メンズファッションの悩みを女性スタイリストが解決

今回はいつもと趣向を変え、大人の男性が着るべきコーディネイトを女性目線から探るべく、インタビュー取材を行いました。話を伺ったのは、最近話題を集めている「bemool/ビモール」というサービスで活躍中のパーソナルスタイリスト。休日のスタイリングに悩んでいる人もそうでない人も、女性の視点は大いに参考になると思います。

話題のサービス“ビモール”って何??

bemool

「ビモール」は、似合う服をスタイリストがコーディネイトして届けてくれるショッピング代行サービス。

最近、ショッピングを代行してくれるサービスが増えていますが、「ビモール」もそのひとつ。大きな特徴は、服を選んでくれるパーソナルスタイリストが基本的に素人の女性だという点です。ただし、読者モデルやアパレル店員、服飾系の学生など、オシャレ感度の高い女性ばかり。定石やセオリーに縛られ過ぎず、客観的な視点から選んでもらったコーディネイトは、新しい自分を発見する一助になるでしょう。

サービスの詳細は「ビモール」のサイト( https://bemool.com )で確認していただくとして、今回はパーソナルスタイリストにお話を伺い、大人の男性に着てほしいコーディネイトについて語ってもらいました。

生活に馴染みつつ雰囲気のあるスタイルが好き

bemool

「ビモール」パーソナルスタイリストの逢沢莉緒さん。率直な意見を語ってくれました

今回、お話を伺ったのはシーンに合わせた着こなしを得意とするパーソナルスタイリストの逢沢莉緒さん。

「極論ですけど、洋服は何でもいいというか、結局は中身がいちばん大切だと思うんですよね。でも、もしも中身がほとんど同じ人がいるとしたら、ラッピングという意味でファッションも大切だと思うんです。

すごくオシャレである必要はないし、同僚とか身近な人に“雰囲気いいね”って言われるくらいがいちばんバランスがいいと思います」


――ビモールではどのようなコーディネイトを?

「ビモールで服を選ぶ際は、どこかへ出掛ける時にがんばろうって思える服とか、自分に自信が持てるようになる服とか、生活に密着したコーディネイトを作るようにしています。

基本的にはオーダーくれた方に合う服を提案するんですが、強いて自分の好みを言うとすれば、すごくカジュアルな着こなしで素材が良い無地を選んでいたり、逆にキッチリした格好なのに色とか柄で遊んでいたり、そういうギャップというか遊び心のあるスタイルがいいですね。

雑誌で言うと『オーシャンズ』も好きなんですけど、『メンズファッジ』が一番好きですかね、雰囲気イケメンというか」。

次のページに続きます。

まずは自分のことを知ることが大切


bemool

逢沢莉緒さんの主な買い物エリアは代官山、原宿、表参道。デートや合コンの勝負服、飲み会などでのラフな着こなしなど、シーンに合わせたスタイリングを得意とする


「あの有名人になりたいんだろうなぁっていうのが透けて見えちゃう人もけっこう見掛けませんか? でも、誰かになりたいというよりも、まずは自分を知ることが大切なんじゃないかなぁって思います。

サイズ感があまりにもズレてるのも絶対にNG。ビモールの利用者に写真を送っていただくと、ヤセ過ぎくらいの方が大きめの服を着てたり、その逆だったりっていうことが実はけっこうあるんです。自分に合ったサイズの服を選ぶだけでも印象がかなり変わるのに、もったいないですよね。

男性に限ったことじゃありませんが、自分自身を知るって本当に大切なのかもしれません」


――ファッションに自信がない男性にアドバイスを送るとしたら?

bemool

シンプルな着こなしでも、サイズ感と色使いを工夫すればオシャレな印象に

「結局は、自分らしさを知っていて似合ってれば、ブランドがどうというよりも、どんなテイストやコーディネイトでもいいと思いますよ。ヘアスタイルなども含めて、その人らしい雰囲気が大切なんだと思います。誰かのマネをしたって、偽物っぽくなっちゃいますからね。

センスに自信のない人は、とりあえずシンプルな服を選ぶのがいいと思います。靴だけ派手なものにするとか、アクセサリーだけインパクトのあるものにするとか、小物で遊んで個性をプラスするにしても、ベースの着こなしはシンプルな方が合わせやすいですよ。

メンズの服に関しては知らないことも多いので、ショップの方と話して、私自身いろいろアドバイスしてもらうことも多いんですが、かなり勉強になりますよ。わからないことは素直に聞くっているのも、センスアップへの近道のひとつだと思います」。

【関連サイト】
~social my stylist~ bemool

【最近の主な記事】
今すぐに買える旬なチェスターコート6選
アイビーこそカジュアルの基本

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。