インド1位、日本は4位

undefined

もっとウイスキー

2013年も終わりに近づいた。昨年末『ウイスキーの世界市場規模、日本第2位』という記事を書いた。ただし、市場規模といいながら日本での価格帯の1,000円~5,000円、業界でいうスタンダード(10ドル~29ドル)、プレミアム(~49ドル)だけの市場規模を述べたものだった。
今回はすべての価格帯、1,000円以下のエコノミー、5,000円以上のスーパープレミアムも含めた国別消費量の数字を発表する。ネタもとはまたIWSR(The International Wine & Spirits Record)のデータである。
数字は2012年1月から12月の2012年度1年間のもの。

1 インド      約1億7,000万ケース
2 アメリカ合衆国  約4,800万ケース
3 フランス     約1,500万ケース
4 日本       約1,100万ケース
5 イギリス     約800万ケース
6 ビルマ      約640万ケース
7 ブラジル     約600万ケース
8 スペイン     約550万ケース
9 カナダ      約470万ケース
10 ロシア      約460万ケース

ちなみに11位以下、15位までは南アフリカ、ドイツ、オーストラリア、メキシコ、タイの順だった。
スタンダード、プレミアムクラスだけの2011年のデータでは1位アメリカ、2位日本、3位イギリス、4位フランス、5位オーストラリアである。

フランス人はウイスキー好きでもある

1,000円以下のエコノミークラスが加わってくると、こんなにも順位に変動がおきる。トップ15にインド、日本、ビルマ、タイが入っているが、インド、ビルマという国はエコノミークラスがガバガバ飲まれていると思っていい。またエコノミーといっても我々が知っているニッカのひげのクリアブレンドとか、サントリーのレッド、トリスとかとは別物で、モルトなどごく少量かあるいは入っていなくて、香料を使ったりしたイミテーションウイスキーがほとんどだと思っていただきたい。
国によってウイスキーの解釈が違うのだからしょうがない。
ただし、これらの国々がもっともっと豊かになっていけば、ジャパニーズ、スコッチ、アメリカン、カナディアン、アイリッシュの5大ウイスキーの品質の高いウイスキーがどんどん飲まれることになり、ウイスキー市場規模はより拡大することになる。
もうひとつ、フランス人はウイスキーをよく飲む。スコッチのエコノミークラスのブレンデッドを日常的に飲む人がいる。
おまけだが韓国17位、中国19位である。この両国ではエコノミーはあまり飲まれていない。スタンダードクラス以上の輸入ウイスキーが飲まれている。

関連記事

ウイスキーの世界市場規模、日本第2位
世界の名ブレンダー、山崎に集う
ジャパニーズは世界のウイスキーとなるか1
ジャパニーズは世界のウイスキーとなるか4
WWA2010最新情報とブレンデッドの話
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。