スマートフォンは大画面、高機能、高速通信と進化しています。その一方、ユーザーにとって悩みの種はバッテリーの持続時間です。そこで、スマートフォンのバッテリー節約する方法をご紹介します。


バッテリー消費の4つの原因

まず、バッテリーの消費の原因は大きく分けて4つあります。「液晶」「通信」「アプリ」「CPU」の4種類です。

「液晶」に関しては、スマートフォンの液晶サイズがどんどん大きくなっているため、消費電力の大きくなっています。シャープのIGZO液晶のように、大画面でも消費電力を抑えるモデルが出てきていますが、5インチ、6インチといった大型液晶を搭載しているスマートフォンは、液晶による消費電力がどうしても大きくなってしまいます。

「通信」に関しては、スマートフォンでは、携帯通信(3G、LTE)、無線LAN通信、Bluetooth通信、NFC通信、GPSとさまざまな通信手段を搭載しています。これらの通信は常にオンにしておくことで電力を消費しており、バッテリーの持続時間に影響が出ています。そのためオフにすることが望ましいのですが、オフにすることで、プッシュ通知を受けられなくなる、などデメリットもあります。

「アプリ」に関しては、「通信」と密接に繋がっています。スマートフォンにおいて、アプリは終了せずにバックグラウンドにまわります。また、起動していなくても常駐するアプリもあります。このアプリが、バックグラウンドで動作する際に、バッテリーを消費する場合があります。また、通信機能を持つアプリに関しては、プッシュ機能のメッセージなど届くと取得するために、通信を開始してしまうため、バッテリーに影響が出てきます。特に、プリインストールしてあるメーカー製のアプリや通信会社のアプリは常駐することで、バッテリー負荷がかかる場合がありますので、アンインストール、または、停止することで、バッテリー消費の改善になります。

「CPU」に関しては、スマートフォンの高機能化に伴い、速度アップはしているものの、バッテリー消費が多くなっています。例えば、(2つのプロセッサを集積した)デュアルコアCPUより(4つのプロセッサを集積した)クアッドコアCPUの方がバッテリー負荷は大きくなります。そこで、重い作業が不要な場合は、クアッドコアではなく、デュアルコアまたはシングルコアで動作するようにCPUを制御することで、バッテリーの消費電力を防ぐことができます。さらに、ディスプレイオフの状態で、CPUを稼働しない「ディープスリープモード」にすることで、ディスプレイオフでバッテリーの無駄な消費を防ぐことができます。

以上を考慮して、バッテリーの持続時間を改善する方法としては、以下を考慮することで、ある程度、バッテリーの持ちを改善することができます。

  • ディスプレイをまめに消す。暗めに使う
  • 通信は、不要な場合はオフにする
  • アプリは、不要な場合は終了する。バックグランドのプッシュ機能をオフにする。

さらに、これらの操作を管理する「バッテリー対策アプリ」があります。「バッテリー対策アプリ」を利用することで、常にバッテリーにとってベストな状態をキープすることが可能です。次のページでは、AndroidとiPhoneの「バッテリー対策アプリ」を紹介します。