2013年3月13日、システィーナ礼拝堂の屋根の煙突から白い煙が出て、鐘が鳴り響きました。新教皇が選出されたこの日は、バチカン市国の新しい祝日となりました

ほかのギャラリーを見る