窓拭きから家具、換気扇まで柔軟剤ですっきり!クリーナーの作り方

窓拭きから家具、換気扇まで!柔軟剤でクリーナーを簡単手作りしよう

衣類用の柔軟剤ならなんでもOK。お気に入りの香りを使えばお掃除の時の気分もアップ!


簡単、すぐ作れる手作りのクリーナーのご紹介です。 使うのはこれ! 衣類用の柔軟剤です。最近はさまざまな香りのものが出ていますよね。この柔軟剤と水道水で薄めてスプレー容器に入れるだけです。濃度の目安は、200mlの水道水に柔軟剤小さじ1ほど。お掃除したい場所に吹きつけて、乾いた布でよく拭き取ってください。スプレー容器がない場合は、洗面器などで作って、布を浸して絞ったものを使ってもOK。この場合は、拭きとった後に乾いた布で乾拭きをしてくださいね。
 
 
 

窓拭きもすっきり!柔軟剤が静電気を予防してホコリがきれいに取れる

窓拭きから家具、換気扇まで!柔軟剤でクリーナーを簡単手作りしよう

ガラス拭きに使うと、タオルの毛羽が残りにくいだけでなく、次の汚れを防ぐ効果も!


柔軟剤の成分が静電気を予防するため、埃がきれいに取れます。例えばお掃除に古タオルを使った場合、拭き跡に毛羽が残ってしまって、なかなかきれいにならない、なんてことありませんか? 大掃除の季節、もう捨ててもいい古タオルを使って窓拭きをする際などに、使ってみてください。この柔軟剤クリーナーを使うと、静電気で残りがちな毛羽を防いでくれるだけでなく、使ったあとにも埃を寄せにくくしてくれる効果が。

 
 

柔軟剤クリーナーの窓拭きはマイクロファイバー&電化製品は直接NG

窓拭きから家具、換気扇まで!柔軟剤でクリーナーを簡単手作りしよう

色の濃い家具などにも。拭き跡が残らないよう、乾いた布でよく拭き取りましょう。ファイバークロスを使えば、とっても簡単です。


また、濃い色の家具など、普段埃が目立ちやすいと思っている場所にも使ってみてください。写真ではマイクロファイバーのクロスを使っています。汚れがよく落ち、毛羽が残りにくいので、鏡や窓ガラスの掃除にはマイクロファイバーがオススメです。電化製品などデリケートな場所に使う場合は、直接スプレーを吹き付けず、布にスプレーしてから軽く拭き取るようにしてくださいね。

汚れを落としたあとの換気扇やタイルの仕上げ拭きにもオススメ。柔軟剤の成分がコーティングの役目を果たし、次の汚れをつきにくくさせる効果もあるのだとか! 革製品や無垢の木材の家具は、シミを残すおそれがあるので、使用を控えて。
 

柔軟剤クリーナーは水道水を使うこと、3・4日で使い切ろう!

窓拭きから家具、換気扇まで!柔軟剤でクリーナーを簡単手作りしよう

使う分だけ、少しづつ作りましょう!


お掃除の後には、ほのかに柔軟剤の香りが。お掃除用洗剤は独特の香りがするものが多いので、柔軟剤の香りでのお掃除は気分が変わって楽しいもの。家族でする大掃除にも向いています。ただし、柔軟剤の香りがちょっと苦手という人は、無香タイプの柔軟剤を選ぶといいかもしれません。

作ったクリーナーは3、4日で使い切るようにしてください。また、水は水道水を利用して、ミネラルウォーターや浄水は避けて。使いきれるだけの量を少しづつ作るのがコツです。ぜひ試してみてくださいね!
 

ビーズタイプの香り付け専用剤で、掃除機の排気がよい香りに!

窓拭きから家具、換気扇まで!柔軟剤でクリーナーを簡単手作りしよう

掃除機の排気のイヤな臭いも、この方法なら簡単に解決!


液体の柔軟剤を使うと、埃を寄せ付けない魔法のクリーナーがができることが前のページでわかりました。こちらのページでは、ビーズタイプのものを使って、こんなお掃除の工夫をしてみましょう。

最近では洗剤売り場で、ビーズタイプの洗濯用香りづけ専用剤が売られるようになりました。これを、掃除機を使う前に大さじ1ほど床に撒き、まず掃除機で吸い込みます。こうすると、掃除機の排気からよい香りが排出されるようになり、独特の排気臭をカバーできるだけでなく、香り効果でお掃除の時間がちょっと楽しくなります。

ビーズタイプの香り付け専用剤をお持ちでない方は、粉末タイプの浴用剤を使うこともできます。大さじ1ほどの浴用剤を床に置いて掃除機で吸い取ってから、お掃除を始めてみてください。

ペットのいる家庭は特に、掃除機の排気の臭いが気になるという話をよく聞きます。そんなご家庭にもおすすめの、お掃除のアイデアです。

忙しくても小さな工夫で楽しくお掃除しましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。