3時間で編む2WAYキャップの作り方4


【スレッドコードの作り方】

タッセルを付きのコード

タッセルを付きのコード



1.
記号図とタッセルの作り方

記号図とタッセルの作り方

記号図にしたがい、かぎ針でひも部分を50cm編みます。
毛糸を15cm×10本にカットし、まとめてコードの間に通して2つ折りの状態にします。
図のようにまとめて結んだら約6cmに揃えてカットします。
反対側にも同様にタッセルを作ります。

 


2.

スレッドコードの通し方

スレッドコードの通し方

本体の穴にコードを通すと、キャップとしてお使い頂けます。


 



サイズアレンジ等もかんたんです

サイズアレンジ等もかんたんです

この作品は表目3目、裏目3目の「ゴム編み」です。
幅は目数を調整して、太いストライプにしても良いでしょう。
折り返しを多くしたい方は、段数を多く編んでください。


 


【関連情報】

編み物の基本を学べる 楽習フォーラム 「クロッシェカフェ講座



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。