ぷるんと美尻エクササイズ

イラスト

お尻がパンツから……

今回のテーマはボディーラインの要、「お尻」です。

冬の間、コートやニットに包まれて油断していたお尻。春になると素材も薄くなり意外と目立つ部位です。春はまだまだ先の話……と油断しているとあっという間に月日は過ぎるもの。お尻が4つに割れていたり、歩くたびに揺れたりするようでは春のオシャレも楽しみ半減!! ヒップの仕組みと併せて、簡単エクササイズをご紹介します。

 

お尻の役目って?

お尻の形崩れを知るために、まずはその構造からみていきましょう。 お尻の筋肉は、外側から3層に重なり合う「殿筋(でんきん)群」で構成されています。

お尻メンバーの中でもメジャーな3つの筋肉と役割を見ていきましょう。

大殿筋

大殿筋は一番表面の大きな筋肉です。

  • 大殿筋……一番表層にあり、一番大きなお尻の筋肉で、人間が二足歩行をするために大きく発達したと言われています。
2本足で立つというのは、意外に大変な姿勢。不安定な上に、歩く時には前にも後ろにも脚を動かさなければなりません。さらに、方向転換をするためには、脚は左右にも動かなくてはならないのです。

このように前後左右と不安定に動く股関節をカチっと固めておくために、大殿筋はここまで大きくなりました。

 
    中殿筋

    中殿筋は大殿筋のすぐ下にあります。

  • 中殿筋/小殿筋……その大殿筋の下に潜むのが、私たちのお尻をサイドから支えてくれる「中殿筋」と「小殿筋」です。
この2つの筋肉を一緒にご紹介したのは、働きも場所も本当に良く似ているから。

中・小殿筋は図を見ていただくとわかるように、「お尻」というよりも腰骨の両サイドについています。サイドから私たちの「ヒップ」を包んでくれているというと分かりやすいでしょうか。

 
小殿筋

小殿筋は一番奥にあり、触るのも難しい筋肉です。

ただし決定的に違うのは、「深さ」です。中殿筋が比較的表面に近くて触れる筋肉なのに対して、小殿筋は同じような場所のそのまた奥に付いているので触るのがむずかしい筋肉でもあります。

この中殿筋・小殿筋は両足で立っているときは役割を感じにくいかもしれません。けれども片足立ちになると、骨盤は脚という支えを失って重力に引っ張られます。

ここで中殿筋が働いていないとお尻が軸足の方に押し出されてしまい、モンローウォークのように腰が傾いてしまいます。

皆さんが毎日行う「歩く」という動作。これも分解してみてみると、左右交互に片足立ちの状態を通過しますよね?つまり、中・小殿筋は歩く動作に必要不可欠な筋肉なのです。

それでは、次のページでこれらお尻の筋肉を刺激する簡単エクササイズをご紹介です!