海外で過ごした子供時代

ph

     佐東利穂子さん

勅使川原三郎氏率いるKARASの主力ダンサーであり、氏の右腕としてカ ンパニーを共に支える佐東利穂子さん。海外での活動も多く、日本にいるのは一年の約半分ほど。
「父の仕事の関係で引っ越しが多く、海外で育ったんです。だからかな、こんな人生になっちゃって……(笑)」
ダンスを始めたのは意外にも遅く、大学に入ってから。しかし自身が言うとおり、なるべくしてなった道だった。

6歳のとき、父親の転勤に伴いイギリスへ。10歳までの4年間を現地の小学校で過ごす。その後いったん日本へ戻り、中学の3年間はアメリカ・ ニュージャージーで暮らしている。
「イギリスで現地の学校に通ってたら、日本語がちょっとヘンになっ ちゃって(笑)」というように、子供ならではの柔軟性で英語は自然と身に付いた。帰国後も、せっかく覚えた英語を忘れないようにと、近所に住む帰国子女の家に通うよう親に義務づけられたという。
「週一度お姉さんの所に行ってただお話しするだけ。何でこんなことをしなきゃいけないんだろうって、小さい頃はすごくイヤでした。大人になってから、初めてそのありがたみを知るんですけど」

ph

イギリス時代。馬が好きだったという


外交的でオープンマインド、自分のテリトリーはしっかり守り、どんなときも自己主張はハッキリするーーというのが、帰国子女に抱く一般的なイメージだろう。しかし、佐東さんの印象は正反対。その子供時代を、「私は逆に内向きでした」と振り返る。
ph

隣に住んでいたコレット夫妻

「ひとりで遊ぶのが好きでしたね。イギリスにいた頃は、近くの森に行っ てひとりでじっと座ってたり(笑)。あと隣に住んでいた老夫婦の家に行って、おじいさんが大工仕事をしている横で真似して何か叩いてみたり、絵を描いてみたり」
ひとりっ子ということもあり、大人しくマイペース。外で活発に駆け回るというよりは、自分の時間を大切にする子供だった。


一方、イギリス時代に器械体操を習い始め、各地を転々としながらも中学に入るまで続けている。
「あちらの学校って子供を褒めるのが上手で、何かちょっとでもいいところがあると“ぜひ続けなさい”って言われるんです。私の場合は体育の授業でやった平均台や、イベントでやったフォークダンスを褒められて、じゃあということで通い出した感じでした」

ph

イギリスの小学校時代。フォークダンスのイベントで。中央が佐東さん


薦められるまま、気軽なお稽古事のひとつとして通っていた器械体操。もともと筋肉がある方ではなく、ズバ抜けて運動神経に秀でていた訳でもない。マット運動に、跳馬を少々、バク転くらいはなんとかできる程度。し
ph

家族旅行で訪れたイタリアで。母と。

かし、柔軟性は身についた。
「私もそのときは全く経緯がないと思ってたんですが(笑)」と、本人も気付かぬ内に、ダンスの下地を着々と築いていたようだ。

当時子供心に描いていた“将来の夢”は漠然としたもの。だがどこか、現在の姿に通ずるものがある。
「あの頃いつも言ってたのは、“毎日全然違うことがしたい”ってこと。飽きっぽいというのと、あちこち転々としてたというのもあると思う。毎日違って、刺激があってーーっていう仕事がしたい。ただそれがどういう職業なのかは、さっぱりわからなかったんですけど……」




“ダンス”と唐突に閃いて

アメリカの中学校を卒業し、東京の高校に通っていたときのこと。将来の進路を考え、ふいに浮かんできたのが“ダンス”だったという。とはいえ、それまでダンスはやったことも見たこともない。何とも唐突な発想に思えるがーー。
「英語が話せたし、普通だったらそれを生かす仕事をって考えるんでしょうね。実際、親や周りはそう考えていたと思います。ただ私は喋ることがすごくヘタだったから、それより何か自分が表現できることを探したいと思って。そう考えたとき、やっぱり身体なんじゃないか、それはダンスじゃないかと……」
大学の舞踊科やダンス専門学校の資料も取り寄せてみた。しかし、入学審査の実技試験に「石になってください」との課題があると知り、「コレはできないと思って(笑)」断念。大学は普通科に進み、その傍らダンスの道を模索する。

ph

『I was Real-Documents』
(C)Sakae Oguma


大学ではダンス部に所属し、学校の小劇場で公演活動も行った。また、さまざまなジャンルのダンス公演へ足を運び、ワークショップにも積極的に参加している。しかし、大抵のワークショップが振り付けの一端を教え、その講師のテイストに触れるというもの。振りを覚えるどころか、基礎のない身体はろくに動かず、クラスについていくこともままならない。

「基礎がないのは十分わかっていました。じゃあ基礎はどうやって身に付ければいいんですかと聞いてみたら、バレエをやればいいと言われて」
バレエのクラスに参加してみるが、やはりしっくりくるものがない。何よりバレエといえば、幼少時からお稽古ごととしてやるもの、というイメージがある。当時大学生だった佐東さんにとって、違和感はぬぐえなかったという。

ph

『サブロ・フラグメンツ』
(C)Takaki Sudo


どうすれば自分の身体をもっと上手く扱うことができるのか、どうすればもっと自分の身体を知ることができるのかーー。模索の過程で知人に薦められたのが、勅使川原三郎氏率いるカンパニー・KARASだった。初めてビデオを借りて観たのは、1992年に発表された作品『NOIJECT』。
「映像を観ていても、一体どういう風になってるのかさっぱりわからない。どういうメカニズムで身体が動いてるのか全然わからなくて、すごく不思議でした」

当時ちょうど上演中だったKARASの公演『DAH-DAH-SKO-DAH-DAH』を観に、ひとり天王洲・アートスフィアに駆けつける。そこで体験した生の衝撃は、やはり大きかったよう。
「自分もあんなふうに動けるようになりたいと思って……」
帰り際、受付で募集していたKARASのワークショップに申し込む。




人生を変えたKARASとの出逢い

ワークショップが行われていたのは、都営新宿線森下駅にある森下スタジオ。まずは身体をほぐすためのジャンプから始め、これをひたすら繰り返す。初日のショックは相当なものだったという。
「最初は本当にびっくりしました。自分の身体をそんなに疲れさせたり、動かし続けることってそれまでなくて。何かをやり続けることで身体が変化するということがなかったので、体力的にも精神的にもすごくショックで、終わった後はしばし呆然という状態でした(笑)」

これまでに体験したワークショップとは全く違っていた。見よう見マネでやろうにも、振りのようになぞる明確なラインがない。自らの身体を使って体感するしかない。だが逆に、それが佐東さんにはフィットした。
「自分の身体でそこまでドーッとある感覚を実感することってなかったし、自分の身体を観察するというのがすごく面白くて。すっかりハマっちゃいました(笑)」

ph

『真空』 (C)Toshiaki Yamaguchi


ワークショップに通い出し、間もなく発表会に参加する。さらにその数ヶ月後には、KARASの舞台『真空』へ出演。以降、KARASの全作品にキャストとして名を連ねることになる。
『真空』の終了後、当時海外ツアーをしていた『I was Real-Documents』のダンサーがひとり欠け、代役として佐東さんの出演が決定。さらに、イギリスで進行していた教育プロジェクト『S.T.E.P.』に勅使川原氏のアシスタントとして同行することにーー。ふと気づいたら、大学とKARASの二重生活を送っていた。
「大学はかろうじて卒業した感じ(笑)。就職を考えるまでもなく、そのまま自然とKARASに入ってました」

ph

         『真空』


子供時代の経験もここにきて役立った。振付けやワークショップなど、海外での仕事も多い勅使川原氏。そのアシスタントとして指名されたのも、英語が堪能という理由が大きい。
「ワークショップで教えたこともないし、ダンスの実力も全然なかった。けれど勅使川原さんの考えとして、自分がダンスを学ぶのであれば、それと同じだけ人にも言葉で伝えられなきゃいけないし、身体を見る目はちゃんと持っていなきゃいけないというのがあって」
すべては、ダンサーとしてできてしかるべきもの。ひとつひとつ学びつつ、実践の中で育てられてゆく。

ph

『I was Real-Documents』
(C)Sakae Oguma


全くの素人から、いきなり日本屈指のダンサーである勅使川原氏に弟子入りし、さらにカンパニー入りを果たした。佐東さんにとっては、時期も良かったようだ。
「ちょうどKARASの中で若いひと、新しいひとたちをどんどん取り入れようとしていた時でした。だけどやっぱりダンスを始めて間もないし、いろいろ足りないものは多い。先輩方に教えてもらいながら、何とかついていった感じです」

ph

『DAH-DAH-SKO-DAH-DAH』(C)Akihito Abe


しかし、全くの門外漢だったダンスの世界。いざ飛び込んでみたものの、この道ではなかったかもーー、などという疑問や迷いを覚えことはなかったのだろうか。
「落ち込んだり、ダメだって思うことはあっても、“これじゃないんじゃないか”っていう感覚はなかったです。もしそうだとしても、“これがやりたい!”っていう気持ちの方が強かった。だから、“他のことの方が……”と思ったことはないですね」
運命とも思えるKARASとの出逢い。だが、プロへの道は遠く険しい。稽古と舞台の目まぐるしい日々の中で、若いメンバーは次第に淘汰され、同世代で残ったのは佐東さんただひとり。
「“続けるしかない”っていうのはずっと感じてきたことでした。あと、勅使川原さんがいつも“楽しいことはもっと先にあるんだよ”と言っていて。私も今それをすごく実感してるから、若い子たちにも伝えてるんですけど……」

ph

                             『消息』(C)Bengt Wanselius


若い頃はとかく必死で、目の前の課題をこなすだけで精一杯。楽しみを実感するどころか、追い詰められ、自ら逃げ場を塞いでしまいがち。そんなとき、彼女には師の言葉が支えになった。
「目一杯なとき、勅使川原さんや目上のメンバーを見て、今の自分には見えてないけど、先にはもっと楽しいことがあるんだって思えた。もっと踊れるようになったらどうなるんだろう、っていうのを目標にしてました。自分はまだ実感できてないけど、もしできるようになったらと……」




ダンサーとして世界的評価を獲得

KARASのメンバーになって、数え切れない舞台に立ってきた。なかには転機となった作品もある。
そのひとつが、2003年の『Bones in Pages』。もともと勅使川原氏がソロで踊っていた作品を、当時のメンバーだった宮田佳氏と佐東さんを加えて改訂した新バージョンだ。佐東さんは、覆面をした男でも女でもない存在という役所。
「それまでとは身体の使い方も全く違ったし、顔を隠すからなおさら自分という感覚で踊ってる感じじゃない。それに私の役は、勅使川原さんの分身的な立場。そういうこともあって、自分の身体や存在について新たに捉え直す機会になりました」

また2009年には、初のソロ作品『SHE -彼女-』を発表している。ソロデビューとしては、かなり遅い感があるがーー。
「そうなんですよね。ずっと“あなたもそろそろソロをやらないとね”って言われてたんですけど。私としてはもっと経験を積んでからだろうって思っていたし、そのときやっと機が熟したというか……」
ディレクションは勅使川原氏。雄大な自然の映像を背景に、ひとり踊る佐東さんのシルエットが美しく描かれる。

ph

                            『SHEー彼女』(C)Sakae Oguma


数々の舞台を経験してきた佐東さんにとっても、初めてのソロはまた違うものがあったという。
「もともとあまり緊張はしない方なんですが、『SHE -彼女-』のときは冒頭で映像の中に自分が出て行くということに対してものすごく緊張して。いったん出たら、もう引っ込めない。どんな舞台でもそうですが、あのときは何故かそれを強く思ったんです。またあれ以降、そういう感覚を持つことが多くなりましたね」

ph

                        『Scream & Whisper』(C)Bengt Wanselius


ダンサーとして国際的な評価も高く、これまで様々な賞を受賞している。2005年には、ローマで初演した『Scream and Whisper』でダンス雑誌「Ballet2000」の年間最優秀ダンサー賞を獲得。
さらに2012年には、第40回レオニード・マシーン賞を日本人として初めて受賞。これは過去にマーゴット・フォンティーン、ルドルフ・ヌレエフ、モーリス・ベジャール、アレッサンドラ・フェリも受賞したという栄誉ある賞だ。同年秋、イタリア・ポジターノでのガラ公演に出演している。
「昔レオニード・マシーンが所有していた島があって、その対岸に仮設ステージを建てて、浜辺でガラ公演を行いました。海風がビュービュー吹いてる中で踊って(笑)。でも、とても素敵な所でしたね」




最古参メンバーとして

勅使川原氏と出逢い、この世界に飛び込み、もうすぐ20年。今なお師自身、先を目指し舞台に立つ。年間に発表する作品数驚くほど多く、海外でも精力的に活動を続けている。偉大な師についていくのは、並大抵のことではないはずだ。
「勅使川原さんはいつも“何でも言え”と言ってくれるので、私も思ったことをはっきり言っちゃいます(笑)。ただ何でも話せるひとでありながら、ダンスに関しては今も絶対的に師匠です。芸術的な面、ダンスにおいては圧倒的に尊敬してるし、信頼してます」と、佐東さん。

ph

                           『ダンサーRの細胞』(C)Akihito Abe


長い時を経ても変わらない尊敬の念。現在も師から学ぶことは多いと話す。
「勅使川原さんは何かつくるときに毎回毎回新鮮な発見をされる。既成の概念とか自分自身の価値観にしても、定めて見るのではなく、手放しで見ていたり。私もそれを見ていてすごく面白いし、20年近いお付き合いになりますけど、それでも毎回新鮮です」

ph

                            『Luminous』(C)Dominik Mentzos


今やKARASの最古参メンバーとして、後輩を束ね、率いる立場。かつて先輩たちを目指したように、目標とされる存在でもある。近年は若いメンバーも増え、その役割も益々大きくなった。
「自分が感じてきたこと、教わってきたことを伝えていかなきゃという気持ちはあります。私が体験してきたことを、なるべく洗いざらい伝えていけたらと」

踊りだけに限ったことではない。ダンスという道を選んだ彼女の覚悟と、歩んできた道程を通し伝えられるものがある。
「やっぱり時間はかかるんですよね。踊りの稽古をしてるだけ、ただ身体を鍛えればいいっていうものではない。感覚とか価値観、物を見る目も養っていかなきゃいけない。例えばスタジオを整えて、ひとを招き入れる気遣いをすることも踊りにつながってると思う。そうした活動全体を通して、受け渡していけたらと思っています」




年間半分は海外へ

現在は荻窪にあるKARASのスタジオを拠点に、年間約半分を海外で過ごす。例えば2013年を振り返ると、春はウィーンで公演を行い、夏はフランスの音楽フェスティバルに参加。アメリカでの公演を経て、秋はパリ・オペラ座バレエ団での創作に勅使川原氏のアシスタントとして同行し約一ヶ月間パリに滞在。パリからルクセンブルクに渡り舞台に出演し、冬はスウェーデンのヨーテボリ・バレエ団でワークショップを行っている。

その他一月ほど各地を巡る海外ツアーも入り、まさに旅生活、もはやパッキングはお手のもの。
「前日まで公演をしてそのまま出かけることも多いので、準備はあっという間です。最近は、なんとかなるだろうという気持ちの方が強くて。ダンスシューズと衣裳、あとコンピューターさえあれば大丈夫だろうと(笑)」

ph

 『Fragments of Time』 
(C)Saburo Teshigawara



公演にワークショップ、稽古に海外遠征……。オフもままならない目まぐるしい毎日の中で、心休まる瞬間はというと?
ph

実家で飼っている愛犬ダイちゃん(雄)


「実家に帰って犬と遊ぶこと(笑)。あとダンスといっても結局いろんなことが関わってくるので、そういう意味でキレイなものに触れることが好きです。特に石や貝殻が好きで、外国の海に行くと必ず持って来ちゃう。それに移動しながら生活してるので、好きなものをいつも身の回りに置いておきたいというのがあって。大切なものは、どこに行くときも持ち歩いてます」
愛犬の写真に、お気に入りの香水、ファンからもらったアクセサリー。こ
ph

お気に入りの香水とギリシャでファンからもらったブレスレット

れらは佐東さんの旅のお供であり、滞在先のホテルや楽屋の片隅に置かれ、彼女の支えになっている。

転々として育った子供時代。今なお旅のような日々が続く。
「もともとそういう人生だったので、“家はどこ?”“生まれはどこ?”って聞かれても、“うーん、どこだろう?”って思ってしまう。だからなおさら、ダンスと自分が結びつくことでどこでもない場所が作れる、生まれるというのがあって。逆にそういうところの方が居心地がいいので、やっぱりなるべくしてなったのかもしれない。毎日違うことをしてる。そういう意味で言ったら、全部実現してますよね(笑)」

ダンサーとして、佐東さんの目指すものとは? 長い旅の着地点は、一体どこにあるのだろう? そう尋ねると、「着地したくないですね(笑)」との答えが返ってきた。
「着地しないで、どんどん軽くなりたい。身体が音楽を聴いてるときの目に見えない質感を思ったとき、まだまだ自分の身体には重さがあって、もっともっと消えられるんじゃないか、もっともっと滑らかに動けるんじゃないかって思う。それは技術を身につけるということだけではなく、今まで見たことのない感覚とか、動き、身体、質感を求めているのだと思う。そこが最終的にどこかはわからない。ただそう考えると、着地するというより、どんどんいなくなりたいなって思うんです」

ph

  『第2の秋』 (C)Akihito Abe







プロフィール

ph

佐東利穂子さん

1995年からKARASワークショップに参加。1996年より勅使川原三郎振付の全グループ作品に出演。2005年ローマ初演の『Scream and Whisper』で仏・伊のダンス雑誌「Ballet2000」の2005年度年間最優秀ダンサー賞、『消息』で2007年度日本ダンスフォーラム賞、2012年には第40回レオニード・マシーン賞を受賞。『横浜トリエンナーレ2008』では、ガラスの破片の敷き詰められたインスタレーションの中で5時間ぶっ通しのパフォーマンスを敢行。勅使川原作品の振付・演出助手も務めており、KARAS作品のみならず、『AIR』(パリ・オペラ座バレエ団)等の勅使川原の他舞踊団への振付作品でもダンス・ミストレスの役割を担っている。また、勅使川原の教育プロジェクト「空気のダンス」、S.T.E.P.(Saburo Teshigawara Education Project)、ニューカッスルでのKARASサマー・セミナー他でワークショップを行うなど、青少年のダンス教育にも積極的に取り組んでいる。



公演情報

勅使川原三郎ディレクション U18ワークショップ・プロジェエクト
デモンストレーション公演 『今、何してるの?』
日程:2014年1月13日18:00
会場:東京芸術劇場 シアターイースト
http://www.geigeki.jp/performance/theater052/

『鏡と音楽』
日程:2014年1月25日、26日
ドレスデン(ドイツ)

『アップデイト・ダンス』シリーズ

日程:第五弾/2014年1月10日~12日、第六弾/2014年3月20日~23日
会場:カラス アパラタス(荻窪

『勅使川原三郎新作公演(仮)』
日程:2014年3月26日~30日
会場:シアターX
http://www.st-karas.com/

『ニコラ・ル・リッシュ出演 勅使川原三郎新作(仮)』
会場:東京芸術劇場、愛知芸術文化センター、兵庫県立芸術文化センター

※ データは2013年12月25日現在のものです。
内容は変更になる可能性があります。
詳細は公式HPでご確認ください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。