住み慣れたおうちから離れたくないの!という猫にはキャット・シッターを
住み慣れたおうちから離れたくないの!という猫にはキャット・シッターを
旅行に行くことになったけれど留守の間猫をどうしよう。うちの子はとても臆病で動物病院やペットホテルに預けるとそれだけで病気になってしまいそう。面倒をみてくれる親戚や友人も近所にいないし……。こんなときにお願いできるのがキャット・シッターです。もともと環境変化が苦手な猫にとっては、自宅から離れずに面倒をみてもらえて、なおかつ飼い主もその様子を知ることができるキャット・シッター・サービスは大変便利です。

キャット・シッターとは

飼い主の留守が2泊まででしたら、タイマー付きの食器で留守中分のご飯と複数の飲み水、トイレを余分に用意、室温を管理しておけば猫に留守番をさせてもよいでしょう。2泊以上家を空ける場合は、1日1回でも誰かに猫の様子をみてもらえれば安心できます。友人や親戚、ご近所に猫の面倒をお願いできない場合は、それを専門のサービスとして行っているキャット・シッターの利用を検討してみてください。キャット・シッターは猫の環境を変えることなく、留守中の猫の食事やトイレ掃除などのサービスを行ってくれます。

サービスの内容は様々ですが、一般的には1日1~2回、1回30分~1時間程度滞在して、猫と遊んでくれたりグルーミングをしてくれたり、そのほか植木の水やりや新聞や郵便物の取り込み、中には部屋の掃除までしてくれるところもあります。猫の健康状態を確認し、日誌を付け、携帯カメラで写メールや動画を撮って飼い主に送ってくれるサービスを行っているところもあります。

猫の飼い主宅に行ける範囲でそれぞれの担当エリアを区切っているところが多いので、とても評判がよいキャット・シッターにお願いしたいと希望しても、エリア以外には出張してもらえないことがあります。


キャット・シッターの利点

何よりも猫の環境を変えることなく、面倒をみてもらえることが猫にとっての利点です。ペットホテルなどは猫を送り迎えしなければならない、多頭で預けるとそれぞれ1頭ずつの料金設定のところが多いですが、キャット・シッターは猫の数が増えたときの加算料金設定が低い、郵便物などを取り込んでもらえたり、カーテンを開け閉めすることで防犯対策になるなどの利点があります。

キャット・シッターの資格とは

キャット・シッターを業務として行うためには、動物取扱業の登録が必要です。様々な民間団体によるキャット・シッター認定免許がありますが、これは国が公的に認めているものではありません。キャット・シッターは取扱業の「保管」に当たるので、動物取扱業登録を持っているかどうか確認してください。

キャット・シッターの探し方

キャット・シッターを探すには、かかりつけの動物病院やペットショップに紹介してもらう、またはネットで検索したり、タウンページなどを利用するとよいでしょう。ネットで検索するときは「住んでいる地域 キャット・シッター」と入れると、場所によってはかなりたくさんヒットします。その中から良さそうだなと思えるキャット・シッターを数件選びだし、再度その名前で検索をかけて口コミ情報がヒットすれば選考の参考になるでしょう。ホームページがあるところは、特定商法取引の掲載、動物取扱業の登録番号、責任者やスタッフの顔写真、プロフィールが掲載されていることを確認しましょう。これで絞り込んで、よさそうと思えるキャット・シッターが見つかったらコンタクトを取ってみましょう。


キャット・シッターの選び方

キャット・シッターには、留守中家に出入りしてもらうためのスペアキーを渡さなければなりません。もし「?」を感じることがあれば、素直に断りましょう。キャット・シッターを頼むかどうかは、その人と信頼関係を結べるかどうかが重要です。留守宅に他人が入ることを負担と感じる人は、猫をペットホテルなどに預けるしかありませんが、猫の性格によっては難しいこともあります。飼っている猫の性格をよく考えて、少しでも猫の負担が軽い方法を選択してください。

事前打ち合わせ

いきなり「○月○日からお願いします」ではなく、必ず一度は自宅に来てもらい、直接取扱業や身分証明の確認、人柄チェック、猫との相性をみさせてもらいましょう。打ち合わせのための訪問は無料サービスのところが多いようですが、中には有料のところもあります。来てもらう前に確認しましょう。年末年始などの繁忙期はキャット・シッターも予約でいっぱいになることがあります。1日に回れる軒数が限られていますので、繁忙期にお願いしたい場合は、早めにスケジュールの確認を行いましょう。

打ち合わせに来てもらったときに猫の扱い方をみましょう。来客が苦手な猫もいます。留守宅にキャット・シッターが来て食事やトイレ掃除をしても、隠れてしまって出てこない猫もいるかもしれませんが、中には飼い主がいない寂しさでキャット・シッターに甘えてくるなど、飼い主が知らない一面をみせる猫もいます。プロのキャット・シッターであれば、恐がりな猫を追いつめることなく様子を観察してくれるはずです。

このほか、同じ日に何軒もかけ持ちでキャット・シッターに来る場合、手指の消毒だけでなく靴下を履き替えてくれるかなどの確認もしておきましょう。ワクチン接種がされていなかったり、不衛生な環境で飼育されているお宅は引き受けないなどの基準を定めているキャット・シッターの方が安心です。


猫の情報を伝える

お願いする猫の情報は細かく知らせておきましょう。たとえば、ドアを開けるときに飛び出そうとするクセがあればその旨を、今までにかかったことがある病歴や、食事やトイレの使い方が他の猫と違う場合も知らせておきたいです。

このほかにもメモ書きで渡した方がよいのは下記の内容です。
  • 猫の食事内容、時間、量、食器や予備のフードの場所
     
  • トイレ掃除の方法や、トイレ砂などの所望品の置き場所
     
  • 猫のおもちゃ、猫が好きな遊び
     
  • ゴミの処理方法
     
  • 猫の手入れ方法やグルーミング用品の場所
     
  • キャリーケースの場所
     
  • かかりつけの動物病院の情報や診察券、ワクチンの証明書
     
  • 緊急連絡先

動物病院にも「何日間留守をするので、もし猫に何かっあたら○○キャット・シッターが代理で猫を連れて行くかもしれない」という連絡をしておきましょう。ご近所にもキャット・シッターが尋ねてくることを知らせておいた方が、誤解を招かず安心できるでしょう。真夏や真冬にキャット・シッターをお願いするときは、部屋の温度調節や猫用の暖房器具の取り扱いについても説明しておきましょう。

最初から旅行スケジュールがきちんと決まっている場合はよいですが、滞在期間が伸びる可能性がある場合ば、必ず前もって伝えておきましょう。繁忙期などは数件のシッターをかけ持ちで行うこともあるので、場合によっては期間延長が難しかったり、別料金が発生することもあります。


契約書を取り交わしましょう

正式に業務を行っているキャット・シッターであれば契約書を用意しているはずなので、契約書を取り交わしてください。支払う金額、交通費や出張費などが加算されるかなど、料金体系やサービスの内容も細かく打ち合わせましょう。万が一留守の間に猫の身に何か起きたときの場合、事故や病気にかかったらどうするかもきちんと契約書で取り交わしておきましょう。キャット・シッターの多くは個人事業主で運営されていますので、保険の有無も確認しておきたいです。

家のスペアキーを預けたら、必ずカギの預かり証を発行してもらいましょう。

留守宅で猫が安全に過ごせるように

キャット・シッターが家に滞在してくれるのは、1日のうちの30分から1時間。それ以外の時間猫はひとりで過ごすことになるので、危険になりそうなものはすべてきちんと片付けておきましょう。電源はコンセントから抜いて、猫がおもちゃにできないように片付けていってください。

もし留守宅で猫が高価な花瓶などを壊したとしても、その責任はキャット・シッターにはありません。壊されては困るものは猫が出入りできない部屋にまとめて、キャット・シッターにも「この部屋には入らないでください」とお願いしておきましょう。万が一の脱走に備えて、猫には首輪と迷子札をつけておきましょう。


出張で家を空けるときだけでなく、仕事で遅くなる日もキャット・シッターに猫の様子確認をお願いしている友人がいます。長く同じシッターさんにお願いしているので、猫もその人が来ると身内気分でご機嫌だそうです。キャット・シッターはサービス業ですからお金がかかります。猫は一日中寝ているし、少々のお留守番は平気とはいっても、生きものである以上留守中に何が起こるかわかりません。留守時間が長くなるご家庭では、長期不在以外でもキャット・シッターを活用されてはいかがでしょうか。

【関連記事】
猫を飼うための条件
猫を多頭飼いするときの注意点
猫に快適な部屋づくり
猫にとって危険な植物
猫との暮らしに必要なグッズ・用品
猫の留守番のさせ方
猫を預けるペットホテルの選び方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。