株式会社もてなす 代表取締役社長undefined阿藤さん

株式会社もてなす 代表取締役社長 阿藤さん

Chromeを愛用するプロフェッショナルに聞く、Chromeの効率的な使い方シリーズです。今回は、株式会社もてなすを経営する阿藤さんにChromeの効率的な使い方を聞きました。WEB、DTP、グラフィックなどの各種デザイン業務を中心にプロジェクトを外部パートナーと共に事業を推進しているだけあって、効率的なChromeの使い方をしていました。

多数のプロジェクトを回すためにChromeアプリと拡張機能を使い倒す

スタッフとのミーティング

スタッフとのミーティング

阿藤さんは、現在、WEBサイトとソーシャルゲームの制作ディレクションをメイン事業としています。また、自社開発の事業としてクリエイター支援サービス酒造銘柄ノートの展開をしています。 これだけの複数プロジェクトを円滑に回すためには、生産性の向上が必要です。ここでは、阿藤さんが仕事をする上で欠かせないChromeアプリとChrome拡張10選をご紹介します。クリエイティブな仕事に携わる方向けの拡張機能です。

クリエイティブな仕事をする方におすすめのChromeアプリとChrome拡張10選

  1. Firebug Lite for Google Chrome
  2. Resolution Test
  3. SEOquake
  4. Sketchpad
  5. キャプチャー
  6. Chroma
  7. Loupe Collage
  8. QR-Code Tag Extension
  9. Chrome リモート デスクトップ
  10. Instant Translate

1. Firebug Lite for Google Chrome

Firebug Lite for Google Chromeです。あるサイトでこの機能を利用すると画面の下半分にそのサイトのHTMLとCSSが表示されてコードを修正するとリアルタイムに上半分に表示される拡張機能です。WEBサイト制作では必須のアプリです。

2. Resolution Test

Resolution Testです。ページの画面を色々なサイズに変更できる。自分用にカスタマイズも出来ます。スマートフォンサイトを作っている人は必須です。

3. SEOquake

SEOquakeです。PR、インデックス、twitter、facebook、google+、ドメイン年齢一覧をツールバーに表示するコンパクトな拡張機能。検索する時に、順位を横に出してくれるのは地味に便利です。

4. Sketchpad

Sketchpadです。ブラウザ上でブラシなんかを使ってお絵かきができるChromeアプリ。簡単に画像の修正指示などを書きたいときはこちらを使っています。

5. キャプチャー

キャプチャーです。注釈を加える、切り取るなどの加工が出来ることで人気の拡張機能です。UIの修正指示などで使っており、とても便利です。

6. Chroma

Chromaです。カラーモードをHex・RGBで切り替えることができます。気に入った色を保存しておき、呼び出すことも出来る拡張機能です。デザインをするときにWEBサイトの気に入った配色をつかったりします。

7. Loupe Collage

Loupe Collageです。自分の写真でコラージュ画を作成できる。写真はSNSやgoogle driveからも引き出せる。旅行の記録をメッセージと共に面白くデザインできるツールです。

8. QR-Code Tag Extension

QR-Code Tag Extensionです。QRコードを表示。それ以上でも以下でもなし。地味に使えます。

9. Chrome リモート デスクトップ

Chrome リモート デスクトップです。一時すごい話題になりました。外出先からでもパソコンを遠隔操作できるという拡張機能。いざって時に重宝します。

10. Instant Translate

Instant Translateです。Chromeで英文テキストの部分をハイライトして、キーボードの「T」を押すと、その英文が瞬時に翻訳されるChrome拡張機能です。わからない単語が出た時に地味に使えます。

阿藤さんが仕事を円滑に回すために活用している、Chromeアプリと拡張機能をご紹介しました。多くの方の参考になれば幸いです。

阿藤さんからのメッセージ

株式会社もてなす 代表取締役社長undefined阿藤さん

株式会社もてなす 代表取締役社長 阿藤さん

「クリエイティブ」の持つ無限の可能性を「しつらえ(企画)」「もてなし(ディレクション)」、そして「かぶく(クリエイティブイノベーション)」によるクリエイターの価値向上と共に、真に豊かな社会の実現を目指しています。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は、現場で実務をこなすデザイナー経営者の効率的なChromeの使い方をご紹介しました。最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。