品の良いチェスターフィールドコートをどう着崩すか……

この冬に注目されているコートの要素のひとつが、長めのレングス。(体型を隠しやすいという点からもお勧めです。)  そんなタイプの中でも人気なのが “チェスターフィールドコート” です。

最近は単に “チェスターコート” と略さることも多いのですが、コートの中でももっともフォーマル度が高く、長めの丈とシンプルな面持ちが特徴。だからこそ、普段使いするためには “いかに着崩すか”、“いかに着流すか” というところがポイントとなります。そんな 着こなしの提案とともに、ウェブ上でもすぐに買えるお勧めの “チェスターコート” をピックアップしてみました。

比較的トーンが明るいグレーを選ぶ

チェスターコートの中でも、ブラックやチャコールグレーの上質なウール地で仕立てタイプがもっともフォーマル。そこで普段使いするためには、トーンがやや明るめのグレーを選ぶという選択肢があります。さらに、ジャージー地といった伸縮性のある生地なら、着心地が数段アップするのでお勧めです。

  ベージュ系を選べば上品かつ軽妙

敢えて王道のモノトーン系を避ければ、新鮮味が高まります。とりわけ、キャメルやベージュといったカラーは軽さと品の良さを兼備しているのでお勧めです。今シーズンは多彩なカラーが提案されていますので、似合う色や好きな色のチェスターコートに挑戦してみても良いかもしれません。

ソフトな素材で自然にカジュアルダウン

ニットを始めとする、少し粗野感のあるような素材のタイプを選ぶという手もあります。デザインやカラーは上品で、素材はカジュアル。そんなバランスなら、チェスターコートの魅力を生かしつつ着崩すことも簡単です。 次のページでは、さらにカジュアルなチェスターコートを紹介します。


デザインに個性があるタイプも狙い目

チェスターコートが注目されているこの冬は、デザインのバリエーションも拡大しています。そこでデザイン自体が独創的なタイプを選び、フォーマルなコートを着崩すというよりも、最初からカジュアルアップなコートを選ぶという発想でチェスターコートを取り入れても今季らしい着こなしになります。

この一着は、柄の異なる生地を組み合わせたパッチワーク仕様。色味に統一感があるので、ラフ過ぎず大人なムードに仕上がっています。しかも機能素材「ウインドストッパー (R)」を採用しているため、防風性と透湿性を兼備。実用性も兼ね備えた逸品です。

こちらは、ボディがメルトン地でアームがレザーという素材のコンビネーションが独創的。上品なチェスターコートのフォルムでありながら、アワードジャケット(スタジアムジャンパー)のような表情も併せ持っています。存在感があるため、インナーやボトムスはシンプルなタイプを選び、全身トータルとしてシックにまとまるように意識すると着こなしやすいはずです。

ソフトな素材のコートを選び、敢えてオーバーサイズを選んでルーズにカジュアルダウンするというのも有効なテクニック。また、最初からドロップショルダーになることを想定してデザインされた一着をチョイスするのも賢い手段です。いずれにしても、上品なチェスターコートにリラックス感が加わり、カジュアルなアイテムにも合わせやすくなります。 次のページでは、とくに寒い日の防寒度アップ術を紹介します。 


インナーダウンを組み合わせることで保温性を調整 

チェスターコートはフォーマル度が高いだけに、ボリュームを抑えたタイプが大半。その分、防風性という観点からは劣るものもあります。ただし、ライナー代わりに薄手のダウンベストを組み込めば、そんな問題も解決。さり気なく着崩すこともできて一石二鳥です。

ファストブランドなどでもカラバリ豊富に展開していますし、すでに持っているコートを生かすためにもインナーダウンはかなり有用な存在。新たに購入するコートの選択肢も広げてくれます。 さらに、レイヤードが簡単でセンスアップも容易。高感度な人を中心に人気を高めているのも納得です。

年末年始のセールも視野に入れれば、冬のコートを買い足すのはこれからでも遅くありません。今回紹介した着こなし法や着回しテクニックを念頭に置きつつ、新しいコートを選んでみてください。

【最近の主な記事】
戦闘モードになれる!? トリプルネームの限定ジャージ
アイビーこそカジュアルの基本
ジョゼフ オムの新しい “路面店” に行こう!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。