飲みの席の会話は意外に重要

酒の席の会話

酒の席の会話は意外に重要

「今日は無礼講だから」上司や先輩の言葉に惑わされ、失敗してしまったというのはよくある話です。逆に飲みの席で関係が深まり仕事にプラスになるというのもよくある話。忘年会・新年会といった機会に重きを置いていないという人もいるかもしれませんが、無防備に参加するのはちょっと待って。

お酒に関するアンケートによると「飲みの席で後輩や部下にイラっときたことがある」と答えた人は61.1%。「無礼講とはいえ、礼儀は守るべきだと思う」という人は、86.3%にものぼっています(インターネットによる調査・株式会社アップウェブ調べ)。

飲みの席での振る舞いは、自分が思う以上に印象に残ってしまうもの。忘年会・新年会で損をしないための話題について考えてみましょう。

会社の飲み会でNGな話題とは?

まずは、実際に部下や後輩にイラっときたことがあると回答してくれた方の意見をご紹介します。

  • 固くなる必要はないけれど、飲みの席でも謙虚な態度は大事(44歳・男性)
  • 飲んでいる時こそ本性が出ると思う(46歳・男性)

アンケートでは「どんな話題がNGですか」と聞いたのですが、会話の内容ではなく、態度に言及した回答が多数見られました。話の内容も大事ですが、飲みの席では態度を気にする人が多いのでしょう。

中には「酒の席で生意気な態度をとられると普段の謙虚な態度も演技に見える」という厳しい意見もありました。

話題に関する回答で多かったのは意外にも仕事に関するもの。

  • 仕事上の意見を飲みの席で言ってくる部下には困る。酔った勢いでしか言えないような意見はどうか。和やかな席に水を差す失礼さも自覚するべき。(56歳・男性)
  • 仕事がらみの愚痴や不満は厳禁。損することはあっても得することはない。(41歳・女性)

共通の話題である仕事や職場に関する話題は、地雷を踏む可能性があると思ったほうがいいかもしれません。仕事の話題をする時には、原則としてポジティブなものだけに留めましょう。

不満や改善してもらいたいことを伝えたい場合には、自分も相手も大切にする爽やかな伝え方(=アサーティブコミュニケーション)が有効です。飲みの席ではなく別の機会を設けて伝えましょう。

次のページでは、あまり知られていない「損をしてしまう話題」について解説します。