たったこれだけで美人になれちゃう! ゴロゴロ簡単ストレッチ

体が柔軟など心も柔軟って知っていますか?新しいコトをどんどん吸収して女っぷりをあげちゃいましょう。

体が柔軟など心も柔軟なんですって!ストレッチで柔軟性をアップして、新しいコトをどんどん吸収すれば、あなたの女っぷりは上がるしかない?!

今年はランニングやダンスやピラティス、サーフィンなど新たな運動にチャレンジしてみたい! もしくは、今年こそ自己管理をしっかりして、美ボディに磨きを掛ける!と向上心旺盛な女性はいろいろと目標を立てているかもしれません。そこで、運動にしろボディラインを極めるにしろ、柔軟性が必要とされる部位があります。それが、股関節、鼠径部、ハムストリングス、足首です。そこで今回は、ゴロゴロついでに女っぷりを簡単に上げてしまうストレッチをご紹介しましょう。

では、ストレッチをご紹介する前に、実践する際の注意点です。
・決して無理をせず、伸ばして気持ちのいい範囲で、じっくりと動作しましょう。
・伸ばす時には、息をゆっくりと吐くようにしましょう。
・伸ばした際に鋭い痛みを感じる方向はキープ時間を短めにしましょう。
・伸ばしている部位に意識を向けるように、自分の体に集中しましょう。

柔軟性が決めての股関節&鼠径部をほぐすストレッチ

いい女の条件は、股関節周辺の柔軟度によって決まると言っても過言ではありません。股関節や鼠径部の可動域が狭くなると、骨盤の歪みから生理不順、冷え性、太りやすい、むくみやすいといった症状が必ずと言っていいほど出ます。特に運動不足や座ったままの姿勢が長いと関節の周りの筋肉が固くなり、関節が動かしにくくなる=可動域が狭くなる=血行不順、リンパの流れが滞る図式がすぐに出来上がってしまいます。

そこで寝た状態で、膝を大きく回すストレッチでゆっくりほぐして、冷たいお尻や下半身に温かい血液を流してみて下さい。下半身のだるさやむくみが解消されるはずですよ。



動作1

動作1

1.仰向けになり両膝を胸の方へと引き寄せます。この時お尻が浮きすぎないように、吐く息とともにおへそで腰を床に沈めるように意識しましょう。


 
動作2

動作2

2.それぞれの膝頭を掴み、内側から外側にゆっくり15回回します。


 
動作3

動作3

3.反対側も同様に15回を目安にトライしてください。両側を終えてみて、回しにくい方向に15回回し股関節を調整しましょう。


 
次のページでは、ヒップラインを綺麗にするストレッチのご紹介です。