iOS機器のカメラでチャージ

もし、iPhoneなどを持っているのなら、コードをカメラで認識させてチャージするのが一番簡単です。ホーム画面にある[iTunes Store]または[App Store]をタップして、画面を下にスクロールして[iTunes Card/コードを使う]をタップします。[カメラで読み取る]をタップすると、コードを認識できるカメラが起動します。
(左)iTunes StoreまたはApp Storeで[iTunes Card/コードを使う]をタップ。(右)[カメラで読み取る]をタップ

(左)iTunes StoreまたはApp Storeで[iTunes Card/コードを使う]をタップ。(右)[カメラで読み取る]をタップ


iTunes Card裏面のコードにカメラを向けると自動認識して、すぐにチャージされます。手間がかからないだけでなく、認識するときの演出が無駄にカッコイイので、ぜひ一度試してください。
(左)コードを映すと自動認識します。(右)キーボードで入力しなくても簡単にチャージできる

(左)コードを映すと自動認識します。(右)キーボードで入力しなくても簡単にチャージできる


なお、iPhoneでチャージした金額も、パソコンなどで共通して利用できます。


アップルサービス共通のプリペイドカード

チャージした金額は、楽曲だけでなく、映画やアプリ、電子書籍サービス「iBooks Store」でも利用できます。MacユーザーであればMac向けアプリ配信サービス「Mac App Store」でも使えます。

また、アプリ内課金の支払いにも使えます。LINEのスタンプやソーシャルゲームのアイテム購入でも、iTunes Cardでチャージした金額で支払うことができます。

iTunes Cardはただのプリペイドカードではなく、割引キャンペーンを使えば、いろいろなものをお得に購入できるようになります。iTunesやiOS機器と長い付き合いになりそうなユーザーは、ぜひ使ってみましょう。


<お詫びと訂正>
アプリ内課金の支払いについて、当初「KindleストアでもiTunes Cardでチャージした金額で支払うことができます」と表記しておりましたが、こちらは誤りで、Kindleストアはアプリ内課金には対応しておりませんでした。読者の皆様、関係各位にご迷惑をお掛けしたことをお詫びするとともに、訂正させていただきます。


■関連記事
・iTunesカードを使ってアプリや音楽を買おう!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。