あると便利な究極アイテム!

一昨年くらいから流行したつけ襟を覚えてますか? 付け襟はシンプルなドレスやカットソーなどに付ける物で、アクセサリー的な便利アイテムです。今回ご紹介するのは今までになかった便利でかわいいアイテム「アッタッチスリーブ(付け袖)」。
ショッピングをしているとついつい目にとまるかわいいデザインのドレスは、ノースリーブが大半です。日本の結婚式では一般的にボレロやストールをドレスに羽織る方が多いなか、アタッチスリーブがあればタンク型、キャミソール型、ベアドレスが簡単にスリーブ付きのドレスのように大変身します。
ドレス画像

Before

ドレス画像

After

タイプは半袖と長袖の2パターン。カラー展開はブラック・ネイビー・オフホワイト・ベージュ・ベビーピンクの各5色ずつです。
ドレス画像

Before ブラック

ドレス画像

After ブラック
 

ドレス画像

Before オフホワイト

ドレス画像

After オフホワイト
 

ドレス画像

Before ベビーピンク

ドレス画像

After ベビーピンク
 

下の写真のような肩がないベアドレスでも透明ストラップを取り付ければ簡単にアタッチスリーブを合わせる事が出来ます。
ドレス画像

Before ベージュ

ドレス画像

After ベージュ
 

ドレス画像

Before ネイビー

ドレス画像

After ネイビー


アタッチスリーブの構造と付け方

タンク型やキャミソールの肩部分にアタッチスリーブ附属のヒモを写真のように通し、ボタンでとめます。ヒモには4カ所のボタンホールが付いているのでタンクやキャミの幅が広くても細くても対応出来ます。
ドレス画像

アタッチスリーブの構造

ドレス画像

アタッチスリーブ正面

ドレス画像

アタッチスリーブ サイド


パンツスタイルや普段着にも

アタッチスリーブはドレスやワンピースだけでなくタンクトップやキャミソール等に取り付けて露出を気にせずオシャレを楽しむこともできます。アタッチスリーブを付けることで、普段着もエレガントに仕上がりますね。
ドレス画像

Before パンツスタイル

ドレス画像

After パンツスタイル

 

ドレス画像

Before オフホワイト

 

ドレス画像

After オフホワイト

協力:MALETT
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。