スーパーマーケットでバリ旅行のお土産探し!

ペピット

お手頃な値段のばらまきお土産がみつかる!

その土地ならではの暮らしぶりもわかる!と、「観光」の意味でも欠かせない地元のスーパーめぐり。私たち外国人旅行者にとっては、安くて使えるお土産の宝庫でもあります。バリのスーパーで買いたい!おすすめのお土産をピックアップしてご紹介していきます。

なんでも揃うペピットスーパーへ!

ペピットスーパー

ウブド地域にもある人気のペピットスーパー。明るく広い店内で、展示もすっきりとして買い物がしやすい空間

バリにスーパーはほかにもたくさんありますが、クタの一号店を皮切りに支店を増やしている人気のペピットスーパーは、観光の途中や、観光からホテルへの帰り道の途中に支店がたくさんあります。今回はウブド地域にあるペピットスーパーでお土産を探してみました。

ペピット

焼きたてのパン、洋風の惣菜も大人気

ペピットスーパー・ウブド店は現地在住の外国人や近隣のホテルに宿泊している外国人旅行者、ウブド中心地やキンタマーニ高原からの行き帰りに観光客が利用するスーパーマーケット。店内の品揃えも整然としています。果物や肉類、魚類の生鮮品や牛乳などのドリンク類、調味料やインスタント食品、家庭用品、整髪商品、ビールやワイン、ウイスキーを含むアルコール類など、必要なものがほとんど揃っている印象です。パン類も充実しており、店内に併設された惣菜コーナーは、サンドイッチ、フォカッチャのオープンサンド、チキンのグリルなど、洋風なメニューが多いのが特徴です。

 

1.自宅でバリの味を再現!インスタントの調味料

ナシゴレン

インスタントのナシゴレン調味料

バリ島滞在中に食べるメニューの中で、もっとも人気があって、ポピュラーなナシゴレンを日本に帰ってから作ってみたいと思ったことはありませんか?簡単に言ってしまえばナシゴレンはインドネシア風のチャーハンですが、どうしたらあの味に近づけるのか?という時に、インスタントの調味料を使ってみるのが良いでしょう。 値段も約40円と安く、材料にさほどこだわらなくても最後にインスタント調味料をまぶすだけで、ナシゴレン風に仕上がります。

 

2.なにかと便利なトマトソースシリーズ

ソーストマト

一本約60円くらいで、辛さがいろいろあります

バリ島のワルンなどでテーブルの上に置いてあるトマトケチャップの辛い版。卵焼き、チャーハン、揚げ物のソースと用意があればなにかとバリ島を懐かしむことができるアイテムです。「ABC」と「Indofood」の2大メーカーがありますが個人的には「Indofood」の方が自然な味のような気がします。「ABC」はちょっと安いけれども味が化学調味料というか、クセがあるような……。

辛い味のシリーズはプダス(pedas)プダスマニス( pedas manis)バンコック(bangkok)など。プダスとは辛いという意味ですが、単純に辛いプダス、ちょっと甘みがあるプダスマニス、バンコクで食べるようなタイ風テイストなのがバンコックの味です。沢山買って分けても喜ばれると思います。