続々登場するVOCALOID3歌声ライブラリ

メルリ

ヤマハが発売する新VOCALOID3、メルリ

2013年末から2014年1月、2月というタイミングで、さまざまなVOCALOID3製品が登場してきています。具体的な製品名であげると
●メルリ(ヤマハ)
●kokone(インターネット)
●MEIKO V3(クリプトン・フューチャー・メディア)
マクネナナ(マクネナナプロジェクト)
といった製品。すべて女性VOCALOIDですが、みんな特徴のある歌声ライブラリであり、選択肢が増えるというのはVOCALOIDユーザーとしてもうれしい限りです。

この中で、特に使ってみて面白かったのがインターネットのkokoneです。漢字だと「心響」と書くそうですが、これは、今までにないチャレンジングな製品なのです。実際に、ネットにUPされている動画などをご覧になった方もいるかもしれませんが、kokoneの最大の特徴はファルセット=裏声です。

kokone

ファルセットが非常にキレイなkokone

ある程度の高さから上の音になると、非常にキレイな裏声で歌いだすんですよね。単純に普通の声をデジタル的に高域に持ち上げるのとは明らかに違う歌い方であり、とっても新鮮です。先日、開発元であるインターネットの村上昇社長に、その辺の経緯をインタビューし、DTMステーションでも記事にしているので、興味のある方はご覧になってみてください。

ちなみに、そのインタビューの中でもう一つ登場したのが、Megpoid Talkという製品。これはMegpoidとはいえVOCALOIDではなく、テキストtoスピーチというジャンルの喋るソフトウェアです。VOCALOIDと同じMegpoidの声で簡単に喋ってくれるのは面白いし、このソフトからVOCALOID3用のVSQXファイルを書き出せるので、それを各VOCALOID製品で読み込むと、喋らせることができるというのも大きなポイントとなっています。

【関連記事】
裏声がキレイなkokoneと喋るMegpoid Talkが揃って登場!


スペインのVOCALOIDが日本語を歌う

MAIKA

スペインのVOCALOID、MAIKA

「VOCALOID=日本の文化」と思っている方も多いとは思いますが、海外初のVOCALOIDもいろいろある、というのをご存じですか? そもそも世界で最初にVOCALOID製品を出したのはイギリスのZero-G社。確かにエンジンはヤマハが開発したものですが、実際に商品化したのはイギリスだったんですね。

また、VOCALOIDはヤマハ単独で開発したわけではなく、スペインのバルセロナにあるPompeu Fabra大学との共同研究によって生まれたもの。そんなこともあってか、スペイン発のVOCALOID製品というのもあるのです。

そのスペインのVOCALOIDメーカーというのがVoctro Labs。同社は、これまでBruno、ClaraというVOCALOID3製品を出していましたが、12月18日、新たな女性VOCALOID3製品として、
●MAIKA
というものをリリースしました。
スペインのVOCALOIDなので、当然スペイン語で入力し、歌わせるものなのですが、同社が用意したフリーのツールを使うことにより、日本語を歌わせることも可能になっているのです。

この話、Twitter等でよくやりとりしている、だいすけPさんから教えてもらうとともに、Voctro Labsの方を紹介いただいた結果、そのMAIKAを入手することができました。

実際に使ってみると、インストーラ自体は日本で流通しているものとまったく同じであり日本語の画面にしたがって作業を進めていくことができます。しかし、ライブラリ自体がスペイン語なので、日本語の歌詞を入力しても受け付けてくれません。英語でもダメなんですね。とはいえ、スペイン語の知識はないので、そのままでは使えないのですが、

では、どうしたらいいのか?実は、まず初音ミクV3でもVY1でも、日本語のVOCALOIDで歌詞を入力し、その後、歌手をMAIKAに切り替えるのです。こうすることで、あらかじめ発音記号に変換することができるので、歌わせることができるのですが、日本語にあって、スペイン語にない発音というのが結構あるため、歯抜けな感じになってしまいます。

そこで、Voctro Labsが出しているJobPlugin「Jpn2Maika」をインストールして実行すると、見事日本語がスペイン語の発音に置き換えられ、MAIKAを歌わせることができるのです。いかにも外国人が日本語で歌っているという感じがするのが面白いところ。こんな歌声、歌い方を自分の作品に使ってみるというのも面白いと思いますよ。

このMAIKAはダウンロード購入が基本となっているし、日本のVOCALOID Storeでも取り扱っているので簡単に入手することが可能ですよ。ちなみに、VOCALOID Storeでの価格は13,860円となっています。


【関連記事】
スペインの新ボカロ“MAIKA”が日本語を歌うぞ!


DTM初心者にピッタリのVOCALOIDスターターキット

VOCALOIDスターターキット

VOCALOIDスターターキット

このように続々と登場してきているVOCALOID3ですが、やはり、まだVOCALOIDを使ったことがない、DTM自体が初めてという人も多いと思います。そんな初心者ユーザーのために、ということで、ヤマハがかなり嬉しい価格設定の製品を出してきました。

その名も
●VOCALOIDスターターキット
というものです。

VOCALOIDを使って音楽を制作するには、やはりいくつか揃えなくてはならないものがあります。PCはWindowsでもMacでもいいのですが、まずそのほかのハードウェアとしてオーディオインターフェイスが必要となります。価格はいろいろですが、1、2万円~10万円程度となっています。

さらに音楽制作のための統合環境ソフトともいえるDAW=Digital Audio Workstationが必須となるわけですが、こちらも1万円~6万円程度というのが相場ですね。

そのうえでVOCALOID EditorそしてVOCALOID3歌声ライブラリが必要となるため、金額的には5~10万円程度はどうしても必要となってきます。

ところがこのVOCALOIDスターターキットはオーディオインターフェイス、DAW、VOCALOID Editorがセットで実売16,800円前後という設定。かなり魅力的ですよね。

ちなみにオーディオインターフェイスはSteinbergのCI1、DAWはCubase 7 LEが入っているほか、そのCubase上で動作するVOCALOID Editor for Cubaseがセットとなっているのです。ただし、VOCALOID3歌声ライブラリーに関してだけは同梱されていないので、自分の好きなものを購入する必要があります。

いつか使ってみたい…と思っていた方は、これを機会にスタートしてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】
初めてユーザー向け“VOCALOIDスターターキット”が16,800円程度で登場

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。