起動してもらうということは容易ではないと考えています。その為の精鋭チームです。

そしてその精鋭チームがスマートフォンでサービスをしていくにあたって、任天堂のキャラクターを使うことも、ゲームを作ることも禁じてはいない、と説明しました。競争の激しいスマートフォンでユーザーの注目を集めるには、任天堂の得意な分野を封印しては勝負にならないかもしれない、と判断しているわけです。

とりあえずスマートフォンに何か出せば注目を集めるだろう、ぐらいに考えているわけではない、というのがまず1点です。そして、もう1つ重要なのは、任天堂がスマートフォンでビジネスをしないと明言している点です。

ドラクエの成功

ドラゴンクエストの図

ドラゴンクエストを無料で配布するキャンペーンは、大変な注目を集めました

スマートフォンでゲームメーカーがうまくユーザーの注目を集めて成功した例と言えば、2013年末にスクウェア・エニックスが行った初代「ドラゴンクエスト」を無料でダウンロードできるようにしたキャンペーンがすぐに挙がります。

当初、100万ダウンロードまでとしていましたが、あっという間に100万を突破、さらにキャンペーンの延長を宣言すると、短期間で350万ダウンロードを達成。圧倒的な注目度で話題をさらいました。

初代ドラゴンクエストは直接ゲームソフトをダウンロードする形になってなく、ドラゴンクエストポータルアプリを介して手に入れる仕組みになっています。このドラゴンクエストポータルアプリを使ってもらうことでスクウェア・エニックスはドラゴンクエスト情報をユーザーに直接届け、さらに次のゲームを遊んでもらう基盤を作りました。

ドラゴンクエストポータルアプリを通じて、「ドラゴンクエストVIII for スマートフォン」や、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」などを配信し、好調なダウンロードを記録しています。

ユーザーに無料でゲームアプリを配り、注目を集めることで次のビジネスに繋げる手法は、すでにうまくいった前例があるということになります。

スマートフォンでビジネスはしないし、単純な移植もしない

Newスーパーマリオブラザーズの図

特に任天堂が得意とするアクションゲームなどは、単純に移植をしてもその魅力を十分に発揮しない恐れがあります

スクウェア・エニックスが行っているドラクエシリーズの展開と任天堂の大きく違うところは、まず、単純な移植をしないと宣言しているところです。初代ドラゴンクエストを無料配布したように、ファミコンのスーパーマリオブラザーズを無料で配ればいい、とは考えていないようです。この点について、岩田社長は「自社のゲーム資産をそのまま移植したとしても、それはスマートデバイス向けの娯楽として最適ではないと考えています」と話しています。

実際、初代ドラゴンクエストに関しても、コントローラーの操作をタッチパネルの操作に置き換えるに当たって最適化されてない部分があり、ユーザーから不満が上がりました。それでもまだ、RPGであればそこまでの影響はないかもしれません。しかしこれが任天堂の得意なアクションゲームとなると、質の部分に大きく影響します。

もう1つ違うところは、任天堂はスマートフォン上で直接商売をしない、という方針を掲げていることです。実は、先ほど紹介したドラゴンクエストモンスターズスーパーライトでは、「まほうの地図福引」というガチャの仕組みでトラブルが起きています。

このガチャでは、金の地図と銀の地図があり、ゲームのイメージイラストでは高い確率で出そうな金の地図の入手確率が極端に低いということでユーザーから不満が噴出。スクウェア・エニックスは「まほうの地図福引」をひくために必要な「ジェム」という有料のポイントをユーザーに返還し、ガチャの仕様も変更するという発表を行いました。

スマートフォンなどのゲームアプリの問題点の1つは、ビジネスモデルに重点を置きすぎて、ゲーム体験よりも集金構造を優先させようとする傾向にあります。任天堂はそういったスマートフォンにおけるゲームビジネスの環境に対して、自身のプラットフォーム拡大を目的として、全く違う角度からアプローチすることになります。

最後に、ここまでお話したことをまとめて、任天堂がどういうことをしようとしているのか考えてみたいと思います。

任天堂が考える、スマートフォンの面白いアプリ

マリオとリンクの図

任天堂が考えるスマホのアプリとはどんなものなのか、いまから楽しみです(イラスト 橋本モチチ)

さあ、ポイントを整理していきましょう。

1つ目。任天堂はニンテンドー3DSやWii Uといった自社のプラットフォームを拡大する目的で、スマートフォンを有効に活用する方針を打ち出しました。継続的にユーザーと繋がっていく為のサービスアプリを2014年内に展開する予定です。

2つ目。大量のコンテンツがあふれるスマートフォンで注目を集め、継続的に利用してもらえるアプリを提供する為に、精鋭チームを編成。自分の土俵でないところで戦うのは難しいと判断し、自社のキャラクターの使用やゲームを作ることも選択肢として残しています。

3つ目。スマートフォンでの娯楽として最適でないため、過去のゲーム資産をそのまま移植するようなことはしない方針。逆にいうと、スマートフォンに最適化した娯楽を提供したい、ということでもあります。

4つ目。スマートフォンで直接のビジネスはしないと明言。有料アプリや、アイテム課金、ガチャなどの仕組みはおそらく使われないでしょう。

この4つをまとめると、任天堂の精鋭チームが作る面白いスマートフォンのアプリが無料で使える、ということです。そしてそれは、ゲームかもしれません。ほら、なかなかワクワクする話だと思いませんか? 直接のビジネスをしないことで、他のメーカーとは全く違うアプローチができる任天堂が、スマートフォンで何をするのか、これはやっぱり見ものでしょう。

任天堂は非常に厳しい状況に追い込まれています。特にWii Uは立ち上がりに失敗したことにより、市場が見えず、ソフトが集まりにくいという悪循環を背負うことになります。任天堂自身も、2013年の年末商戦に挽回できなかったことを受けて、大逆転のシナリオから、現実的な数字の中でWii Uのビジネスをどう育てていくかという方針に転換しています。

しかし、実は任天堂にはまだ圧倒的に強いポイントもありまして、それは大変な資産を保有していることです。実は現金及び預金、そして有価証券をあわせると9,000億円もの大金を内部に貯めています。豊富な資金を背景に、困難な場面でも新しいことにチャレンジし続けることができるのは、任天堂という企業のきわめて強靭なところであると言えます。

大変な逆境の中での新しいチャレンジ、あの任天堂がスマートフォンでどんなことをしてくるのか、1人のゲームユーザーとしても、ワクワクしながら待ちたいと思います。

【関連記事】
今、任天堂が抱える危機的状況とは何なのか(AllAboutゲーム業界ニュース)
ドラクエを無料で100万人に配るわけ(AllAboutゲーム業界ニュース)
パズドラの「スマホ→3DS→スマホ」作戦(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。