足首は意識して使えば細くなる!

「遺伝で足首が太いんです」「子供の頃から足首が細かったことがない」「細い足首に憧れるけれど、細くなるとは思えない」。はなからそう諦め半分で、実は「足首や足裏を意識して使ったことはなかった」という人に、歩き方を教えると、足首がスッキリして驚かれることはよくあります。室内で簡単にできる方法をご紹介します。
 

ヒールとぺたんこ靴での歩き方の違い

■ヒールの場合
L2

指の付け根で軽く床を押し出す

「ヒールと指の付け根(つま先)を同時に着地させ、つま先で軽く床を押し出す」

ヒールでキレイに歩けていれば、本来は足首はシュッとします。それは、足首がつま先立ちの状態でロックされているため、足裏・足首・膝下がしっかり使われるから。

■ぺたんこ靴の場合
「かかとから着地し、足の裏で床をなめ、最後は指の付け根で床を押し出す」

ぺたんこ靴の場合、足の裏のアーチが低くなり、それがすねの骨や筋肉を下に下げ、足首が太くなったように見える原因となります。よって、足の裏や足首が使われることで、足首が引き締まります。
 

足首よ、よみがえれ! お部屋をたった2往復で足首シェイプ

それでは、実際に足の裏と足首を意識して歩いてみましょう。はじめは、ゆっくりやってみてくださいね。
 
L3

かかとから着地

1.かかとから着地
 
L4

足の裏で床をなめるように

2.足の裏で床をなめるように
 
L5

指の付け根で床を押し出す

3.指の付け根で床を押し出す








無意識でやってきた歩き方にテコ入れをすることは、はじめ慣れないかもしれません。慣れない動きも、繰り返すうちに確実に体が慣れ、その後動きのムダが省略されます。やりづらさは「伸びしろ」だと思って、少しずつチャレンジしてみましょう。足首の変化を確認しながら、動きのムダが減ることを実感していくと、楽しさが増えますよ。

慣れてきたら、姿勢を気持ちスっとさせて、目線は正面の遠くを見るように歩きましょう。腕は、後ろに軽く引き、振り子のように前に出します。
 

練習開始によくあるモヤモヤ

■床を押し抜けるとき
床を押すように抜けるとき、お尻の方に蹴りすぎると歩きにくくなります。床を押すイメージを大切にすると、動きに慣れてきた頃には、もも裏がうまく使われヒップアップの土台にもなります。

■姿勢は良いほうが良いけれど
姿勢を良くしようと思うと、とても力が入ってしまうことは多いです。無理な姿勢が美とは限らず、痛めてしまう原因にもなります。頭を軽く上に引っ張られている程度の意識でOK。力みが出てきたら力を抜く方に意識を持ちましょう。
 

TVを観ながら、タオルを使って足の裏のアーチを活性

以下の人にオススメの、お部屋で簡単足裏エクササイズです。
  • 足裏アーチの支持力が低い靴(インソールがない靴)を履き続け、足首が太くなったような気がするとき
  • ドタドタ歩いている気がする人
  • 偏平足気味の人
L6

床にフェイスタオルを置き、たぐりよせる

1. 床にフェイスタオルを置き、足指を使ってたぐり寄せます。
 
L7

指も足の裏も全体的に使いましょう

2.はい、これだけです。少しづつでもコツコツ続けることはもちろんオススメですが、ちゃんと観察すると、翌朝にはスッキリしていますので、足首と相談の上、レスキューしてあげたいときに実践してみてください。




いかがでしたか? お部屋で少し練習をして、お買い物や通勤、また家事の間に美足首を育てましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。